2月/05/2017

Findhorn Sacred Song and Dance Retreat on Hawaii フィンドホーン* 歌と踊りのハワイアンリトリート

XSBI8357

フィンドホーンのミューズ、バーバラ・スウェッティーナさんと過ごすハワイ島のコミュニティ”Kalani”でのリトリートプログラム。長いこと温めて来た企画がようやく形になりました。

頭から爪の先まで、音楽とアロハに包まれる一週間。ハワイの太陽とフィンドホーンの風のコラボレーション。みなさんのハートに大きな虹がかかることでしょう。

Kalaniはハワイ島で40年余り営まれているコミュニティ。ここもまたフィンドホーンと同じく、ここの暮らしを体験するために世界中から住人が集まって、ボランティアスタッフで運営されているリトリート施設です。ビーチあり、プールあり、ごろんと出来るお庭あり。そして、ビタミンたっぷりの食事も三食付きます。

ハワイの大自然の中で歌って、踊って、笑って、ハートを開いて。
Life time experience!忘れられない一週間を過ごしましょう〜

Findhorn Sacred Song
and Dance Retreat on Hawaii
フィンドホーン*
歌と踊りのハワイアンリトリート

‘Music – Sweet Medicine for the Heart’
音楽は心のための甘い薬

When a smile touches our hearts,
笑顔がわたしたちのハートに触れる時
When the forest stills us to peace,
森がわたしたちの心を静め平和へと誘う時
When music moves us to rapture,
音楽がわたしたちを歓喜へ導く時
When we really love, laugh or dance with joy,
わたしたちは心から愛し、笑い、喜びと共に踊る時
we are at one with the Angels.
わたしたちはエンジェルとひとつになっているのです。
(フィンドホーン創設者の一人、ドロシー・マクレーンの言葉から)

音楽はわたしたちを癒し、愛と至福と美しさが永遠に宿る魂の世界へと誘う。この地球に散らばる聖なる文化で伝えられた聖なる音楽はわたしたちを自分自身と人類、そしてこの宇宙との繋がりを深めてくれます。 〜バーバラ・スウェッティーナ〜

この一週間のプログラムでは、フィンドホーンが長い年月をかけて集めたセイクレッドサークルダンスやテーゼ(歌)、やバーバラ自身が創った音楽を紹介したり、バーバラの真骨頂、みんなで音楽を創作して、それを歌って踊る、笑い転げちゃう、という時間も予定しています。また、バーバラが開発した「誰もが楽しく音楽を学べるメソッド」のMusic Train©の体験も含まれます。

そして、瞑想し、自然と共にいる時間はもちろん外せません。

 

*日程* 2017.10.17〜24
     チェックイン 10/17 午後(予定)チェックアウト 10/24朝食後
     現地集合・解散ですがハワイ島のヒロ空港の送迎はアレンジします。

*場所* カラニ・リトリートセンター ハワイ島・ヒロ
     Kalani Retreat Center , Hilo, Hawaii Island 
     https://kalani.com/

*料金* プログラム参加費とKalaniの宿泊費を合算した金額となります。(宿泊費下記参照)ご入金の時期と希望されるお部屋のタイプなどでご料金が変わりますのでご留意ください。


<プログラム参加費:一週間のプログラム代、通訳費用が含まれます。>

4月1日までに全額ご入金の場合 120,000円
6月1日までに全額ご入金の場合 132,000円
6月1日以降の場合       144,000円

<Kalani宿泊費>

7泊分の宿泊、滞在中の食事、施設使用料、定期プログラム等への参加などシングルのご希望はお申込時点での空き状況で決まります。ご料金も空いているお部屋のタイプで異なりますので個別にお知らせします。

☆ロッジルーム(バスルームシェア)☆
トリプル 75,000円 (募集完了)/ ツイン 83,000円

☆ロッジルーム(バスルーム付き)☆

ツイン 93,000円 (あと一名)

☆バンガロー☆
ダブル 100,000円 (あと二名)

☆コテージ☆
113,000円〜タイプとシェアする人数でご料金が変わります。

2〜3人でシェアする独立した広い戸建ての宿泊施設です。
こちらは現在グループで抑えている部屋には含まれていないのでご希望があった時点でKalaniに問い合わせて予約をすることとなります。ご希望が適わないことがありますことご了承ください。

お部屋のイメージはこちらご覧ください。
http://kalani.com/guest-info/accommodations

*問合せ・申込*
メール又はお電話にてお問い合わせください。
Peace Makin’Labo /MANAHOUSE
青木麻奈  Mail: info☆manahouse.jp / Tel: 090-3438-0268
(クリックするか☆を@に変えて下さい。)

IMG_0629_1フォーカライザー:
Barbara Swetina(バーバラ・スウェッティーナ)
音楽をこよなく愛する情熱的なミュージシャン。ピアノ、アコーディオン、ギターなどなど演奏する楽器もレパートリーも幅広く、世界各地の音楽を奏でる。フィンドホーン財団のメンバーであり、30年に渡ってフィンドホーンコミュニティでの音楽やダンスを中心にしたプログラムを担当している。世界各地から集まる人々のハートを音楽を通して開き、誰もがミュージシャンとなって、人生を軽やかに生きられる体験を提供している。悲しみを心に携えている人も、音楽を通して笑顔してしまうアルケミスト。
フィンドホーンで提供する歌やダンスを集めた”Song Books”や各CDをプロデュースし、オリジナルの音楽教育メソッドMusicTrain©を開発しヨーロッパを中心に伝えている。

“I can’t thank you enough for the gift of singing in Community! Your CD’s and your leadership in music and dance at Findhorn spread out like a great rainbow light, inspiring people like me + my communities. You can’t even imagine all the hearts you have touched.” Judi Elia
コミュニティで歌うことのギフトへの感謝はしきれません。あなたのCDとフィンドホーンでの音楽とダンスのリーダーシップは大きな虹の光を広げ、わたしやわたしの周りの人々を目覚めさせました。どのくらいのハートたちにあなたが触れたか、きっと想像できないくらいです。 ジュリア・エリア
“Your gifts to humanity and the planet are so clear to me – your joyous presence when singing and playing instruments and leading song. You look and feel like an angel. And just as a stone makes a ripple in a pool, your joy and music makes big ripples outwards and affects everything.”  Ann Kengo, Findhorn
喜びに溢れて歌い、演奏しながら歌をリードしているときのあなたは、人類とこの地球に与えられたギフトです。そのあなたはエンジェルのようであり、また水面に波紋を広げる一つの石のようでもあります。あなたの喜びと音楽は更に外へ広がり大きな波紋となってすべてに届くことでしょう。 アン・ケンゴ,フィンドホーン
“The morning I got your e-mail I woke up singing songs and spent the rest of the morning with your CD, singing from your song book and had a joyful morning. Thank you for the joy and pleasure you have circulated”. Prakash
あなたからのEメールを受けとった朝、歌いながら目覚めました。そして、その日の午前中はずっとあなたのCDをかけて、あなたのSongbookをみながらずっと歌って、至福の朝を過ごしました。あなたが循環させている至福と喜びに感謝しています。 プラカッシュ
*キャンセルや滞在中の保険について*
キャンセル料はタイミングに応じて掛かかります。
なぜならば、Kalaniのお部屋を抑えた時点で返金不可のデポジットが掛かるからです。また、4ヶ月前には残金の半分を支払うため、それ以降のキャンセルの場合も準じてかかります。直前のキャンセルに付きましては、代わりの方が見つからない場合は他の方の負担が増すのを避ける為にその分の経費をキャンセル料として頂戴します。どうぞ、ご了承くださいませ。
この企画は旅行会社のツアーとは異なり、やむを得ない事情でキャンセルとなった場合にも航空券などに関する補償はありません。また、旅行中並びにプログラム中の怪我や事故に付きましては責任を負いかねます。必ず、海外旅行保険に入られることをお勧めいたします。どうぞ、安全と健康につきましてはご自身で管理戴きますよう,お願い申し上げます。

 

12月/01/2014

ホームケアの一日

 

IMG_2542_1

退職モラトリアムの期間、日々自分の中の衝動に可能な限り身を任せてみようという試み(笑)をしていました。一日の中でもサマザマな衝動が起きます。朝起きた瞬間からそれが起こり(夢を観る時は寝ている間でも起きているのでしょう。。。)生活のルーティーンの中を無意識に動きながらもそれが起き続けています。ふと、目についたことから始めて、その連鎖で一日が連なっていく。

既に組み込まれた「予定」が無い限り、その衝動が次の衝動を呼び、それに任せられるスペースがあるということはとても心地よく、クリエイティブな時間となります。しかし、その衝動もある程度表現されると、ポットの最後の一滴が落ちるかの様にふと、止る時がやってきます。すると、そこはかとない不安感や焦るが忍び込んでくる。大抵はこういう時に、私はやたらフラメンコの練習を入れてみたり、人と会う約束を入れたり、様々なイベントを組み立てたりして忙しくするのが常。あっという間に、せっかくの「無」の時間を埋めてしまうのです。

昨日はそんな「無」がやってきた朝でした。

タイミングよく二転三転した予定が無くなり目の前にスペースが広がりました。

お天気もよく、なんだかワクワクしてくる感覚。アタマの片隅で「練習しなくちゃ」と思いつつ、身体はスタジオの予約を取る前に洗濯機へ。そこからは、次々目につく家の中やエクステリアの「気になっていたこと」をポンポンとリズムよくやっていき、最後はこれまで困り果て居ていたミントの茂みにハサミを入れ、そのミントで初めて「ミントペースト」が出来上がりました。夕食は早速そのミントペースとでサラダやお魚につけて美味しく戴きました。料理好きの相方もこのペーストに感動し、家庭平和にも大変貢献(苦笑)一日、ホームケアを楽しくクリエイティブに出来た夜はとても充実感に満ちた気持ちで休むことができました。私は実は家事が好きなんだな(笑)

自称「回遊魚」の私ですが、どこかでその「無」の時間に身を任せられない状態だったのかなと思います。もちろん、仕事をこれから構築していこうと思う今、焦りが無いかと言えば嘘になりますが、時に、こういうスペースを持つことが「ねばならない」動機から「直感」や「好奇心」、「ワクワク」といった動機に転換出来るミソなんだなと。そう、仕事もこの動機から発するものでありたいと。

フィンドホーンでは、「ホームケア」はみんなが実際に長期的、短期的に住む「ホーム=家」をケアすると同時に、一人一人の魂が宿る「ホーム=ハート」のケアと言われています。そして、それはトランスフォーメーション(変容)のプロセスと。実際、掃除や庭仕事をしている時にとても深い気づきがやって来たりもします。はっと、答えが見つかったり、あるいはクリエイティブなアイデアが浮かんで来たり。(ミントペーストはその賜物でした^^)

「直感」に従って生きること、あるいは内なる自分の声を聞くことはこうした日々の営みの中に常にヒントがあるのだということを体感した一日でした。

IMG_2543