9月/22/2017

2017*フィンドホーン日本語体験週間に参加した方々の声④ 

IMG_1995

福岡県からご参加くださった60代の仲良しの女友達お二人から寄せられた声です。お二人とももともと、好奇心が旺盛な方々のようでしたが、フィンドホーンで日ごと、心が解放されどんどん少女のようになっていくのが印象的でした。(青木)

☆☆☆

 

友の誘い話は、私の探し求めているものが、そこにありそうな気がして、行ってみようと思いました。

そこは、フィンドホーン。7日間の日常生活を過ごしました。

印象深く残っている事。

それは、向こうのスタッフとのコミュニケーション。

ひとりは、事あるごとに「ありがとう。」

もうひとりは、「楽しんでますか。」といつも尋ねて来ました。

英語で話す方なのに、この言葉は、日本語で話してくれました。

ずっと、言うんです。教えるでもなく。説くわけでもなく。

ずっと言うんです。言葉に、行動に、包み込む優しい心、愛ある心を感じました。

私の心の扉を開いてくれたのです。

面映ゆいのですが、幸福の基は、“愛”だと思いました。

私は、「言い続けてくれて、ありがとう!」と伝えました。

この旅行は、私の宝物となりました。

Y.Yさん(福岡県 女性 62歳)

 

フィンドホーンはステキな所でした。毎日穏やかな気持ちで過ごす事が出来ました。

55年前は砂地で荒涼としていた土地が、今では大きな樹や花で溢れ、自然豊かな村になり、爽やかな風が通り、温かな雰囲気が漂っていました。

バイオダイナミック農法で育てられた野菜の食事は品数多く、お皿に少しずつ取っても山盛りになり、どれもとても美味しくてお腹いっぱいになりました。

3日目で心の扉が全開し、世界と自分との境が無くなったように感じ、愛と平和と喜びに満ちた思いでいっぱいになりました。

帰ってきてから、やりたい事がたくさんあり、あれもこれもと欲張っていますが、心は以前にも増して楽で穏やかです。1週間の生活体験で、知らず知らずのうちに、いろいろな決めつけから解放されたようです。

S.Hさん(福岡県 女性 60歳)

 


Comments are closed.