12月/31/2014

大晦日、徒然なるままに

IMG_1707
今年もあと数時間となりました。幸いお天気も良く、お日様を浴びながら調子良く今年最後の洗濯、掃除、料理などなどホームケアを済ませました。お掃除をしながら、つらつらと今年過ごした様々な時間を思い出しながら、ぽん、ぽーんと浮かんでくる言葉にいちいち納得していました。

今年はいろんな学びの時間を過ごしたなあと思います。数時間の様々な講座から数週間にわたるフィンドホーンでのファシリテータートレーニングやワークショップ、数ヶ月にわたって通った自然栽培から学ぶ「日水土塾」、そして体験そのものが学びとなった田んぼ。その他に既に日常の一部となったフラメンコや古代文字のレッスン。

大人になってから生徒になることはこんなにも楽しいものかと思います。そこから何か生み出すことや広げるというコミットメント無しにただただ、学びたいことを学ぶというのは本当に贅沢な時間だったと思います。今後も続いていくのではありますが、来年からは新たな人生の木を育てていく時間になるんだろうと思うので、ぬくぬくと土の中で栄養を溜めている時間はそろそろ終わりになることでしょう。

今年のそんな学びの時間の中で大きな気づきは一つに「自然なる道」を歩むことが自分の人生の目的、ライフパーパスであるということでした。

自ずと然るべき道を歩む。

生まれてくる時に既に私たち一人一人の魂は目的を持って生まれて来ていて、それを知覚しようがしまいが、それを生きる様になっているのですね。この人生の中でやることはそれを思い出し、気づき、行動することだけなんだと。ライフパーパスは既に私の中で根付き、芽吹き、開花しては枯れ、また再生する。そして何度かの季節を経ながら「私」という一人の人間の人生のストーリーを紡いでいるんですね。

そのストーリーに常に登場するのは家族。私にとって、「家族」はいつもテーマです。
子どもの頃から決して平和な家庭の時間ばかりではなく何度と無く受け入れられないことが起きては思考停止になってきた中で今日浮かんで来たこと、それは、いろんなことありながらも、この家族を選んで私は生まれて来たということを改めて実感しました。家族の一人一人が私にこの人生の目的を明らかにするために「問いかけ」をしてくれているのだと思います。一人の肉体を持つ人間として、時にそれを受け入れることが全く出来ないこともありますが、集合意識としての私はそれを受容しているんだと、今日感じました。

頭ではわかっていても、「腑に落ちる」ことで解放されるものがありますね。
今年の間にこの感覚に至れたこともよかった〜。

さて、この後の数時間は改めて今年のご縁に感謝を送りつつ、真っ白な気持ちで新しい年を迎えたいと思います。
皆様、どうぞ良いお年を!


Comments are closed.