1月/29/2013

南インドでアーユル・ヴェーダ体験 〜その3〜

lastday.jpg.scaled1000

さて、前日の寝不足でさぞかし疲れるだろうと思いきや、早朝から散歩、瞑想、ヨガクラスを受け、日中も文章を書いたり読んだりしながらも全く眠くならず。

ハイになっている訳でもなく、淡々と元気。これは、やはりトリートメントの効果なのかもしれないと実感した。
恐らく、ピッタ優勢のワタシなりの反応なのかもしれないけれど。

2013-01-09_09

4日目体が活性化されてどんどんエネルギーが沸いてくる。一方で、ほぐされた筋肉に眠っているサマザマな感情(多くはあまり好ましくない感じのモノ)が湧いてくる。これも、解放と、出るに任せてみた。気がつくと、自分のマインドと対話をずーっとしている。沸き上がってくる思考を受け止めながら時に苦しくもなりつつ。
口数が減って来た。

5日目。時間の感覚が随分と間延びした感じがしてきた。体に流れる時間がとてもゆったりしてきているのを感じた。呼吸法、ヨガ、トリートメントそしてハーブ薬、全ての作用が働きかけている感じ。血圧や脈拍に変化はないけれど、感覚的なもの。
ぴたっと、今という時間に瞬間瞬間がハマっているような感じ。しかし、残念ながら翌々日に帰国する為のアレンジを始めなくてはならず、電車の時間を調べたり手続きをしたりということが、とても面倒に感じられた。

Temple_to_beach

6日目。最後のトリートメント、そしてこの旅の時間も閉じて行くプロセスへ。
いつも、波が高くなかなか泳ぎづらかった海も、この日は一日とても穏やかでこの一週間の見えないけれど動きだした体の内側の変化と、精神的な揺らぎ、そんなものたちを柔らかい波が包んでくれるようだった。あんなに騒がしかったマインドもこの時ばかりは静かになっていた。
今ココに居るということ以外に何も知る必要はないと思える時間だった。
永遠なる瞬間。
普遍的な生命力と繋がる時。西に傾いた優しい陽光とともに旅が幕を閉じ始めた。

Sunset_resized

これまで、オイルマッサージの後に4回のシロダーラと1回のハーブのフェイスパックが組み込まれた。最後はスチームバス。とっても簡素な装置で、頭だけ出し首から下を囲いの中に入れてハーブ入りのスチームに入ること20分。だらだらと汗が出て来て今回のデトックス終了。翌朝、早くから娑婆に出て、日本まで帰る為のリハビリとして丁度良かった。最後にお世話になった二人のセラピストさんの記念撮影。
それぞれ二人のお子さんを育てるお母さん達。この仕事、とっても好きよと言ってた。
歓びとともにお仕事して頂けるのは受ける方にとって何よりのことだ。
また、来年、とお別れした。 

Vendus_resized

アユルベーダの世界のほんの入り口とはいえ、体で実感する充実感はハマる。
更に奥へ奥へと行ってみたくなった。やばし。

<帰国後一週間>

帰国してから一週間、長い休暇後の仕事そして予定されていたライブ、またちょっと予期せぬハプニングでかなりバタバタした日々だった。そんな中、やはり好転反応が出た。仕事復帰初日にいつものようにパソコン用の眼鏡を一日かけて仕事したら終業時にはものすごい偏頭痛。結局朝まで痛みが続いた。翌日から眼鏡をかけずに仕事をしたら、頭痛にはならず。もしかしたら、視力が変化したのかもしれない。
帰国後の練習の際に、すっかり体が休まり、いつになく踊れている自分がいた。
体の芯がしっかり感じられる。毎日のヨガがきっと歪んだ体の自己修正になったのかな。
体を休めることでかえって出来ないことができるようになったようだ。気持ちを落ちつかせる為に練習ばかりして、体を労らなければ結局破綻が来てしまう。体と仲良くする時間もしっかり作って、充実した踊りを踊ってゆきたいと改めて思った次第。

Takasi_morning

まだまだその奥行きは果てしないアーユル・ヴェーダ。
食事のこと、ライフスタイル、あるいはこの宇宙に息づく一つ命としての在り方と身体を通して向こうに見える世界とはこれからじっくりお付き合いが始まりそうだ。


Comments are closed.