4月/20/2017

奇跡講座ワーキンググループが始まります。

IMG_1167
以前から気になっていた”A Course in Miracles” (奇跡講座)のワークブックを手にして一週間あまり。

スピリチュアルプラクティスの真髄と言われるこの学びと演習はのっけから、いま私たちが目にし、知覚している全ては過去のものであるというところから始まる。

べったりくっついた、真実を覆う包み紙をはがされるような、そんな感覚から始まりました。

それがなんとも気持ちいい。

まだまだ入り口だから、この先何が待つのかわからないけれど、瞑想の実践と合わせて、何かが軽くなっていく感覚とともにいる。

一日1分程度の演習を3〜4回行うという日々。

日々、この演習をやるのはあくまでもパーソナルなレベルでやるのだけど、これを定期的にグループワークできたらより、サポートになるな、ということで月一回のグループワークを神楽坂の「間」Persimmonにて行います。

ファシリテーターとして、このコースを実践し、病を克服し、今はこのコースの学びを啓蒙している、たたらかおりさんをお呼びしました。

グループワークの詳細は下記ご覧下さい。一人一人の赦しの旅は、人類の進化に通ず。それがピースメイキングの大前提。手放しつつ、創造しつつ、呼吸しつつ。

☆☆☆

*奇跡講座@神楽坂 – 赦しの先の奇跡と出会う旅*

私達が見てる世界は、思いや考え、感情の反映。

赦しとは、恐れや罪悪感の取り消し。

問題の真の原因である「心」と向き合い、心を解放していく、「赦し」により、心を癒していく事が出来ます。

赦しとワークブック実践者グループでは、A Course in Miracles 奇跡講座の「赦し」と「ワークブック」の実践をし、気付いた事や体験した事を分かち合いながら、更に学びを深めていき、共に赦し合う事で、深い癒しを共に分かち合っていきます。

ワークブックは、365のレッスンで構成されていて、一日一つのレッスンを実践していく事で、体験を通して真理を学んでいきます。

一部では、奇跡講座の「赦し」について、解りやすくお伝えします。

二部では、ワークブックを学んでいきたい方、既に学んでいる方、一部に参加された方、赦しを実践されている方が対象となります。

前半は、ワークブックや赦しによる体験を分かち合い、

後半では、一人一人が、気になってる事をシェアーし、共に赦しあっていきます。

静寂の時間の中で、相手の問題に意識を向けるのでなく、内なる光、スピリットにフォーカスしながら、

聖霊と繋がり、やってきたメッセージやビジョンを伝えあっていきます。

最後に、瞑想により、

神聖な自己と向き合い、心を解放していきます。

☆人間関係で悩んでる方。

☆心を癒す方法を知りたい方。

☆奇跡講座、奇跡のコースに興味のある方。

☆悩みを分かち合いたい方。

神楽坂にある、古民家をリノベーションした、ホッと落ち着く、守られた心地の良い空間で、安心して、心を解放しながら、奇跡講座を共に学んでいきませんか?

〜ファシリテーター たたらかおり〜

*日程*

第1回  5月17日(水)

第2回  6月21日(水)

*この後月に一回程度の頻度で予定を立てていきます。

一部 11:00〜12:00
二部 14:00〜17:00

*定員* 8名

*料金* 一部 1500円 /  二部 4500円

いずれも施設料とお茶代が含まれます。

*ファシリテーター*

たたら かおり

ハートセラピスト

20代の後半に、スピリチュアルな世界と出会い、その後、癒しやスピリチュアルの探求が始まる。

40代に人生の大きな転機を迎える。

乳がん、離婚、親の介護と続いて、生きる希望を失っていた、2013年の春に、たまたま、参加した瞑想会で、コースの理論を知り、その後、学習グループに参加しながら、日々の赦しの実践と、本によるレッスンが始まる。

赦しを実践していく事で、私の心は癒されていき、周りの人や状況も少しづつ変化していく。

この感動を沢山の人に体験してもらいたいと言う思いで、お茶会やセッションなどを通して、赦しの素晴らしさを伝える活動中。

2012年 ヴォイスアルケミーにて、倍音を学ぶ

2014年 あわ歌を学ぶ。

2015年 アートセラピー、ストレスケア終了

社)日本フィットセラピー協会認定ハンドセラピスト

AmebaBlog

「ハッピーエンジェル」  

*奇跡講座についての詳細は、
こちらのサイトをご覧下さい。

ワークブックなどの本も、こちらのサイトから購入する事も出来ます。

http://www.jacim.com/acim/

4月/06/2017

ライフストーリーシェア*ドキュメンタリー映画監督*纐纈あやさん

YouTube Preview Image

↑ 広島県忠海にたった一つ残されていた岩風呂。あやさんの最近の映像です。

☆☆☆

「間」Persimmonの「ライフストーリーシェア」の第三弾は、ドキュメンタリー映画監督の纐纈あやさん。

山口県の原発の建設に対して暮らしを支える海を護る為に30年以上も反対運動をしている祝島の人々を捉えた「祝の島」、そして、大阪の精肉店のある家族の生き様と「いのち」と真っ向から向き合うことの凄まじさと尊さを描いた「ある精肉店のはなし」という代表作二作を世に発表し、日本の若手の女性ドキュメンタリー監督として活躍するあやさん。

その、くったくのない笑顔と同時に、真実に向かってとことん突き進んでいくたくましさと鋭さが彼女の魅力。どこまでも真っ向勝負の在り方に老若男女、分け隔てなく魅了される存在。

昨年、結婚して新しい暮らしとともに新しい自分を育てています。

私とあやさんの出会いは12、3年前。当時、彼女は東中野のポレポレタイムス社で本橋成一監督のもとでプロデューサーとして仕事をしていて、在る映画の試写会に行った際に、紹介されて名刺交換をしてから。共通の友人等もあり、なんとなく、波動が共鳴して友人となりました。

途中、映画の制作時期はなかなかお互いに会うこともままなりませんでしたが、いつも、ひょっこり連絡が来ては、熱い語り合いをしてまたねと別れる。いつでも、私にとっては心の深い所を耕してくれる存在でもありました。

そんな彼女の人生のお話を、分ち合っていただきます。

どんな子供の頃を過ごしたの?

映画監督になんでなろうと思ったの?

結婚してからなにか心境の変化はある?

監督としてではなくて、一人の女性として、人として、そして友人の一人としてあやさんの「今」を感じる時間にあったら良いなと思います。

『ライフストーリーシェアリング』

〜ドキュメンタリー映画監督*纐纈あやさん〜

*日時*

2017年4月23日(日)14:00~17:00

開催日前日に3人以上のお申し込みで開催となります。

*会場*

神楽坂サンクチュアリ*「間」Persimmon
東京メトロ東西線「神楽坂駅」1番出口より徒歩3分。
詳細はお申込の方に別途お送りします。

*スケジュール*

前半にあやさんのお話を聴く時間をとり、休憩を挟んで、対話の時間になります。

*料金*

スライディングスケール制 3,000円/ 4,000円 /5,000円
受けとったものに対して料金をご自分で決める仕組みです。

*定員*

10名 定員に達し次第締切りとなります。

*問合せ&申込み*

メールにてご連絡ください。
Mail:info☆manahouse.jp (☆を@に換えてお送り下さい。)

☆お名前
☆連絡先(電話とメール)
☆あやさんに聞いてみたいことなどあればそれも添えてご連絡下さい。

*キャンセルについて*

小さな空間での限られた人数での会となります。
キャンセル料は発生しませんが、連絡の無いキャンセル当日のキャンセルはどうぞなさらないよう、お願い申し上げます。

纐纈あや・はなIMG_1155ぶさあや(映画監督)

東京生まれ。自由学園卒業。’10年に上関原子力発電所に反対し続ける島民の暮らしを映し撮った映画『祝の島』を初監督。シチリア環境映像祭で最優秀賞受賞。大阪貝塚市の北出精肉店の家族の暮らしを描いた二作目『ある精肉店のはなし』(2013年)は平成26年度文化庁映画賞文化記録映画部門大賞。現在は、日本の移り行く時代の中で、消えかかっている人々の営みを映像に撮り続けている。

やしほ映画社ウェブサイト:http://yashihofilms.com/

4月/05/2017

新月サンクチュアリ*クリスタルの響きと共に@神楽坂

Sawa_cristal ball
4月の新月サンクチュアリは、クリスタルボウル奏者の藤村佐和子さんとコラボで行います。

新月はこの宇宙のリズムの中で毎月やってくる一つの節目。

新たな事始めのエネルギーに満ちた日。

絶え間なく変化をする時間の中で、

ここから改めて満ちていく月のエネルギーと共に、

新たな循環が始まります。

「間」Persimmonの静かな空間は、ここに集う人達が日常から離れてニュートラルな「ありのまま」に戻れる、つかの間の「踊り場」。今回はクリスタルボウルの響きと共にハートのダンスを踊りましょう。

新月サンクチュアリは少人数制の女性限定となります。

お申込はメールにてお願いいたします。昼と夜の両方を受けられる方は500円の割引となります。

mail: info☆manahouse.jp(☆を@に変更して下さい。)

*新月サンクチュアリ*

日 時:2017年4月26日(水)

昼と夜の内容の違う二部制です。

昼の部:15:00〜17:30

〜The Blessed Change☆祝福された変化〜

フィンドホーンで誕生したトランスフォーメーションゲームを取り入れて、今、自分の中にあるテーマに光を当てていきます。ご自分の中のどんな強みを活かしたら良いのか、何が進んでいくのを阻んでいるの、それをどう乗り越えていったら良いのか。そんな問いかけにカード達が答えていきます。

一人で考えるのではなく、その場に集う仲間とともにご自分の無意識からのメッセージを紐解いていきましょう。

クリスタルボウルの響きで心身緩めて頭の中のおしゃべりを静め、ハートからの声に寄り添える場を提供します。

 

【ご料金】 4000円(お茶とお茶菓子付き)

【定 員】 5名

【ファシリテーター】 

藤村佐和子(クリスタルボウル)
青木麻奈(トランスフォーメーションゲーム)

 

夜の部:19:00〜21:30

〜Being Warm Stillness☆あたたかな静寂の中で〜

夜はひたすら、緩んでいきましょう。

ごろんと寝ころんで。

全身で深呼吸いたしましょう。

フィンドホーンのエンジェル達と戯れながら。

【ご料金】 3500円

【定 員】 5名

【ファシリテーター】 

藤村佐和子(クリスタルボウル)
青木麻奈(フィンドホーン・エンジェルカードセッション)

 

*藤村佐和子プロフィール*

IMG_1163東京在住・鹿児島出身。
クリスタルボウルプレイヤー、ヴィパッサナ瞑想者。
HP「あめつちほしそら」http://sawa444.exblog.jp/

2009年、フィンドホーンで「祈りと瞑想」が生涯の仕事であることを知る。その半年後、シャスタ山でクリスタルボウルと出逢う。クリスタルボウルの演奏は、私意のない祈りと瞑想の実践と捉えている。

*クリスタルボウルとは…*IMG_1162

水晶に貴石や金属等をミックスしてつくられた楽器です。豊かな倍音を生みだします。倍音の響きは人体の70%を占めている水分に共鳴し、心身に深い解放と調和をもたらします。クリスタルボウルの演奏は、仰向けになって、音を浴びるように全身でお聞きいただきます。

今回使用する7つのクリスタルボウル

エメラルド・ルビー
グランドファーザー
ラッフィングブッダ
アゼツライト
エジプシャンブルー
ローズクォーツ+プラチナ

***

当日の持ち物:

・ブランケットやバスタオルなど身体に羽織るもの

・タオルやハンカチなどアイマスクになるもの

3月/13/2017

トランスフォーメション*ダイアリー そう、私は私自身を愛している。

IMG_2750

 

三月に入って間もなく、二組の友人同士が集まり、トランスフォーメーションゲームにご参加くださいました。

その中のお一人は昨年、お一人でのセッションを受けて下さり、一年経っての二度目のゲーム。静かに静かに深めていかれるNさん。とても素敵なフィードバックを頂きました。ご本人の承諾を得てここにシェアさせていただきます。

私もこのフィードバックを読みながら、「そう、私も私自身を愛してるのよね。」と改めて気づきました。ありがとう、Nさん。感謝をこめて☆

☆☆☆

先日のゲームでは、お世話になりました。

ありがとうございました。

あの時間の中では、取り繕ったりすることなく、安心して、ただ感じることを感じるままに表現できることが、どれほど自分の喜びとなるかを体験しましたし、

同時に、ゲームの精巧さ、そこで受け取るものの神聖さを感じました。

今回、初めてグループでのゲームに参加しましたが、それぞれが、深く自分と向き合うことで、他の参加者への貢献にもなるという、グループならではの醍醐味を経験することができました。

そして何より、麻奈さんのファシリテートにより、自分だけでは気づけなかった部分に光を当てることができたことは、今回のゲームでの大きな収穫となりました。

ゲームを通して見えてきたのは、これまで、独立しているように思えた、様々な思いが、根底では、すべて繋がっていたということです。

そして、それを認め、感じた時に、さらにその奥に、根源的な思いがあったことに気づきました。

私は只々、自分を愛し、その安らぎの中で生きたかったのだな、ということです。

これは、私が最初に設定したゲーム目的の「自分を愛する」とは、似ているようで全く違うものでした。

こうして、ずっと気づかれることのなかった自分の声に気づいた瞬間の感覚というのは、本当に言葉にし難いものがあります。

そして、ゲームから数日が経って、ふと気づきました。

こんな風に、痛い思いをして自分の内側を見ようしたり、色んな手を尽くして頑張ってみたり、うまくできない自分責めたりするのも、全部、自分を愛していたからなんだなぁ、と。

どれもこれも、愛していたからできたことだったんだと気づいたのです。

内側への旅は、生きている限りずっと続くと思いますが、今回、私が気づいたことは、これからの私をずっと支えていくものになると思います。

本当にありがとうございました。

☆☆☆

トランスフォーメーションゲームは繰り返し受けることで、螺旋を描くように深いところに触れられるようになっていきます。本来のニーズと繋がることが、変容の鍵となっていくのです。そこから起きて来る変容は現実の世界もまた変えてゆく力があるのだと思います。

春の新月サンクチュアリ@神楽坂「間」Persimmon

IMG_2477

神楽坂サンクチュアリ「間」Persimmonにて新月に合せて瞑想とインナーワークをする場を用意しました。

いつもフィンドホーンの体験週間ではパートナーシップを組んでいる、まりりーなこと、渡辺雅子さんととも一つの場、「The Power of Being」をこれから育てていこうと思います。

まずは静かになり、それぞれの奥深にあるご自分のサンクチュアリに繋がってから、新月のエネルギーが降り注ぐ中で、今テーマとなることを見つめてみましょう。

今、何を本当に望んでいるのでしょう。

今、どんな世界を作っていきたいのでしょうか。

今、私は自分にとって正しい道を歩んでいるのでしょうか。

自然界も人間界も変化を迎える春。

そんな時期を軽やかに過ごすために、一度深いところを見つめてみましょう。そこからやって来るメッセージは必ずご自身に力を与えてくれることでしょう。

全て、答えはご自分の中に蒔いた「種」の中にあります。

私達の願いは、みなさんと共に、一人一人がこの人生を生きていくために、ご自身に蒔いた「種」を育て、その命の循環をありのままに巡らせていくことです。

☆☆☆

日時 2017年3月28日(火) 

<一部>
14:00〜14:45  瞑想会 ファシリテーター:青木麻奈

アチューメントと共に静かに座る時間です。瞑想の方法はそれぞれの方法で結構です。必要であれば誘導をいたします。そこに集う仲間と静かな時間を分ち合いましょう。

<二部>
15:00〜17:00  フォーカス&プロセスワーク 
ファシリテーター:青木麻奈

今自分の中にあるテーマをクリアにしてニーズをはっきりさせていきます。その日のテーマを見つけた後にトランスフォーメーションゲームで使用するカード、Insight(洞察)、Setback(後退)、Angel(メンター)を利用して次なる一歩を見いだしていきます。

<三部>
18:30〜21:00 本来の自己と繋がるワーク 
ファシリテーター:渡辺雅子

アウエアネス・エクササイズ、クリエーティブ・ワーク、ラビリンス・ウィズダム・カード・リーディング等、一連の体験型ワークを通して、本来自己に備わったパワーとともに在る感性を開いていきます。その過程で、自己のユニークなギフトや使命をより明確にし、新しい月サイクルの一歩を踏み出す洞察とパワーを自分の中に見いだすことが出来るでしょう。今回は、日本ではほとんど知られていない、「ラビリンス・ウィズダム・カード」のリーディングも行います。

DSCN0141

渡辺雅子プロフィール:
米国の高校・大学を卒業後、会議通訳者として活躍する一方、スーザン・オズボーンやエリザベス・キュープラーロスディーパック・チョプラ博士、レナード・ジェイコブソン他、精神世界のセミナー・ワークショップの通訳も数多く手がけている。“まりりーな”の愛称で親しまれ、「フィンドホーンに行くならこの人の通訳!」と言われるほど財団のメンバーや関係者に信頼される通訳者。トランスフォーメーションゲームやセイクレッドダンスのファシリテーターとしてフィンドホーンから生まれたワークの普及活動も積極的に展開中。東京都港区在住。

☆☆☆

ご料金

一部 1,000円/二部 3,000円/三部 3,000円

*二つ以上のコマを受けられる方は500円の割引となります。

定員 8名 【要予約】

問合・予約 info☆manahouse.jp (☆を@に換えてお送り下さい。)

人数に限りがあり、また場所の詳細はお申込頂いた方にのみお知らせする為、必ずメールにてご予約ください。当日のキャンセルに付きましては恐れ入りますが、全額のご負担を頂きます。

新月の一日、神楽坂のサンクチュアリが静かに情熱的な時間となりますように。

 

2月/17/2017

一つの人生は世界に一つだけの花

IMG_2409世界に一つだけの花

そうさ僕らは

世界に一つだけの花

一人一人違う種を持つ

その花を咲かせることだけに

一生懸命になればいい

小さい花や大きな花

一つとして同じものはないから

No1.にならないくてもいい

もともと特別なOnly One

引用:「世界に一つだけの花」詞 槙原敬之

SMAPの代表的な曲、「世界に一つだけの花」。この曲が記録的にヒットしたのは、もちろんSMAPの存在感もあるけれど、やっぱり、そこに込められたメッセージだと思う。誰しも「世界にたった一つの花」、そして、その花を咲かせたいと願うものだと。

私が神楽坂の「間」でやっていきたいことの一つ、『ライフストーリーシェア』。その人が歩んで来た道をシンプルにシェアしていただく場。そして、そこからそれぞれの人生に響かせてゆく対話の場。

世界で一つの花はたった一つの人生。

思えば、私自身、学校や様々な技能トレーニングといった教育の場ではスキルや知識は学んだかもしれないが、人生の節目節目の決断や理解を深める時は、「誰か」の人生経験から語られる言葉に刺激され、知恵を戴いてきたと思う。

「この人の話が聞きたい。」

と思えば、好奇心とともにその人に会いに行き、その人の呼吸と表情と身体から発せられるエネルギーに触れて、全身で理解し、そして自身の成長の栄養にしてきた。そして、それがいつでも私の人生に活きづいているなと思う。先ゆく人からはこれからのヒントを、同じ場所で日々奮闘する人であれば、孤独ではないことを教えてもらい、過去の私を見る時には励ましを渡すことができる。

傾聴対話は一番の人生の学び方であり、共感は祝福だと思う。

私が震災の直後に現在住んでいる国立に越して来た時に、夫が参加していた「有機交流電燈倶楽部」というゆるやかなネットワークがあった。

当時、月に一度程度のペースで国立の中にある民家カフェで、夕食を共にし、ここに繋がる人たちの人生の話を伺う、という会では、人のつながりがぐっと深くなる。参加者として皆さんのお話を伺い、また、私もそこで一度お話させていただいた。

自分ではもしかしたら、こんなこと人に話すことでもない、たいしたこと無い、と思って特に表現して来なかったことが誰かの心の栄養になるんだと、その時体感した。また、今、なぜ私はピースメイキングなのか、フィンドホーンを伝えたいのか、という「動機」を改めて知る体験ともなった。

話すこと、自分のこれまでの人生を振り返ることで「今」に降り立つ機会になる。

そんな両方の体験をこの「間」で紡いでゆけたら良いなと思う。そして、有機交流電燈の灯が緩やかにこの世界を灯していったらいいなと思う。

唯一無二の「自分を知る」時間ともなるだろう。

 

有機交流電燈

『わたくしといふ現象は

仮定された有機交流電燈の

ひとつの青い照明です

(あらゆる透明な幽霊の複合体)

風景やみんなといつしよに

せはしくせはしく明滅しながら

いかにもたしかにともりつづける

因果交流電燈の

ひとつの青い照明です』

 引用:ちくま文庫「宮沢賢治全集 第一巻『春と修羅・序』

 

 

2月/11/2017

神楽坂サンクチュアリ*「間」Persimmon ゆるりと始動

MRFH5697

12月から温めて来た神楽坂のスペースに通う生活も少しずつ、リズムが出来て来た。

あっという間に満室となった、シェアアトリエの他の部屋の住人たちも活動開始し始めている。

建物が人を呼ぶ。

活動の内容はまちまちだけれど、この空間に魅せられて集まる人たちだけに、みんな面白そうな人たち。

それぞれの場作りがそこそこ整ったらいろいろお話を伺ってみたい方々ばかり。

なんだか、面白そう。

そういう感覚で繋がれそうで好奇心がうごめく。

さて、「間」Persimmon

つまり、

柿の間(笑)

この部屋の南向きの窓の外に柿のがあり、その存在感が私をここに誘ったようなもの。

「ここだよ。」の声の主かもしれない。

都会にあり、窓の外に青空と柿の木が見えるという貴重な空間。

その存在感を感じながら、ここでの活動を展開したいと名付けた。

「間」ー これは場所としての間でもあり、もしかしたら、何かと何かの狭間かもしれない。意識と無意識心と身体、あるいは職場と家ということかもしれない。

その人にとって、ニュートラルに戻ることができる「間」であったなら、きっとその人はありのままにいられるのではないかという想いがある。

現実の生活でどうしても止まらない頭の中のおしゃべりも、すっと静まるような「間」

日々、職場で家庭で追われるような時間を過ごす人には、「対処するの人生」から「創造する人生」にシフトチェンジできるような「間」

そんな、時間と場をここで提供できたらと思っている。それも、ボディ- ハート-ソウル、もしかしたら更に先の多層なレベルでの体験ができる場を。

そして、本気で人生を変容させていきたいと願う人たちに安全な旅を共にしていきたいと思う。

具体的には、私が提供するフィンドホーン初の自己成長ツール『トランスフォーメーションゲーム』、ゲームの中の要素とプロセスワークを合せて進めていく『フォーカス&プロセスコーチング』。
昨年の10月に戴いたプラクティショナー資格の研修モニターセッション中の『フィンドホーンフラワーエッセンス』。

ピースメイキングラボとしての活動の中で、今すでに行っているワークのグループ&個人セッションからから始めて、徐々にメニューも増やしつつ、ちょうどいい塩梅になっていくことだろう。ちゃんと、呼吸して十全でいるように心がければ程よくなっていくのが自然の摂理とイメージしつつ。

そして、私自身が経験したり、お話を伺って「これは伝えたい!」と思う知恵や技、そして、素敵だなあ、魅力的だなあと感じる生き方をしている「人」のライフストーリーシェアと対話、そして、マインドフルネスな在り方を体験する瞑想会などを提供していきたいと考えている。オトナの寺子屋というイメージで。

外側ではなく内側を豊かにしていきたい、人生を深めて内実を満たしていく時間を提供したいなと思う。

ボディのエリアは元同僚の盟友で現在鍼灸師&セラピストの山口香さんの『一香堂』の出張治療(木曜日)が今月から活動開始した。『一香堂』ウェブサイト

今心に在ることをこうして描いてみると、私が大切にしているフィンドホーンから得た「種」をここで発芽させて育ててゆくことなんだと改めて思う。

「あらゆる未来にオープンに」そして「It’s OK, I don’t know!」ー Unknownでいることに寛いで。

心を自由にするマジックワードと共に、内側のリズムとシンクロしながら始めてまいりましょう。

 

<現在予定されているオープンイベント>

4月18日(火)ライフストーリーシェア*エルダースペシャル
尚さんのお話会

*時 間*15:00〜17:00頃まで
*参加費* 3000円(お茶とお菓子付き)
*要予約* こちらまで。Tel:090-3438-0268(青木)

4月のトランスフォーメーションゲーム開催可能な日程は

☟ こちらご覧下さい。
トランスフォーメーションゲーム

4月23日(日)ライフストーリーシェア〜映画監督*纐纈あやさん〜
ドキュメンタリー映画監督、纐纈あやさんのプライベートなお話。
監督としてのお話より、一人の人、そして女性としてのあやさんの分ち合いの場です。
詳細はこちら⇒ ライフストーリーシェア〜纐纈あやさん〜

4月26日(水)新月サンクチュアリ〜クリスタルボウルの響きとともに〜
今月の新月サンクチュアリはクリスタルボウル奏者の藤村佐和子さんとのコラボ。
昼間は、トランスフォーメーションゲームの要素を取り入れ、今のテーマを前に進めていくためのプロセスワークと統合のクリスタルボウル。夜は、ひたすらゆるゆるとゆるむ温かな静寂を味わう時間。いずれも春の変化の時期を健やかに進んでいく時間となるでしょう。
詳細はこちら⇒ 新月サンクチュアリ

全て予約制です。いずれもお申込につきましてはお問い合わせください。
Mail: info☆manahouse.jp  (青木麻奈)

PML_MaP_logo