2月/05/2017

マインドフルネス&ヒーリング瞑想@神楽坂

1011076_10202614286751831_2109880760_n

Be Still  – 静かになりなさい。

フィンドホーンの創設者の一人、アイリーンは「どうやってガイダンスを受けとるのですか?」と尋ねられると、まず、「静かになりなさい。そうすると小さな声が聞こえて来ますよ。」と答えていたそうです。

静けさの中に身を置くことは、いつも鳴り響いている頭の中のおしゃべりを鎮めて、その奥にあるハートの響きに同調していくことかなと、わたしは思います。日常の様々な出来事や思考、気になることは脇に置かれ、たった今、ここに生きている、というシンプルな「場」にそっと降り立つような感覚。時が止ったような感覚に至った時、ただ在る、ということの幸福感を味わいます。

この感覚と共に在る時、わたしたちの心身魂は自ずと修復されていくのだ思います。

このシンプルなプラクティスは全ての始まりでもあるように思います。

しかし、絶え間ない思考が巡り、それが人間として生きることの礎でもあるわたしたちにとってはシンプルだからといって、簡単とは言えません。頭の中のおしゃべりを鎮めることは容易ではないのですね。なので信頼できるリーダーの元で実践を重ねることは大切なことだと思います。

ということで、3月始め、フィンドホーンのメンバーで、長年フィンドホーンと関わりながらフォレスに住んでいる渡邉邦江さんが一時帰国します。この機会に、神楽坂サンクチュアリ*「間」Persimmon で邦江さんに瞑想のリードをしていただくことになりました。

わたしは2004年にフィンドホーンの体験週間、そして2014年にスピリチュアルプラクティスで邦江さんのリードのもと、様々な瞑想を体験しました。センタリングの力をがっつり感じながらも、柔らかくあったかい邦江さんの存在がとても心地よい時間でした。

今回の瞑想会では「自分自身のヒーリングパワーに繋がる」二種類の瞑想を皆で行います。

一つは、自分の身体とコンタクトをとりながら瞑想体験をするボディースキャン瞑想

もう一つは、沈黙の中で呼吸を通して行うマインドフルネス瞑想。

ここに、邦江さんならではのフィンドホーンのエッセンスも加わります。

初体験大歓迎です!

 

マインドフルネス&ヒーリング瞑想@神楽坂「間」Persimmon

 

こちら昼夜共に満席となりました。心より感謝申し上げます。

*日時* 2017年3月3日(金)午後の部 14:00〜17:00 夜の部 19:00〜21:00

*場所* 神楽坂サンクチュアリ*「間」Persimmon
(東京メトロ神楽坂駅1番出口より徒歩3分お申込の方に詳細をお知らせいたします。)

*費用* 各回3,000円 (両方参加の方は5,000円)

*予約* ご参加希望の方はメール(青木宛)にて必ずご予約下さい。

メール:info☆manahouse.jp
                   (上のアドレスをクリックするか、☆を@に変えてください。)

 

☆昼の部残席1名/夜の部残席2名となりました。(2/17現在)
 定員となりました場合にはご希望で、キャンセル待ちを受け付けます。

 

*瞑想リーダー*渡邉邦江
http://www.findhorn-forres.com/index.php

Kunie中心氣康という身体と心に優しい手技療法家。一方、北スコットランドにあるスピリチュアル・コミュニティ、フィンドホーン財団のリソースパーソンの一人。財団主催の体験週間やスピリチュアルプラクティス、日本語でのリトリート等のフォーカライザーを担当。また、スコットランドでのホームティやウォーキングツアーなどオリジナルのプログラムも提供している。


Comments are closed.