2月/20/2019

フィンドホーン体験週間体験記*A子さんの場合

IMG_4801

 

たくさんのご縁とタイミングが重なり、
導かれるかのように行くことができた
フィンドフォーン。

今、あの空気感を思い出すだけでも、
じんわりとあたたかさがよみがえるほど、
行ってよかった、
行けてよかったと思います。

フィンドフォーンの第一印象は、

『優しくてやわらかい愛とエネルギーがとめどなく流れているところ。』

「私は私でいいんだな」と、
こり固まっている心が、無条件にほろほろと
溶けていくような、そんな感覚になりました。

溶けていく中であらゆる感情が出てきて、
涙したり、目をそむけたくなるときもありましたが、
その都度あまりにもぴったりな言葉やフィーリングを
運んできてくれるエンジェルたちや、
どんな私をもノージャッジで受け入れてくれ、
ただただ一緒にいてくれる
フィンドフォーンの全てのおかげで、
その過程を自分自身で穏やかに見つめることができ、
とても良い時間を過ごすことができました。

自分の感情、人の感情、
身の回りのできごとや経験、世界のことに至るまで、
その一つひとつを丁寧に見つめて扱うという
フィンドフォーンのスピリットを
身をもって経験できたことは、
私にとって大きな糧と学びになりました。

古くて新しくて、理想的で現実的で・・
なんとも不思議なフィンドフォーンという空間。

日々の生活や人生、人や地球や自然との関わり合いを、
こんな風に築けばいいのかという実践的な学びもあり、
心と身体にたくさんの栄養を取り入れ、
ふかふかに耕した畑に
新鮮な種をまくことができたように思います。

IMG_4736体験週間は
プログラムが盛りだくさんで、
文字通り目まぐるしい日々ですが、
そんな濃い時間を一緒に
笑い合って支え合って
過ごした仲間との出会いも、
素晴らしいものでした。

また、今回は母とともに参加しました。

一緒にフィンドフォーンでの時間を味わえたことは、
私たち親子に新たな深みを与えてくれたように思います。

準備段階から滞在期間中、そして帰国後まで、
その時々のフォローが絶妙で、
オーガナイザーとしても人としても、
まさに麻奈さんあってのこの体験週間。

そして、通訳にとどまらない存在感と優しさで
私たちを包んでくれるマリリーナや、
二人に会えたというだけで
人生の枠や世界観が広がるような気がする、
愛そのもののクレイグとジュディス。

この4人のタッグのもとで過ごす時間は、
とても穏やかで安心感に満ち、
かつ最高にエキサイティングなものでした。

またいつか帰る気がするフィンドフォーン。

でも、目を閉じれば、
いつだってすぐそこにいてくれるフィンドフォーン。

そして、自分の意識次第で、
どこにいたって創り上げられるフィンドフォーン。

IMG_4764

今までの点と点が繋がって
ここにたどり着いたこと、

そしてまたここを通過点として
これからの道が拓けていくであろうこと、
そのすべてに感謝します。
一人でも多くの人に、
行って見て感じて繋がって体験してみてほしい。

そして、このフィンドフォーンのスピリットの輪が
世界中に広がるといいなぁと心から思います。

(願わくは、そんな輪を広げられる一人で在りたいものです。)

本当に、ありがとうございました。

A.S

☆☆☆

一つ一つの体験、それは心に起きることも含めて、
大切にじっくり咀嚼する姿が印象的なAさんでした。

親子で参加しながらも、それぞれの個性を発揮し、
そしてグループの中でもその固有の存在感とともに
他の方々と体験を共有していらっしゃいました。

自ずとハートが解放されていくプログラムでもあり、時に
家族での参加は難しさもある中で、程よい距離とともに
過ごされていました。

改めて、いま、この感想文を受け取りお二人にとって
共に過ごした一週間が良い時間であったことが嬉しいです。

☆☆☆
2019年フィンドホーン日本語体験週間ご案内

1月/19/2013

フィンドホーン体験週間ツアー ~航空券編~

air.jpg.scaled1000

年が明けて、ツアーへのお問い合わせも増えて参りました。
「お勤めの人が会社を辞めなくてもフィンドホーンの体験週間へ参加出来るように」と、毎年ゴールデンウィークを選んで予約をしているのですが、一番の難点は航空券。
いつも復路がちょうど連休の終わりと重なる為、まとまった席を確保するのは非常に大変!しかも、値段をある程度押さえるということも。
しかし、今年は早々に押さえて頂くことができました!

今回のツアーでお願いする便は下記の通り。
4/25 VS901   成田               11:30  ヒースロー       15:50
4/25 VS3025   ヒースロー      20:15  アバディーン    21:55
5/5   VS3026   アバディーン  06:35   ヒースロー       08:15
5/5      VS900    ヒースロー   13:45   成田               09:30 (5/6)

* VSはヴァージンアトランティック航空

料金は燃油サーチャージ(まだ決定はしていません)込で大体15万円~16万円前後となる予定。ヒースローでの待ち合わせが長いのと、到着が夜遅く、出発が朝早いため、それぞれアバディーン空港のすぐ近くのホテルにて各日一泊ずついたします。

アバディーンからフィンドホーンまで車で約2時間。一旦、長旅の疲れを落としてから、日中景色を楽しみながらの移動となります。

そして、帰りはフリータイムを一日過ごし、夕食後にちょうど夕暮れ時となる中をアバディーンへ移動し、翌日徒歩圏内のホテルから空港に向かいます。
少しずつ、家に戻って行く、そんな印象です。

ヒースロー空港にはハロッズや他お買い物も食べ物も充実しています。
日本へのお土産などはここで十分に済ませられることでしょう。
また、深い心の旅からのリハビリにもちょうど良い時間となると思います。

帰国便を変更する、前倒しでフィンドホーン入りするなどこのスケジュール以外の便を希望される方は個人手配となります。グループで手配をお願いしている、東京・国立の旅行会社「カイラス」さんでもお手配お願い出来ます。

↓ カイラスさんの連絡先はこちらになります。

株式会社 カイラス 担当:落合一民さん
tel 042-843-2620  fax 042-843-2621
〒186-0004
東京都国立市中1丁目1-12ドムス国立102
http://kailash.jp/

早いもの順で押さえている席も埋まってゆきます。
どうぞ、お申込はお早めに!

 

1月/13/2013

新春!フィンドホーンギャザリングのご案内!

Findhorn_01

2013年も明けて半月が経ちました。お正月気分もすっかりぬけてこれから本格的に新しい年の活動を始められる方も多いことかと思います。
今年もフィンドホーンの仲間がそれぞれにギャザリングを行います。
よろしければ、どうぞ新しい年の幕開けにフィンドホーンのエッセンスと共にお過ごしください。今年一年を共に過ごすエンジェルとも出会えることでしょう。
<新年を祝うセイクレッド・サークル・ギャザリング in 東京>

日 程:2013年1月17日(木)Open 18:30  Start 19:00~21:30
会 場:目黒パーシモン小ホール 都立大駅より徒歩7分
内 容:セイクレッド・サークル・ダンス、合唱、エンジェル・
メディテーション、分かち合い等
定 員:30名
参加費:2,000円
主 催:渡邉雅子(まりりーな 私のオーガナイズする日本語体験週間の通訳の方です。
とっても陽気でチャーミングなファシリテーターです^^)
予約・問合せ:パシフィック・バウンティフル 渡辺
e-mail:orangedaria@yahoo.co.jp
Tel:090-6517-6597
<フィンドホーンの集い>

日 程:2013年1月25日(金)Open 18:00  Start 18:30~
場 所:港区立白金台いきいきプラザ ホール
内 容:仲間たちと一緒に、バースディウィークの様子や、クリスマスのフィンドホーン報告などなど
主 催:小池洋子(フィンドホーン日本人リソースパーソンの一人。
つい最近、フィンドホーンの滞在から戻られたばかりです。)
参加のご連絡等は小池洋子さんのブログからお願いいたします。
http://profile.ameba.jp/yoko4545yoko/

それぞれにフィンドホーンとは深いご縁のある方々です。参加者も長年フィンドホーンとご縁のある皆様が参加予定。もう行って来た方は近況報告にまだのかたは体験と情報のシェアを受け取りにどうぞいらして下さい。

私も両方の集まりに参加いたします。今年のツアー等にご興味のある方はご案内等お渡し出来ますので一声お声がけ下さいね。

広瀬麻奈