11月/20/2016

原点回帰の、いま 〜書のこと〜

img_0444_1

有芳先生の甲骨文「馬耳東風」

フラメンコを踊り出す前、8歳から30歳まで、途中海外に出ていた時を除いて長いこと書を習っていました。子供の頃に住んでいた団地で教室を開いていた多菊有芳先生は私がオムツをしている頃から私を知る方でした。

子供の頃は先生に褒められるのが嬉しくて、通い続けていました。高校生の時に「叢秀」という雅号をいただき、初めての先生への正式なご挨拶として、「虎屋」の羊羹を手にして先生のお宅に伺った時には、据わりが悪くて緊張したもの。そして単純にも、よし、先生になる!と師範への勉強をして年に2回の試験に取り組み、それは短大を卒業して、人生の旅を始めてからもペースダウンはしたものの続いていました。

が、ある時からお手本をひたすら真似て書くこと、そして昇段試験のために書くことが、どーしてもできなくなって、準師範というところで筆を置き、ほぼ同時に出会ったフラメンコへ没頭。身体を動かすことへの渇望に身を任せ、すっかり書から遠のいたその一年後、子供の頃から大事に育てていただいた先生が癌で亡くなってしまいました。

その私の先生に対する不義理に一時は本当に落ち込みました。

その後、書の道具は奥にしまい込み、フラメンコに没頭していったのはその先生への申し訳ない想いを解消することもあったのかもしれません。ようやく、ソロで踊れるようになってきた頃に、今、活動している古代文字アートの天遊組に出会いました。

古代文字(書の世界では甲骨金文)を、得意とした先生に終ぞ習うことが叶わなかった文字を今、こうして書けることは天国の先生の導きだったのかも知れません。

最近、朝の静かな時間に古代文字の小品を書き始めていますが、先日ドサッと昔いただいた先生からのお手本が出てきました。

久しぶりに臨書してみたら、先生の線の呼吸がより感じられる。

そうか、昔は形だけ真似しようとしていたなって。

その線にある呼吸は、20年近く踊って、フィンドホーンで心身魂をほぐして、天遊組でたくさんの線を自由に書いた今だから感じられるのかもしれない。

もう一度「叢秀」に戻る時間も始まるのかな、そんな予感の朝。

再び自由な線から「型」へ。

 

そして、その両方を自由に行き交いつつ。

img_0442 img_0443

 

11月/19/2016

柿が繋ぐ有機的な関係

img_0438

今朝、我が家の門にやわやわの柿が入った袋がかけてありました。

何も書いてないけれどたぶん昨年、夫が柿の実を取らせて頂いたご近所さんから。

昨年、柿の収穫に伺った時に、ご主人とお話してやわやわの柿が大好きなんですとお伝えしたら、数日後に「国立市◯◯、青木 やわらいか柿がすき。」というメモと共にたくさんの柔らかい柿が入った袋を門にかけて下さいました。そして、今年も思い出して持ってきてくだったのでしょう。なんとご親切な。。

我が夫は国立の実のなる木はだいたい把握して、ピンポーンと呼び鈴鳴らして「取らせてください!」とお願いして取らせていただきながらご近所付き合いを始める。それを私は脇で見ながら密かに尊敬中。東京の外れの団地育ちの私にはちょっとハードルが高いこと。

有機的な繋がりを食の世界でプロデュースするのが夫の生業。それと同じく、ご近所のお付き合いもオーガニックな繋がりを生み出していきます。

やわやわの柿を柿酢にするために瓶に入れました。人がやるのは、瓶を綺麗に洗って干して、そこにヘタをとり、綺麗に拭いたやわやわの柿をザクザクッと切って入れておくだけ。後は柿についている菌さんたちが働いてくれます。美味しく熟成されますように〜。

出来上がった柿酢を持って再びピンポーンしてみよう。

11月/17/2016

心を耕す言の葉たち2016.11.17

img_0426

ありのままに生きることは等身大の自分を体感し、受け入れていくこと。

一所懸命に取り組んでも自分のした仕事に満足感が得られず自分が所在無い感覚にとっぷりつかることがある。

私の場合、それはフラメンコのライブ然り、何かのプレゼンの場だったり、ゲームのファシリテーションの中で起きたりする。

未知なることへの関心と、何かしてみたいという好奇心が先に立ち、やってみたところで終わったあとに、もっと何か違うことができたのでは無いか、もっと上手にスマートにできたのでは無いかとグタグタと後悔したり。

等身大では無い自分を描いてる場合もあるし、迷いの中でやり通した時もある。

何れにしても消化不良。

胸のあたりがもやもやしてなんとも心地よくない感覚。

そんな感覚にじっと浸かりながら、耳を澄ましてみると聞こえてきた。

 

『それもまた起きたこと。

描いていた絵が完成しないパズルのピースが忘れたり見つけられなかったりしても、ただそれが起きなかったということ。

起きたこと

起きなかったこと

その両方を信頼してみたら?

それは、あなたが一人でやってるわけでは無いのだから。』

 

そうか、そうだよね。

起きなかったことにも意味が在る。

小さな「わたし」が予想したり、考えていることなんてほんとに小さな範囲のこと。

見えて来ないところにもちゃんと「表現」がある。

そこに気づいていること。

そして、必要なら改めて次への一歩を考えればいいのよね。

 

そうやって道はできていくのだな。

 

経験を重ねるとはそういうことなんだ。

 

ある瞬間にやってるたった一つの洞察は長いこと空いていた穴に蓋をしてくれた。

11月/14/2016

お米の初出荷 & お分けしますのご案内

img_0380

11月23日の新嘗祭(にいなめさい)を前にようやく今年館山で育てたお米の初出荷を終えました!

今年、田植えや草取り、そして稲刈りに参加して下さったみなさんにまずはお届けすることができ、一つほっとできました。

不耕起・無農薬・(ほぼ)無肥料のイセヒカリ。脱穀と天日干し後の乾燥と籾摺りは機械を利用しましたが、自然栽培米の籾の塩水選別、種蒔き、田植え、草取り、稲刈りとハザ掛けとすべて手塩にかけて育てたお米を我々の元から求めていただいた方へ送り出すことができ、ホントに嬉しい!です。

img_0369

そんなまこもさんとイセヒカリちゃんたちに敬意を表し、ラベルは手書きに^^

我が家のお米は「まこも米」と名付けました。真菰(まこも)は日本では稲作が伝わる前の縄文時代から衣食住に欠かせない植物で神事や仏事にも幅広く使われ、人々の暮らしを支えていた存在であり、水辺に自生しながら土壌や環境の浄化もしているというとても偉い植物。それが、私たちが通う館山の田んぼに自生しています。稲と同じくらいのマルチタレントぶりと頼りがいのある存在感。そんな力強い存在感にちなんで「まこも米」と名付けました。来年は、このまこもの葉っぱをお茶や入浴剤にしたり、「まこもたけ」のレシピを考えたりしながら田んぼのギフトをさらに楽しんでみたいと思います。

さて、その我が家の「まこも米」ですが、一部をご希望の方にお分けしたいと思います。少ない収穫だったので限定で30kg分を500g(約3合)と2kgの単位で販売いたします。我が家のイセヒカリをご賞味戴けたらとっても嬉しいです!

無農薬自然栽培米イセヒカリ「まこも米」

img_0365玄米 500g(約3合)  1,000円(税込・送料別)

白米 500g(約3合)  1,200円(税込・送料別)

玄米 2kg                              3,000円(税込・送料別)
*2kgは玄米のみとなります。
ご希望の方はメールにて下記の内容をお送り下さい。
Mail : info☆manahouse.jp (☆を@に換えて下さい。)

img_0367
☆お名前
☆ご希望の量
☆郵便番号・住所・電話番号
☆発送に関するご希望等

この代価は我々の交通費や滞在費、また手間賃を抜いた田んぼにかかった費用をシンプルに収量で割ったものです。今年は様々な理由で希少米となりました。来年はもう少し幅広くお届けできるように田んぼとも対話していきたいと思います!

img_0101

土鍋炊きしました

新米を戴くのは新嘗祭の時、というのが本来だそうですが、待ちきれず食べてしまいました。その美味しさは言葉に尽くせぬものでした^^

そして、とても誇らしい気持ちになりました。

 

img_0106

大満足の夕ご飯

 

今年の田んぼ日記はこちら『田んぼでピースメイキング』

 

11月/11/2016

入籍した日のこと

昨年の今日、私たち夫婦は入籍しました。出会って20年、共に暮らし始めて3年。夫50歳、妻48歳。お互いに人生の後半を迎える入口に立つ時に夫婦として再出発しました。

たった一年とは思えない程の時間が流れ、今日もお互いがここに在ることに感謝する朝です。

入籍を終え、溢れてきた想いを書き留めていました。

一年経って読み返し、また気持ちを新たに。

『入籍した日のこと。』

2015年11月11日。雨が続いた後の晴れた日の朝、いつになく静かな気持ちで、いつもの、朝ごはん。共に生きていくことを言葉でなく感じ合う時間。自然とそんな静けさが生まれる様になったことがハートを温めてくれた。

予め、用意した婚姻届けには私たちのそれぞれの署名と、そして証人となって下さった国立の先輩であり友人である、KさんとMさんの手書きの署名が書かれている。

国立に来て3年、いつの間にか、ここの住人としてこうしてお付き合いが生まれてきた時間だったんだなーと実感。それは、夫が紡いできてくれた輪がそこにあったからこその関係性。

婚姻届けを出し、手際よく世帯合併、年金、健康保険などの手続きがすすむ。

あっという間に広瀬麻奈さんは青木麻奈さんとなり、「わたし」が消えていった。

48年も名乗ってきた名前がかわるというのはとても奇妙な感覚がある。

まったくの別人。

初めましてという気分。

この歳にして結婚するということは、これまでの時間が長いだけに、その時間への執着も多々あるんだと初めて気づく。

広瀬麻奈が紡いできた時間はそんなに悪くなかったなと思う。これまでの活動の中では広瀬麻奈さんも生き続けるけれど、いつしかそれも自然と青木麻奈さんに変わるときがくるのかもしれない。トランジションタイムはあって良しとしよう。

「今日から登録されている実印も無効になります。」世帯主であり、社会的に一人の個人としての証が、ひゅうっと相方のもとに吸収されていく。若いときだったら、逆にとても反発を感じていたかもしれない。自立した人間としてやっぱり夫婦別姓!と。今もそれはいいことだと思うけれど、「家族になる」ということが結婚への私たちの目的なのだからここで相手の氏に入ることは自然だなと思う。

肚も座るというものだ。

私はいつでも世間と逆流しながら成長するらしい。

世界を放浪してからの会社員。独身を満喫してからの結婚。

時間かかる道だけど、自由だと思うことをやってみたからわかる「型」の大切さ。

でも、ここからはまた新しい冒険旅行のようなもの。

自分の想いと興味に正直に生きることには変わり無し。

それが、私たちの結婚への想い。一人じゃできない冒険旅行をこれから始めよう。

お互いに今日一日を大切に。』

Today is a gift! こんな気持ちを持ち続けけてゆきたいと思います。

11月/08/2016

トランスフォーメ−ションダイアリー〜許しへのプロセス〜


先日トランスフォーメーションゲームを受けて下さったY子さんより感想が届きました。これまで2回のグループでのゲームを経験され、今回もその予定でしたが他の方の都合で結果個人という形になりました。

しかし、いつものことながらそれもまたゲームディーバがY子さんに用意して下さった場なんだと思うようなプロセスに。お一人だったからこそ、じっくりとご自分と向き合う時間を得ていただけました。

最も印象的だったのはずっとご自身を責め続けて来た想いを再体験していくうちに自然とリリースされ、許しのプロセスが進んだことでした。そして、ぱっと広がった少女のような笑顔がとても素敵でした。

ゲームの中でも「許し」は最も沢山の気づきのトークンを得るプロセスになります。

いつのまにか、内なる声によって自分を責めている、それはきっと誰しも経験していることでしょう。

Y子さんは母として、そして道を求める実践者としてずっとご自身に厳しい言葉をかけ続けてこられたのでした。正しくあろうとすればこそ、正しくないと責めてしまう。それは、ご自身の声であり、もしかしたら過去に受けた誰かの声だったり。

多くの場合、それが責めているということさえ全く気づかないままに無意識の中に浸透させてしまっています。

その声にまずは聞き耳をたて、そして「もういいよ。」と許してあげること。
それだけでどのくらいの負荷が外れるか。

それは体験してみてはじめて実感することでしょう。

私自身も、その繰り返しの中で少しずつ「ありのままの自分」を育てています。

以下、ご本人の許可を得まして感想を掲載いたします。Y子さんありがとうございました。

『昨日は個人セッション、写真ををありがとうございました。
きょう見返してみますと、Tゲームのすばらしさを感じずにはいられません。
どうしてこんなにもぴったりのカードがいちいちくるのでしょうか!!
天使、ディーバのエネルギーに包まれてぽかぽかのなかセッションが進行していきました。
まなさんの娘としての母への想いを伺ったときは、責めることをやめて初めてわが娘たちのことを思いやることができたように思いました。いつも楽しんでいる母親・・・ばあばでありたいです^^
昨日のTゲームをきっかけとして安定して新しい自分でいられるようにすごしていきたいです。
きょうは清清しくわくわくしています。いつまでもこの気持ちが続きますように。
ありがとうございました。』

トランスフォーメーションゲームのご案内はこちら
次回
募集している日程は2016年12月17日(土)です。

11月/07/2016

ダンスでピースメイキング

img_0376

旅人は突然にやってくる。
大阪を拠点に活動する旅するシンガー、高野陽子さんが国立に遊びにやってきました。彼女が来るよというお知らせを受けて、ならば何かしようと、連絡をくれた国立のサンクチュアリ、アグレアブル・ミュゼの妙香さんとあっという間に立ち上げたイベント『世界を旅する歌とダンス』が先週末の日曜日の午後に行われました。

急な呼びかけにもかかわらず、10名の方が集まり、小さな温かい輪が生まれました。

世界を旅する…名の通り、旅が人生の一部となる主演者がそれぞれにその土地の空気感と共に、そこに、舞い降りました。

img_0374

ハワイに始まり、奄美、沖縄、アイルランドにスコットランド、ギリシャまで旅して、イスラエルに寄ろうかと思ったところで、日本に引き戻され、今日の旅は終了〜〜🛬

前半は、妙香さんと私とでハワイの創生物語であるカヒコ、『カマリィオカポ』のご奉納から。

そして、奄美の民謡を歌い踊りも伝える結さんの歌、美しい伸びやかな声で歌う陽子さんのケルトの歌、一部の締めはアグレアブルのオーナーのお一人妙香さんのフラを堪能(*^^*)

休憩を挟んで、二部はお客樣もみんなで踊るダンスは、アチューメントの代わりに奄美の島唄「足慣らし」を踊り、静かに繋がりました。

そこからはフィンドホーンのセイクレッドダンスのスタンダードを。

あっ、と気がついたら終了時間となりました。

『なんだか、歌を聴いたり踊ったりしているうちに、いつもイライラして子供にあたってしまっている自分に気がついたんです。今日、帰ったら少し優しくなれそう。』

そんな一言を伝えてくださった方がありました。

歌とダンス、そして旅の効用は思いがけない形で届くのですね。

ダンスが誰にとっても日常の中にあるものであったなら…と常々思っていたこと。その日常への一歩になったかもしれません。

また突然、旅人がやってくるやもしれません。その時は一緒に踊りましょう(*^^*)

img_0378