1月/29/2018

Planetary Game Thailand 2018 vol.1

IMG_3296

【2018年のプラネタリーゲームの幕開け】

新年の寿ぎの空気感がまだ街に残る中、タイに行って来ました。

目的は、地球規模の変容を探求する「プラネタリーゲーム」への参加。

プラネタリーゲームは通常行われるボックス型のトランスフォーメーションゲーム(TFG)の劇場版ともいえるもので、参加者が実際に「Life Path(人生の道)」の上を進む駒となり、またその他のアイテムも人間がその役割をしてゲームを展開していきます。

意図も、個人的な意図の前に私達が生きる世界や国々、そして地球を意識した意図を傘にしていきます。

TFGの構造として、「意図」がこの世界に「磁場」をつくり、そこに必要な情報と体験が集まってくるようになっています。(これはTFGに限ったことではなく、宇宙のエネルギーの法則と私は理解してますが。)

今回の意図は

” In a Spirit of partnership

We intend to become coherent in our authenticity,

expression, and presence,

to deepen our engagement with the Seoul of the World,

and the Seoul of our Nations,

and to shape a future of resilience, trust and hope.”

『パートナーシップ精神のもと

私達は真の自己と、表現、存在と共鳴し

世界と私達の国のSoulとの繋がりを深め

レジリエンスと信頼と希望と共に未来を創造します。』

という、壮大な傘が広がりました。圧倒されそうなこの意図のパワーに自ずとコミットしていかねばと、肚に力も入ります。

参加者は全部で33名。ヨーロッパ、オセアニア、日本から一人ずつ。あとは、タイと台湾そして中国本土とシンガポールから。

この他、ガイドのMary Ingrisさん、Joy Drykeさん、Kathy Taylorさん(いずれもトランスフォーメショーンゲームを40年余りかけて創り上げてきたチームの皆さん)とタイのオーガナイザーのAUさん4名と通訳、記録係、その他サポートする方々が8名と総勢50名弱の皆さんとこの壮大なテーマを探求する旅となりました。いつもフィンドホーンに行くとアジア人はマイノリティですが、今回は逆!アジアの同僚達と一週間共に過ごしました。

Planetary Game Thailand Vol.2 へ つづく

 


Comments are closed.