1月/22/2018

そして煌くブッダとともに

IMG_3157

 

【そして煌くブッダ】

食べ物ばかりに魅せられているのも、この国の文化遺産に失礼だと、実は未だ訪れたことがなかったバンコク最古のお寺「ワットポー」へ。

かの有名な「横たわるブッダ」がおわしますお寺。

敷地の中にはマッサージスクール、御本堂の他に沢山の煌びやかな仏塔が立ち並ぶ。  太陽に照らされた御本堂の屋根が眩い。  わびさびに美と光を感じる日本の仏教とは真逆のこのキラキラパワー。  金色に輝くブッダを敬い、金箔を擦り付けながらお参りをするタイの皆さんのブッダへの愛情を側で見ていて感じた。

自撮り写真撮りまくるツーリストの中にあっても、ジッと静かにブッダに手を合わせ、お祈りする姿は神々しい。心の中にその存在があるからなのでしょう。

私は遠巻きに眺めつつ、そっと手を合わさせていただいた。

これでプラネタリーゲームへの準備は整ったかな。

IMG_3152

IMG_3151

 

 

 

 

 

 

 

 

バンコク憧憬

IMG_E3143

 

【バンコク憧憬編】

初めてこの街を訪れたのは1989年の12月。当時のバックパッカーはひとまず片道で日本からバンコクに入り、安いチケットが手に入るこの街で、インドやアフリカやここらから先の航空券を購入するのが旅のテクニックの一つだった。

私もインドに向かうためにここに来た。

当時ファランポン駅の周辺はちょっと退廃的な空気感で、売春宿と隣り合わせにあった安宿には、あまり健康的ではない(それがスタイルでもあり)旅人が集まっていた。

ナイトマーケットが賑わうこのヤワラーを一泊だけ予約していた宿を探して歩きまわった夜。肩にめり込んだ14kgの真新しいバックパックの重さで旅が始まった実感したもの。

しっかり歩かねば、と。

一年2ヶ月の旅を経て再びこの街に戻ってきたときにはそのバックパックも薄汚れ、重さも感じなくなってた。今思えば、その旅が世界に馴染むことを教えてくれたのだなと思う。

29年を経て(ビックリ👀)訪れた、ここヤワラーは日曜日の昼間だからかなんだかこざっぱりして、あのいかがわしさが微塵もなく拍子抜け。

IMG_E3145

時代もいまやLCCでアジア圏内は気軽に飛び回ることも出来るようになり、SNSで世界のほぼどこでも国境のギャップはなくなってきた。(縦割りという意味で。横割りや斜め割にするといろんな意味で以前より層のギャップは感じるのだけれど。)退廃的なものがちょっとカッコよく描かれた時代でもなくなったし。これから、仮想通貨が世界に浸透したら経済という意味でも益々国境は薄くなっていくのだろうな。

過去を懐かしみ惜しむのは旅人の勝手なファンタジー。そこに生きる人は当然、時代の流れとともに変わってゆくものだ。

約30年を経て、青空の下のファランポン駅を見て、この時間の流れに心地よさを感じた2018年のバンコクの午後。

バンコク漫遊自己満足!

IMG_3168

Wat Alun

今回の旅の目的はバンコクで行われるトランスフォーメションゲームの劇場版、地球規模の変容の意識を目覚めさせる「プラネタリーゲーム」に参加すること。ブラジルやフィンドホーンでこれまで開催されて来たこのゲームがアジアパシフィック地域に初上陸ということでこれは行かねば!と。

どんなことになるのか楽しみにしつつ。一週間はほとんどこの街から離れたホテルに缶詰となることになるので、到着した日一日は欲望に任せてバンコク漫遊。ちょっとガイドブック的にまとめてみる。

まずは、ワットポーマッサージスクール直営のマッサージ屋さんへ。日本人のビジネスマンや長期滞在者が多いこのエリア。辺りは日本語の看板だらけ。マッサージの受付も片言の日本語で受けてくれる。ここは一度にたくさんの人を施術できるので、さほど待たずに受けられた。お値段もリーズナブルだし(1時間1200円弱)施術も良かった。ぐーっと深くリラックスしてリフレッシュ

IMG_3137

IMG_3138

身体がほぐれたら無性に麺が食べたくなり、お目当ての店に行ったらおやすみ。周辺を探し歩いて触覚が動いた麺屋さんへ。米粉の太い麺、センヤイと牛肉が入った麺を美味しいスープでいただきます。パクチーと生もやしとミントがいい塩梅。こちらは、少しの量を細かく食べるようで、いろいろ食べたい人にとっては嬉しいサイズ。一杯40パーツ(約120円弱)

そして次は甘いもの。

IMG_3136

IMG_3139

生のマンゴーともち米にココナツミルクをかけていただく、カオニャオマムアン。マンゴー専門店の老舗「Mae Varee」にて。最高に美味しいペリカンマンゴー一個入って150バーツ(600円弱)ちょっと高級です。もち米だけに一パックを独りで食べちゃうとかなりお腹いっぱいになります。。。

道行けば出会う青パパイアのサラダのソムタム。かつて、タイに始めてやって来た時にハマリまくった。屋台で手際よく次から次へやってくるお客さんに無言で作り続けるおばちゃん発見。これも見たら買わないわけにはいかず。身振り手振りでなんとか唐辛子少なめにしてもらった。これも40バーツ(120円弱)

街中の小さなコンプレクスの中庭でそれらを戴く。ソムタムの辛さが一気に身体をめぐり汗が吹き出した。

同時に、なんだか冬の身体で溜め込んだものが発散された感じ。

爽やか〜✨

今朝到着したとは思えないくらいの寛ぎ感と日常感。

電車乗って、スーパーで買い物して、いつも自分がしてることをするのがスッとその土地にランディングできる早道。

バンコクの中心部を南北東西に掛かるスカイトレインのBTS、街はレース場とばかりに走る暴走タクシー(しかも改造車 笑)地下鉄のMRTと乗り、最後の締めはチャオプラヤ川を運行するボートバスに乗って仕上げ。

まとわりつく熱帯の空気の中を歩き回った後に、夕方の川面を撫でる風がなんとも気持ちよかった✨

IMG_E3163

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1月/02/2018

ミディアム*原レオンさんのお話会とミニワーク〜スピリットの世界はいつもそこに〜

IMG_2705_2

『ミディアム・原レオンさんのお話会とミニワーク*

〜スピリットの世界はいつもそこに〜@神楽坂』


昨年の夏にMANAHOUSEで行われたリトリートで出会い
お人柄と自然体のミディアムシップ(霊界のメッセージを通訳すること)がとってもしっくりしたこともあり、11月に個人セッションを受けた際には、ぐいぐいっと深い所に導いていただき、今の私に必要な亡き父からのメッセージを通訳していただきました。

その時の体験はこちらにあります。

霊界通信と聞くと、ちょっと怖いという印象もあるけれど実は、私が提供する無意識の世界を探求するトランスフォーメーションゲームやディーバやサトルレベル(微細なエネルギーのレベル)との共同創造を実践するフィンドホーンでの体験するスピリットの世界と深い繋がりがあることを実感。

つまり、スピリットの世界を知ることは自分自身を知ることでもあり、「今」「ここ」を自由に生きていくためのビジョンを与えてくれることなんだと思うのです。

ということで、大忙しのレオンさんに無理を言いまして、2月18日に神楽坂「間」Persimmonにて少人数制のお話会とそれぞれにスピリット達が語りかけるメッセージを通訳していただく場を設けました。

小さな和の空間だけに、一方通行のお話会ではなく、一人一人のお顔を見ながらお話を伺うことができます。自ずと、お話も深まっていくことでしょう。そして、シンクロニシティが織りなす時間ともなり得ましょう。

見える存在も見えない存在も共に暖かな時間を創っていきましょう。


『ミディアム・原レオンさんのお話会とミニワーク*
〜スピリットの世界はいつもそこに〜@神楽坂』

日時:2018年2月18日(日)Open 13:45 Start 14:00~16:30

会場:神楽坂「間」Persimmon

   神楽坂駅より徒歩3分 詳細はお申込の方にお知らせします。

定員:6名 

料金:10,000円(お茶とお菓子付き)

申込:青木まで info☆manahouse.jp(そのままクリックするか☆を@に換えてください)

早々に満席となる予感です。お申込はどうぞ、お早めにお願いいたします。

尚、一人一人にお伝えするメッセージは、お一人大体10分程度です。また、ご理解頂きたいこととして、どのスピリットがいらっしゃるかは選べないということ(どんな関係性のスピリットが来てくださるかはやってみないとわからないのです)そして、お時間の関係上、個別の質問へのお答えは原則できないことを予めお伝えしておきます。

<プロフィール> 

原レオン*ミディアム・鍼灸師・ヒプノセラピスト

1320159296ミディアムシップ(霊界との通訳)、鍼灸治療、ヒーリング、ヒプノセラピー(前世療法)など、人や宇宙のエネルギーを扱う。最近は、多忙の為ミディアムがメインになっている。ご縁があってお会いする方皆さんに少しでも笑顔になっていただきたいと、東京を拠点に、個人セッション、ワークショップ、スピリチュアルイベントを開催し、全国および海外でも活動中。 早稲田大学教育学部卒、東京医療専門学校卒。

Blog「原レオンのスピリチュアルな日々を目指して」

立春*3日連続トランスフォーメーションゲーム・インテンシブ

IMG_2702

〜3日間連続のトランスフォーメーショナル・ワークショップ〜

立春は太陰太陽暦の新年。

新しい季節の始まりを迎えたこの時期に、かねてよりゲームを経験された方々からご希望を戴いていた「連続のロングゲーム」を企画しました。半日で行われるゲームでも十分にトランスフォーメーションゲームの醍醐味は味わえるのですが、もうちょっと先を見てみたい、というお声が多いことから連続でゲームを受けて頂ける機会を創りたいなと考えておりました。

立春を過ぎた頃は、大寒から春の陽気に切り替わる時。

自然界のエネルギーのシフトに合せてより深く、新しい年に向けてのテーマを掘り下げ、前に進む機動力となればと思います。

ゲームのプロセスも、適度に休みつつ、身体も動かしながら進めていきます。また、通常なかなか出来ないゲームのルールについても、半日のゲームではお伝えできない奥深さを伝えることができればと思います。

是非、この機会にトランスフォーメーションゲームにずっぽり浸って、さなぎから飛び立つ蝶の如く、新たな春を迎える準備をいたしましょう。

トランスフォーメーションゲームの詳細につきましては☟こちらをご覧下さい
「人生に変化を求める方へ。トランスフォーメーションゲーム」

<ワークショップ詳細>

日程:2018年2月10日(土)〜12日(祝)

スケジュール(プロセスにより変更の可能性もあり)

10日(土)
12:45 ランチを済ませて集合
13:00〜16:00 意図の設定とゲーム
(途中休憩あり)
16:00〜17:00 レクチャーとシェアリング

11日(日)
10:45 集合
11:00〜17:00 ゲーム
(途中、ランチとお茶の休憩あり)

12日(祝)
10:45 集合
11:00〜13:00 ゲーム継続
13:00〜15:00 完了のプロセスと最後のシェアリング

ファシリテーター:青木麻奈
定員:3名もしくは4名の参加申込にて開催。参加申し込みが1〜2人の場合は応相談。

料金:28,000円(3〜4名の場合でお一人様のご料金です。)
申込:メールにてご連絡お願いいたします。

   info☆manahouse.jp(このままクリックするか☆を@に換えてください。)

 

A Happy New Year! 2018

IMG_E3072

新年明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

昨年は、前半は神楽坂にオープンした「間」Persimmonの場づくりとフィンドホーンで創られた新しい人類のアプローチへの誘い「New Story」の日本語字幕の翻訳といったチャレンジがあり、後半はフィンドホーンの日本語体験週間、そして歌とダンスで紡ぐハワイ島でのリトリート、トランスフォーメーションゲームの中部地区への出張や北軽井沢での合宿といった旅、そして、コラボを含めた神楽坂での日々のピースメイキングセッションなど、お陰さまで日々、忙しく回遊魚生活となりました。

また、4年目の自然栽培田んぼでのお米づくり、フラメンコのライブ活動、古代文字アートの恒例の展覧会と小品を集めたグループ展など、いずれも手放すこと無く継続できたことがありがたいなあと思います。

会社を退職した時、何かをやろうと、形にしようということは決めず、日々自分の心に問いかけ、その時の答えに従ってみよう、ということを決めました。

そのプロセスも5年目を迎え、ようやく、発芽し茎が伸びて来たように思います。

多くの「関わり合い」から有機的な繋がりが生まれ、互いを拘束することなく響き合いながらそれぞれのありのままを生きていくことができたら幸せだな〜とつくづく思います。

とはいえ、まだまだピースメイキングの試行錯誤の真っ最中。

(というか、ずっと真っ最中かも知れないけれど^^)

ここまでの、流れの中で得て来たエッセンスをしっかりと感じながら、新しい年を歩いていきたいと思います。

自然界の理、この宇宙の理、私達人類の心身魂の理、そしてその関わり合いをもっともっと探求し、理解し、そして、わたし自身が提供するトランスフォーメーションゲームやフラワーエッセンス、踊りや書、旅と体験を通して世界に還元していきたいと思います。

大きなビジョンではありますが、根っこは「わたし」自身が平和であること、そして、私達の本質は「愛そうとしている命である。」ということを気づいていること、そこからしか始まらないと思います。

日々の内なる静寂に浸る時間を重ねていく中で、それもまた自ずと育っていくことでしょう。

どうぞ、今年もピースメイキングの旅を共に分ち合ってまいりましょう。

2018年、皆様のご多幸をお祈り申し上げます!

感謝を込めて☆
ピースメイキングラボ主宰
青木麻奈

☆☆☆

2018年1月〜2月のピースメイキングラボのご案内

1月6日(土)「初春!オトトオハナdeおやすみ会」

1月31日(水)満月瞑想会

トランスフォーメーションゲームのご案内とスケジュールは
こちら☟

http://manahouse.jp/news/1321.html

 

 

12月/14/2017

トランスフォーメーション*ダイアリー〜心の叫びを抱いて〜

IMG_4560

このところ、トランスフォーメーションゲームで立ち会う変容の瞬間について体験していることを思う。

「痛み」と出会う時、人はいろんな反応をする。

ぐっと、身体に緊張感が籠る、笑う、なんのことだか全く分からないと首をかしげる、瞬間に「あれだ!」と分かってびっくりするなどなど。

ゲームの進行では「絶望」や「セットバック(後退)」と呼ばれるスクエアに降り立つと涙の滴が描かれた青いちいさなカードをプレーヤーの代理である「駒」の周りに置いて、「痛み」とともにあることを視覚的に見える状態にする。

その涙は駒が前に進むのを阻み、サイコロの目が涙の数以上に出なければ前に進めない。一方で、痛みがあったとしてもサイコロの目が涙の数よりも多ければ差し引いた数だけ進んでゆける。また、その痛みを認識することで気づきがあれば、その気づきを表す「トークン」で涙を取除くことが出来る。

これは私がこのゲームがとっても上手く出来ているなと思うルールの一つ。

このゲームをまだよく分からずに,プレーヤーとして参加していた頃は「セットバック」や「絶望」に降り立つと、正直「嫌だな〜。」とか「何を見せられるのだろう・・・」とちょっとブルーな気分になったもの。

でも、いまこのゲームの奥行きを学び、そしてファシリテーターとして実際にプレーヤーの皆さんと共にそれぞれの「絶望」や「セットバック」が何かを見つめ、認知して手放すプロセスをサポートする度に、変容のカギがそこに在ることを確認する。(もちろん、これが唯一と言っている訳ではありません。)

人は、生まれてから自分で人生を選択して生きていくまでの間、とても無防備な状態で世界を体験し、対処し、学んでくる。それはつまり、家族であったり、学校であったり、友人や仕事場などその人を取り巻く世界での体験。ほやほやの心のままその体験を通して私達は生きる術を学んでいく。

特に家族、親や兄弟姉妹からの「何気ない一言」や、常に投げかけられた言葉や示された評価は知らぬ間に心の奥深くに良くも悪くも楔を打つ。

褒められればそのことで自分を承認し「世界で通用する自分」という輪郭を描き始め、また否定されたり攻撃されたりすれば傷ついた心は防衛策をたててその「痛み」を心の奥にそっと隠してカギを掛けたり、痛みに対処する為に学んだ知識や一生懸命考えた思考の網で覆っていく。

そして、遂にはその「痛み」が発信している純粋な「叫び」は心の奥の頑丈に守られた闇の中に埋没する。その「叫び」の主は「これで大丈夫。」と人生を歩んでいく。

中には、そうしなかったらここまで生きて来れなかったという場合もあるだろう。痛みを感じながら生きるのは、誰だって辛いものだから。一方で、その「叫び」が起爆剤となって、パワーに自動変換されることもある。また、前途のように痛みを持ちながらすすめることだってある。それはそういう状態を示しているということで、痛みを認識しなくて済む場合は、痛みのないセットバックとして顕われたり、ミラクルやその他の恩寵の中で取れてしまったり、ゲームディーバがそもそもそのスクエアに誘わなかったりということとなる。

しかし、パワーに自動変換されなかったり、いい塩梅にバランスを保ちながら主と共に歩めない「叫び」は、その存在を主張するがごとく、多くの場合おとなしくはしていない。

封じ込めたつもりでも、叫び続ける声が、主にそれを聞かせる為に体験をさせていく。例え、それがはるか昔の小さな出来事から自分の心の中に入ってきたとしても、現在の生きている時間の中で、人間関係や日々の営みにおいて、自分の「癖」を体験として主に伝えてくる。

主は、繰り返しやってくる「行く手を阻む何か」に気づき始めるけれど、それがどこからやってくるかわからない。何か、新しい一歩を踏み出したいのに、何か分からないものが、心の奥の方から自分を引き戻す「力」を感じるものの、それが頭の中にあるように錯覚し、見つからない探し物を頭の中に探しに行く。

闇に埋没させたことは「叫び」のことはすっかり忘れていたりして。

トランスフォーメーションゲームの「絶望」や「セットバック」のスクエアでは、そのプレーヤーの人生の中での、実際の体験に注目しながら、その「叫び」の存在を探していく。

いろんな角度から見つけてゆき、その「叫び」が頭の中にではなく、心の奥にあるということが分かった時、そしてその声を聞いて「やり直し」をした時、あるいはそのまま「バイバイ」した時に変容が始まる。

さなぎから蝶に変容するときのように。

ピッと背中に亀裂が入ったさなぎの中から、しまわれていた羽が自ずと広がり蝶となって飛び立つがごとく。

変容しようとがんばらなくとも、その一筋の亀裂が入ることで自ずと変わっていく。

それが、気づき。そして、受容ということ。

このゲームの醍醐味の一つだと思う。

かくいう私も、何度もさなぎから蝶になる体験をして今が在る。トランスフォーメーションゲームのファシリテータートレーニングは2週間、その連続だった。

自分の中に鳴り響いていたある人の声

「だからお前はダメなんだ。」

という声との出会いは衝撃的だった。

その時、黙して心の奥に埋没させた声は、

「決めつけないで!私はダメじゃない!!」

という、私の新たな「叫び」によって塗り替えられ、自分自身をサポートするパワーとなった。それが、このファシリテーターとして立つためにどうしても超えていく必要のあった「セットバック」だったのは明らかなこと。

大分お掃除は済んだけれど、まだまだ小さな私のさなぎは心の中に眠っているかもしれない。

でも、冬眠から覚めて動き始めたら、それに気づいて、受け止めて、抱きしめてあげればいいんだということを今は知っている。

だから、「絶望」も「セットバック」も恐れる必要はないんだって。そこに降り立ったなら、上書きすれば良いだけのこと。痛みは今の自分に溶け込んで力になっていく。

これから出会うプレーヤーの皆さんにも、もっともっとそのことを伝えていきたいと思う冬の午後なのでした。

☆☆☆

ピースメイキングラボの
トランスフォーメーションゲームについてはこちら☟
「トランスフォーメーションゲーム」

12月/10/2017

雛祭り!オトトオハナdeおやすみ会@神楽坂サンクチュアリ

Sawa_cristal ball雛祭り!神楽ンクチュアリ*オトトオハナdeおやすみ会

2017年春から始まったのクリスタルボール奏者の藤村佐和子さんとピースメイキングラボのコラボ企画、神楽坂のサンクチュアリで、クリスタルの響きの中で、「おやすみ」戴く時間を企画第5弾です。

桃の節句、お雛祭りの三月三日。

女子の健やかな成長をいのって行われるお雛祭りですが、オトナの雛まつりは日々の健やかな暮らしを続けていくためのリトリート。

オトトオハナの波動で心身を浄化し、必要なプロセスを前に進めてまいりましょう。

いつものように、まずは、フィンドホーンフラワーエッセンスのグループセッションを演奏の前に行います。

春の節目に、それぞれの「祈り」や「意図」を明確にして、フラワーアチューメントカードを使い、フラワーエッセンスを選んで、みなさんとともにリーディングしていきます。

その場で、調合したエッセンスを摂っていただいてから、クリスタルボウルの響きに身を委ね、深いリラクゼーションと共に、エッセンスの波動を心身魂へと響かせてゆきます。

これまで、参加された皆様は、演奏を終えるとスッキリ目覚められ、幸福感と共にお帰りいただいています。

その場に集った方々と、安全な場を創り、その方々とも響き合う時間でもあります。

その響きが帰宅されてからも続くように、30mlの飲用ボトルでエッセンスをお持ち帰り戴きます。

SUFA0642

大勢での演奏会も素晴らしい体験ではありますが、ここ神楽坂では4名限定の少人数でのとっても贅沢な演奏会となります。

花と鉱石の響きは私達の身体と、感情体、そして魂のレベルまで微細な振動を届け、私達がもう一度この自然界のギフトであることを思い出させてくれる時間となるでしょう。

深くご自身と繋がり直しながら、シンクロニシティの導きでこのサンクチュアリに集った方々とも響き合い、そしてこの惑星の大きな流れの中に身を委ねてまいりましょう。
サンクチュアリの柿の木の精霊達も見守ってくれることでしょう。

Photo by Kaori Tatara

Photo by Kaori Tatara

この深い安らぎが、みなさまの日常の時間を整え、そして本来の活力とともに豊かさを創造してゆくことをこころからお祈りいたします。

*雛祭り!オトトオハナdeおやすみ会*

【日 時】2018年3月3日(土)

午前の部:10:00~13:00
午後の部:15:00~18:00

土曜日の開催なので明るい時間に開催します✨

【場 所】

神楽坂サンクチュアリ『間』Persimmon
神楽坂駅より徒歩3分 お申込の方に詳細をお送りいたします。

【ご料金】

各回 6,000円(フラワーエッセンス 2週間程度の飲用分 30ml込み)

【定 員】 4名

2日前の時点でお申込みがお一人の場合はキャンセルとなります。ご了承くださいませ。

【申込先】 青木麻奈infomanahouse.jp(☆を@に変更してください。)へメール、もしくはメッセンジャーにてご連絡ください。tel 09034380268

 

【ファシリテーター】

藤村佐和子(クリスタルボウル)
青木 麻奈(フィンドホーン・フラワーエッセンス)

*藤村佐和子プロフィール*

IMG_1163

*藤村佐和子プロフィール*

1973年鹿児島生まれ、東京在住、クリスタルボウルプレイヤー。2005年からエサレンボディワークのセラピストとして活動、産業カウンセラー、ゴエンカ式ヴィパッサナー瞑想の実践者である。2009年、スコットランド/フィンドホーンで「祈りと瞑想」が生涯の仕事と知る。その半年後、アメリカ/シャスタ山でクリスタルボウルと出逢う。クリスタルボウルの演奏は、私意のない祈りと瞑想、love in actionの実践として発動している。

HP「あめつちほしそら」http://sawa444.exblog.jp/

*クリスタルボウルとはIMG_1162

水晶に貴石や金属等をミックスしてつくられた楽器です。豊かな倍音を生みだします。倍音の響きは人体の70%を占めている水分に共鳴し、心身に深い解放と調和をもたらします。演奏は、およそ50分ほど、仰向けになって全身で音を浴びます。ただただ音に全身をゆだねて、おやすみしていきましょう。

*佐和子の奏でる7つのクリスタルボウル*

エメラルド

ルビー

グランドファーザー

ラッフィングブッダ

アゼツライト

エジプシャンブルー

ローズクォーツ+プラチナ

***

*青木麻奈プロフィール*

ピースメイキングラボ主宰
フィンドホーン財団リソースパーソン
Findhorn Flower Essence 認定プラクティショナー
トランスフォーメーションゲーム ファシリテーター

1967年東京生まれ。現在東京の夫と犬一匹とともに国立市在住。
2004年にフィンドホーンの体験週間に参加し、それまでの旅で体験した世界のエッセンスが凝縮されたこのコミュニティのスピリットに魅了される。2008年よりフィンドホーンへの旅をオーガナイズしている。実際の体験を通して、日常生活にフィンドホーンの精神を表現することを軸に、フィンドホーンの種をここ日本で発芽させるべく活動展開中。2014年に財団で行われた国際会議『New Story Summit』から誕生した長編ドキュメンタリー映画『New Story』の日本語字幕を恊働翻訳。原初音瞑想実践者。夫と共に自然栽培の米づくり中。北軽井沢と神楽坂に活動拠点を持つ。活動理念は「一人一人の心身魂の平和が世界平和への道」InnerLink社認定トランスフォーメーションゲーム®ファシリテーターでもある。

URL: http://manahouse.jp/
Blog: http://blog.manahouse.jp/

*フィンドホーンフラワーエッセンスについて*
Blogにてご紹介しています。
http://blog.manahouse.jp/174746017.html

11月/23/2017

星になった人達からのメッセージ〜原レオンさんのセッション〜

img_0426

先日、知る人ぞ知るミディアムの原レオンさんの個人セッションを受けました。

レオンさんとの出会いは今年の夏。

北軽井沢MANAHOUSEで開催された兼ねてよりお世話になっているヘミシンクのトレーナーTAIさんとのコラボリトリートでホストをさせて戴いた時に初めてお目にかかりました。

お会いして間もなく、レオンさんを通して、スルスルと亡き父からのメッセージが届けられ、ずっと引っかかっていたことが、ポロっと取れてどこかへ流れてゆきました。思いがけないことで、じわ〜んと身体が温まるのを感じました。

ちょうど10年前の11月。様々な事情で三年間会うことがないままに光の世界へと旅立った父はどんな気持ちでこの人生を終えたのか。(思えば、発作が起きたのがちょうどレオンさんとお会いした辺りの日付だった。)

それがヘミシンクを受けるきっかけでした。

何回かの、セッションでプラットフォームに並ぶ父が現れ

「もう、行くところ決めたからお前もがんばれ👍」

と言って去っていったのが最後の会話。

ああ、これで安心した。と、思ってここ数年過ごしていました。

そしてこの夏、レオンさんを通して久々に届けられた父からのメッセージ。

それは初めて私がやっていることを褒めてくれた言葉でした。褒められたことがなかったということを褒められてみて気づき、褒められるってこんな感じなんだ!と、新鮮な感動〜。同時に、承認されたかった自分を感じました。そして、同時に感じたのが、なんとなく父が寛大になったな〜ということ。

こんな体験をすると、もっと聞きたくなるのが常(苦笑)

そして今回の個人セッションに繋がったのでした。

セッションはまず、場と日頃から支えてくださるガイドスピリットへの感謝から始まります。

そして、今私の元にやってきているガイドスピリットからのメッセージを受け取ります。

その後から質問をあれこれ。

セッションの内容は超個人情報なので詳細はここには書けません(笑)でも、やはり父からのメッセージが次々とやってきました。

来年に向けての心構え、夫への敬い、そしてこれから23年かけて練り上げていく、私のこの地上での仕事。どれも、前を向いていくために必要なサポートです。

レオンさんを通していただいた父やガイドスピリットさん達からのメッセージは、セッションが終わった後もじわじわとと浸透しています。

届けられるメッセージはどれも、自分の中でどこかで分かっていながら、フルに受け取っていなかったものであり、また、レオンさんを通して伝えていただいたことで、静かに腑に落ちてきている、そんな感覚。

心の奥がすっと、落ち着いているのを感じています。

星になった身近な人達の言葉は、もしかしたら一番心を開くカギとなるのかもしれません。トランスフォーメーションゲームの中でのプロセスワークで、プレーヤーのみなさんとその身近な方々との和解と微細なレベルでのコミュニケーションはいつでも、その方々の変容を大きく前進させていきます。

偉大なるマスターやグルのお言葉も人生の指針となることはありますが、実は私達の中の制限は多くの場合、身近な関係性の中で起きた経験から生じるのかもしれません。

様々な方法がある中で、時に真摯にそして誠実にスピリット達の言葉を伝えてくれる方と会うことで、なかなか自分では超えられない何かを超えていける。レオンさんはそんなお一人のように思います。

かつてはフラメンコダンサーにもなりたいと、スペインまで行ったこともあるということも、なんだか縁を感じてしまうのでした^^ イベントやワークショップ、そして個人セッション等でひっぱりだこのレオンさん。様々な形でお話を聞ける場があるようです。

詳細はこちら☟
原レオンのスピリチュアルな日々

11月/19/2017

ピースメイキング*カフェ@神楽坂

IMG_3340

神楽坂の「間」Persimmonの活動に新たに「ピースメイキング*カフェ」が加わります。

トランスフォーメーションゲームやフラワーエッセンスのセッションや勉強会、あるいは鍼灸治療や様々なイベントが神楽坂の「間」では開催されていますが、もっと気楽に対話を重ね、深めていく場があってもいいなと思い「予約制カフェ」を始めます。

不定期ですけれど。

目的は「ピースメイキング」

日々心の中で感じ、頭でいろいろと考えを巡らすことを話して、聞いてもらうことでスッキリすることはよくあります。ハートを開いていくことが何よりもピースメイキングの第一歩。そして、その一歩はご自身のピースメイキングだけでなく、世界のピースメイキングへと繋がっていきます。

ファシリテーターと参加者、あるいはクライアントという関係性ではなく、ただこの世界のことや心の世界のことを語り合う場です。その時に集まるみなさんと一期一会の時間を紡いでいく。お互いのここまでの人生の旅の話に耳を傾け、そして響き合いながらそれぞれが必要なことだけを持ちかえる。

お話のきっかけにその時に応じて、持ち寄った本の読み合せをしたり、あるいはエンジェルカードを引く、あるいは旅の風景を分ち合うのかもしれません。

お互いに響き合いながら、この世界のピースメイキングを進めていきましょう。

今後のピースメイキング*カフェ開催予定
(下記予定はお部屋の使用状況で随時変更となることもあります。)

 

場 所:神楽坂「間」Persimmon
(お申込の方にアクセスの詳細をお送りします。)

ご料金:2500円(お茶付き)

申 込:要予約(2名以上で開催します。6名定員)
    メール:info☆manahouse.jp (☆を@に変更してください。)