4月/30/2019

新しい時代に向けて。平成の祈りを携えて

皇居の森ロス(笑)状態の中で改めて今回の体験を振り返っています。

天皇皇后両陛下は最後のご公務として
4月26日金曜日に奉仕団へのご会釈をされたそうです。
火曜日から始まった団の皆さん、おそらく感激されたことでしょう。
想像するだに、ウルっときます。

私にとって、天皇皇后両陛下の存在は
いくつものフィルターがかかり、
どのように受け止めていいかわからなかったのが
正直なところ。

戦争を子供時代に体験した
両親からの影響はそれなりにあって、
天皇陛下を妄信的に讃えることには
正直、抵抗がありました。

そして、それはどこかで
自分が生まれた国に対しての受け入れきれない
「しこり」みたいなものがありました。

実際に両陛下を目の前にして、
そのお声の響きを感じ、
この30年間、
昭和から引き継いだ痛みを引き受けて
鎮魂と祈りのために日本各地、
そして世界に出向かれたこと、
皇室のあり方を雲の上から
地上に降ろす尽力について知り、
感謝しか湧き上がりませんでした。

人にあって人にあらず。
象徴天皇という道は想像を遥かに超えて
凄まじいことなのだろうなと思います。

東京のど真ん中にあの皇居の森があり
その中で日々祈りが捧げられていること、
そのことの尊さについて
今まで気づいておりませんでした。

ほぼ同世代の天皇陛下が
もうすぐ誕生する中で、
ここから改めて共に祈り、
ここに与えられた命を大切に生きることから
始めてゆくことかなと思います。

上からの愛を求めるばかりではなく、
自ら愛するということを
行動として表現していく世代として、
押し上げられたように感じます。

フィンドホーンの創設者、ピーターキャディの言葉

自分のいる場所を愛し、
自分と共にいる人を愛し、
そして、行っていることを愛しなさい。
そこに加えて、
まだ未知ではあるけれど「自分自身」を愛すること。

一人一人がその試みを続けていくことが、
新しい時代を創造していく鍵なのだと思います。

ようやくこうして言葉にしてみて、
日常に戻れた気がします。

ここから、また、再び歩きだします。


Comments are closed.