2月/21/2016

ライブ所感@高円寺カサ・デ・エスペランサ

IMG_4944

©Toshiharu Kawajiri

2月18日久しぶりの本番で踊りました。

場所は高円寺カサ・デ・エスペランサ。馴染みのある共演者と温かい会場のみなさん、そしていつも我々の研鑽の場を提供して下さるエスペランサのみなさんに支えられ、無事に踊り終えることができました。

ありがとうございました。

昨年9月に恵比寿アンダルーサでスペインから来日しているアーティストと共演するライブで見事に不完全燃焼となり、これは少し頭を冷やさねばと思ったことと、自分の暮らしの大きな変化も合わさって半年余り、週一回のレッスンと時々自分での練習をいう淡白な時間を過ごしました。

馴染みの曲を新しい振付けで踊るということもあり、より時間をかける必要もあったことも事実。また、秋から指導も始め、様々にそれまでと同じようなリズムでフラメンコに関われなくなった時間でした。

でも、その決断はとても良い変換をもたらしてくれたかなと。

昨年末からの一ヶ月余りはこの曲を身体に浸透させて、自分の呼吸と結びつけていくという作業をじっくりしてきた。

それは、とても良い時間だったなと思う。
振り付けられた踊りに、自分の呼吸が反応し始める瞬間はいつでも気持ちいい。

そう、こういうことちゃんとやりたかったんだと改めて思った時間だった。

踊りたくて踊りたくて仕方なくて、夢中でライブを重ねていた数年前。とてもキラキラしていて素敵な時間を過ごしていたなと思う。でも、どこかから自分を通り越して本番のために練習する時間を追いかけるような状態になっていたなと。それはとても雑な感じがする時間だった。その先に「踊りたい」から踊るのではなく、「踊らなくちゃならない」から踊るということにモチベーションが変わっていったのだと思う。それは自分が、本番に向けて練習し続けないと身体が鈍っちゃうだろうという怖れからなのだけど。そして、その先に、昨年9月のライブがあったんだなあと。

今回のその新曲はまだまだ荒削りでこれから更に深めていきたいと思うけれど、あのキラキラしていた頃の本番を思い出す時間だった。間違えることを恐れず、飛び込んでいくこと。そして、同時にぎゅっと集中して全体と共に踊ること。その両方が混じり合う時は、いつでも終わった時に開放感に満たされる。身体も心も開いて浄化される。

これって、フラメンコに限ったことではないなと思う。

日々の仕事やあらゆることに言えること。

まわりの状況や出来事と一体化せずに、いつでも自分の中に流れている呼吸に戻れるところにいること。
そこから常に始められること。

何であれ、フラメンコのヌメロ(曲)を一曲踊るということは、この生き方を練習していることのように思う。
全体と「ひとつ」になることは、「一体化」とは違う。
つまるところ、一人一人がちゃんと呼吸して生きながら共に刺激融合してグルーヴすることなのだと。

人生同様、フラメンコでもまだまだその粋には達することがままならない。

でも、瞬間が訪れることがある。それが強烈に心身魂に記憶される。

また、それに出会いたくなる。

だから、踊ることも生きることも辞められないのだな。

IMG_4950

©Toshiharu Kawajiri

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2月/13/2016

A Happy Lunar New Year !

IMG_4816

 

A Happy Lunar New Year 2016!

2月8日、旧暦の新年を迎えました。
水瓶座の新月とも重なり、ここでまた一つエネルギーの流れの変化を感じる新年の始まりとなりました。

私は算命学で12月と1月が毎年天中殺にあたるので、今年からこの2月の節分、立春、春節という節目に新しい始まりとしようと決め、意識を向けてみたらあれやこれやと色んな方面から新しい繋がりが生まれたり、場が誕生したり。

天中殺の時期に十分エネルギーを養って旧暦新年を迎えるというのはとてもいい感じがしています。

2年余り前に16年勤めた会社を辞め、かつて学生を終えてから自分の生きる道を探すべく旅をしようとしたように、まずは自分自身を護られた柵のそとに放り出してみようと、なすがままという時間を過ごしてきました。

そんな旅の途上、今ここにあるのは、やはりPeace Making。

そして、「旅」と「暮らし」という軸。

フィンドホーンに通い始めて10年余り経ち、そしてそこに流れている本質はなんなのかなぁと眺め、観じて来たなかで、浮かび上がるキーワードは「全ては実験」、「未来をオープンに」、そして「種」。

生まれて来る時に、この肉体に植えた魂という「種」を育くむことが、私たちのこの人生そのものなのだと。

私がこれからの人生を生きていく一つの道として、Peace Makin’Laboという場を創っていこうと思います。それは、様々にみなさんにそれぞれの実験の場を提供する仕事だと思います。畑に蒔いた種を育てる様に必要なことを丁寧に(ここが今年のチャレンジです。)やっていく中で、ゆっくりとこれらのことを紡ぎ合わせ、人生の後半を育むひとつの母体となっていくといいなと思います。

その最初の場として、去る2月6日の山川亜希子さんを国立にお招きし、国立の聖地、アグレアブル・ミュゼで「共に過ごす土曜の午後」を開催しました。

IMG_4921「人生はアート!」で始まった亜希子さんのお話がそのあとの自発的な展開を紡ぎ、最後はお越しいただいたみなさんと、ダンスを分ち合う時間となりました。

「心を変えるより、波動を変える。」というメッセージが印象的でした。

ダンスやアートはまさに、その波動を変えるために存在するのだと改めて腑に落ち、これまで言葉にできなかった感覚に言葉を戴き、スッキリ^^ フラメンコや書の活動も「個人的活動」からPeace Making活動の一環に括りをやっと変えていけるなあと思いました。

IMG_4880ご縁の流れで、山川ご夫妻が最近出された本「引寄せの極意」を読んでいます。とてもわかりやすいキーワードに満ちた一冊です。とかく誤解をしやすい「引寄せ」、その極意とは、まずは自分自身が幸せで在ることと。当然の様でついつい自分を後回しにすることが美徳のこの文化の中で抵抗を感じる方も多いかもしれません。(今の10代、20代の人たちはここを軽々と飛び越えているなと感じますけれど。)

そして、幸せとはありのままの自分自身を生きるということ、だと。自分を知ることはスピリチュアルプラクティスの求めるところだと思いますが、知れば知る程知らないことを知る、という日々。

人生はやっぱり自分自身であるために、幸せにあるための実験の連続だと思います。

その人生の実験を自らもしつづけながら、ご縁のあるみなさまと分ち合っていけたらと思います。

☆☆☆

ここからはPeace Makin’Labo のご案内となります。

トランスフォーメーションゲームは3月は今のところ、週末は12日と13日、平日は15日、22日、29日が開催可能です。ご希望がありましたらまずはお問い合わせください。出張も可能です。ゲームの詳細はこちらを ⇒ http://manahouse.jp/news/1321.html

フラメンコの入門クラス、または古代文字アートの体験などもご興味ありましたらご一報ください。古代文字アートについては私が参加している天遊組としての出張ワークショップを様々な形で開催できます。学校やカルチャーグループなどで古代文字の奥行きと、線を書く、という体験もまた「波動を変える」実験。
最後は「波動を変える」真剣勝負はフラメンコのライブ!
今月18日、高円寺の老舗タブラオ「カサ・デ・エスペランサ」にて出演いたします。
日 時:2月18日(木)Open 19:00 Start 20:00~/21:15~
会 場:高円寺カサ・デ・エスペランサ
出 演:ギター片桐勝彦 カンテ森薫里 バイレ堅正はるか 長岡聖子 広瀬麻奈
料 金:4,000円(ワンドリンク、ワンプレート、ショーチャージ込、割引券あり)
予約はMANAまでご一報頂ければこちらでいたします。
詳 細:http://manahouse.jp/news/7.html

長々とここまでお読み頂き誠にありがとうございました!
春を感じる風とまだまだ冬の寒気が入り交じる季節。どうぞ、お身体大切にこの季節をお過ごしください。どこかでお会いできるのを楽しみにしています。

2016年2月

感謝を込めて
青木(広瀬)麻奈

2月/10/2016

旅する映像作家 亭田歩さんの「響き」

IMG_3128_2

世界の先住民族の英知を記録するために、カメラを抱えて単身で旅をしながら、そこで経験したこと、授かった智恵を分かち合っている亭田歩さん。

お会いする前に、ハワイ関連のことでやりとりしていたのですが初めて講演会でお話を伺うことができました。

アボリジニ、ケルト、クリンギット、ホピ、台湾の原住民族、そして今回のハワイアンと経験が重ねられ、この後はアイヌと続き、その先はまだ行き先は決まってないよう。(サイトによれば)

ハワイでのお話を伺う場ではあったものの、本題に行く前に溢れんばかりのメッセージがポンポンと飛び出し、それを右へ左へと意識を向けながら受け止め、あっという間の3時間あまり。

メモしたことはどれも、その一つ一つだけで十分本が書けそうなくらいの智恵に溢れていました。

中でも、ハワイ島のクムケアラチンから預かってきたチャントがとても心に響きました。

『闇の智恵をください
光と闇のバランスをください
闇の聖なる力を教えてください』

そもそも、我々人間の意識の世界は善悪といった両極の概念の前に無限のバランスの中にあったと。

自分だけを押し出すのではなく
相手に支配させるのでもなく
バランスをとる、ということ。

忙しい現代の社会において、なんでも『効率的』に『早く』片付けることに価値を持っていかれがち。

私自身、自分の周りで何か不協和音がなる時はここに原因がある。はっきりした正しい答えを求めること自体がもしかしたら幻想なのかもしれない。

今回のネイティヴハワイアンの旅のテーマは『祈り』。その旅のプロセスは祈りに始まり、祈りに終わったと。

祈り、それは意識を向けること。願うこととは全く違う在り方。全てのことに対して、丁寧に生きるということ。

そして、意味付けするよりもただ、等身大に生きること。

〜〜を、せざるを得なかった。
これでよし。
人知を尽くし天命を待つ。

これが、自然界の一部として生きる叡智。それを生きることそのものが『祈り』ということ。

嬉しかったのは、踊るときもまた、ただ(丁寧に)踊るのでよいのですというクムたちの言葉。なんだか涙が出るほど嬉しかった。

これから講演をしながら「響き」の制作費用を集めつつ、旅は続くようです。

「響き」オフィシャルサイト
http://www.hibiki12tribes.com

2月/07/2016

亜希子さんと共に過ごしたアグレアブルの午後

IMG_4921

今年初めての大仕事(*^^*)

山川亜希子さんを国立アグレアブル・ミュゼにお招きしたイベントが無事に終了しました✨

思い描いたように、アグレアブルさんの自発的なエネルギーに下支えされながら、お集まり頂いたみなさんと、有機的な繋がりがうまれてゆきました。

聖歌に始まり、お話からダンスへ〜〜そして、自然とそこに集う方々が繋がっていく有機的な時空間。

亜希子さんのお話から拾い上げたキーワードたち。

人生はアート!

歓喜が生きることの基本

Oshoの「Joy」

天女座@熊野 栗原 よしこさん

歌って、笑って、踊って

自分自身を見つけなさい

時間をかけて

心を変えるより波動を変える

身体をかえる

波動を共有する

意識で拒否していても、受け取っている

あわの歌 ヒフミ歌

非二元論 大和田さん

すべてありなんです。

自分にはかけたところなんてない

自分は悟ったと思ったらおしまい

✨✨✨

なんだか、いろんな点と点がつながった一日でした。

今日という日に感謝を込めて。

IMG_4880