11月/19/2017

ピースメイキング*カフェ@神楽坂

IMG_3340

神楽坂の「間」Persimmonの活動に新たに「ピースメイキング*カフェ」が加わります。

トランスフォーメーションゲームやフラワーエッセンスのセッションや勉強会、あるいは鍼灸治療や様々なイベントが神楽坂の「間」では開催されていますが、もっと気楽に対話を重ね、深めていく場があってもいいなと思い「予約制カフェ」を始めます。

不定期ですけれど。

目的は「ピースメイキング」

日々心の中で感じ、頭でいろいろと考えを巡らすことを話して、聞いてもらうことでスッキリすることはよくあります。ハートを開いていくことが何よりもピースメイキングの第一歩。そして、その一歩はご自身のピースメイキングだけでなく、世界のピースメイキングへと繋がっていきます。

ファシリテーターと参加者、あるいはクライアントという関係性ではなく、ただこの世界のことや心の世界のことを語り合う場です。その時に集まるみなさんと一期一会の時間を紡いでいく。お互いのここまでの人生の旅の話に耳を傾け、そして響き合いながらそれぞれが必要なことだけを持ちかえる。

お話のきっかけにその時に応じて、持ち寄った本の読み合せをしたり、あるいはエンジェルカードを引く、あるいは旅の風景を分ち合うのかもしれません。

お互いに響き合いながら、この世界のピースメイキングを進めていきましょう。

今後のピースメイキング*カフェ開催予定
(下記予定はお部屋の使用状況で随時変更となることもあります。)

 

場 所:神楽坂「間」Persimmon
(お申込の方にアクセスの詳細をお送りします。)

ご料金:2500円(お茶付き)

申 込:要予約(2名以上で開催します。6名定員)
    メール:info☆manahouse.jp (☆を@に変更してください。)

11月/18/2017

ねむの木こども美術館を訪ねて

IMG_2786先日、掛川でのトランスフォーメションゲームの帰り道に「ねむの木学園」にご案内戴いた。広大に敷地の中に学園を中心に一つの村がある。

今回はその中の「ねむの木こども美術館」を訪れた。

「ねむの木の詩が聞こえる」というドキュメンタリー映画を見たのは10歳の頃。

宮城まりこさんの独特の語り口が未だにそのまま聞こえるくらい印象が記憶に残っている。

自分と同い年くらいの子供たちが、自分とは違う暮らしをしながら、描く絵の世界に引きこまれたのを思い出す。

40年ぶりの対面。

改めて子供達の絵の斬新さ、彼らの心の目でみた世界の鮮やかさや痛みや温かさがじわーっとこちらのハートに飛び込んでくる。

有機体が絵の中に存在する。

活き活きとしたモチーフ。

畳一枚分のキャンパスに、もの凄い集中力で描かれた幾千もの小さなお花の広大なお花畑。「3年間かかったからテーマを忘れちゃった。」というタイトル。

一人一人、独特のスタイルがある。

色の使い方、構成、モチーフ。

一人の男の子が、お母さん(宮城まりこさん)が入院した時に描いた絵は、細胞のような角が丸い四角が並びスモークグレーとスモークピンクに塗られている。彼はまりこさんが入院中、一切絵が描けなくなり、そして退院した時に再び筆を取り、先ほどの細胞達は真っ赤に塗られた。彼の中の「赤」が示すものに強烈に惹かれた。命の躍動感が伝わってくる。

カッコ良く描こうとしていない。

描かずにいられなくて出て来たもの。

そこには「情動」が宿る。

アートの力がみなぎっている。

まりこさんは子供たちがのびのびとかつ、しっかりと描きあげるために、子供たちが描く度に

「描いてくれたのね、ありがとう。」

と声をかけていたそうだ。

褒めるだけでは、満足して描き続けない、ダメ出しは萎縮させるだけ。

ただ、描いてくれたことへ感謝を伝える。

いま、学園の職員の方々も同じように声をかけているそう。

なるほど〜と唸った。

感謝されることで、もっと描きたくなる。これは、子供達だけではないかもね。

そして、描きたくなるまで待ち、そして描きたいだけ描かせてあげる。

学校で、一時間の中で描かされている子供達がちょっと可哀想になる。

って、私もその一人だったけれど。

「どんぐり」と名付けられたまるっこい建物は藤森照信さんのデザイン。

しっくいとどんぐりの木のコラボでホッとする。子供たちの絵の世界観とばっちりマッチング。

ねむの木学園の周りには、職員の方々の宿舎をはじめ、ガラスやニットの工房やお花屋さんが点在し、一つの村となっている。今度来た時はもっとゆっくり訪ねてみたいな。

現在宮城まりこさんは90歳になられ、ガンや脊椎の骨折をされ、車椅子での生活をしていらっしゃるとのことでしたが、その日も東京へ出張中とのこと。

雑誌に掲載されたまりこさんは、美しいおばあちゃまになられていた。

まりこさんのラブインアクション。アートの心を静かに熱く、そして揺るぎなく。

その愛に深く深く敬いを感じながら、肚に力が入る。

IMG_2793 IMG_2792 IMG_2787

 

 

9月/25/2017

2018年日本語スピリチュアルプラクティス

 

2018年のフィンドホーン日本語体験週間の翌週に続けて、フィンドホーン財団主催のスピリチュアル・プラクティスが行われます。

*体験週間を修了した方が対象となります*

瞑想を中心とした、自分と向き合う時間をたっぷりと取った二週目のプログラムです。

体験週間をその前の週に体験した方にとっては、
その体験をじっくり自分の中に落とし込んでいく為にとても良い時間となります。

過去に体験週間を受けた方であれば、改めてもう一度フィンドホーンのエネルギーの中で
心の扉の奥にいるご自分と再会する時間となるでしょう。

体験週間はコミュニティやグループとしての体験が中心となりますが
「スピリチュアルプラクティス」ではより、ご自分を深く観じ、 体感する、
自分自身とのワークを集まった仲間と共に行うという時間となります。

様々な形での瞑想やその他クリエイティブなワークを通して
日頃の忙しい頭をマインドフルネスに戻し 少しずつ静かにしてゆく事は
最大のご自身へのギフトとなることでしょう。

*日 時*2018年8月25日(土)~ 9月1日(土)(コースは、8月31日(金)の夜で終了いたします。)
*料 金*£920/£680/£510 (ご自身の状況で選択できるスライディングスケール制)

料金には7日間の宿泊と3食、プログラム代金が含まれています。

ォーカライザー* 渡邉邦江(わたなべ くにえ)

*申込・詳細問合せ* メールにてお問い合わせください。
mail:kunie.hst☆gmail.com 渡邉邦江(☆を@に換えて下さい。)

 

渡邉邦江プロフィール 1954年8月28日生まれ 干支は、馬☆星座は、♍(おとめ座) フォンドホーン財団RP(リソースパーソン)氣康ヒーリング・ウェルネスHSTヒーラー 在英14年、フィンドホーン財団でこれらのコースをたくさん手がけたやさしい人。 1998年に体験週間を体験し一旦帰国した後、コミュニティの核であるフィンドホーン 財団に2000年3月30日より長期プログラムに所属。 9月からのメンバーシップコースを 経て、2001年にクルーニー・ダイニング・キッチンのコ(主)・フォカライザーという 大任で悪戦苦闘。これをクルーニー・ジャングル・サバイバルコースという人もいる(笑) 英語という言葉の壁を越えて、財団の教育部門であるゲストデパートメントで2年間働く。 各国からやってくる参加者の方々をサポートしながらフィンドホーンを体験してもらう、 体験週間、その次のステップとなるエクスプローリング・コミュニティー・ライフ、 スピリチュアル・プラクティスなどのコミュニティ体験のコアになるプログラムを担当する。 その中で素晴らしい人々との交流の大事さをたくさん学ばさせていただいた。 (現在ももちろん学び中) ……大きな事業(別に有名にならずとも)をしなくても、そこに存在する大事さ、 目の前のことを大きな愛を持って対処していく行動力を着実に得た日々であったと自負している……

9月/22/2017

フィンドホーン*ダイアリー 〜発酵する人たちと響き合いながら〜

IMG_2103

今回で8回目のグループとなる2017年のフィンドホーン日本語体験週間が完了し、帰国して3週間。時差ぼけがようやく落ち着き、何度行ってもやってくる「フィンドホーン・ロス」を味わいながらも、日常に滑りこんでようやく調子が出て来るころ。今年は、帰国直後から仕事やイベントが続いたので、その時間も長引いた。

今年は8月の開催となり、滞在もオリジナルキャラバンやエコビレッジがあるパーク。参加者の皆さんが宿泊したのがコミュニティの真ん中にある「ゲストロッジ」で、ミーティングのスペースはパークビルディングの中にある「レクチャールーム」。2004年に初めて私が体験週間に参加したときと全てが重なったことも助けたのか、今回のグループと私の体験週間の時のグループのエネルギーが重なる感覚に度々包まれたのがとても印象的。

IMG_1999IMG_1998

 

 

 

 

一日だけ朝に雨が降った日があったけれど、ほとんど真っ青な空とお日様に恵まれた一週間。この天候にも支えられ、体調を崩す人も無く全てのプログラムがスムーズに、そして日々歓びがますように過ぎていった一週間だった。

一人一人、バックグラウンドも年齢も違い、それぞれに世界観を持つユニークなグループで、普通にそれぞれの日常を生きていたら出会うことも無かったかもしれない人達。でも、何かの呼びかけでこの時にこのグループとして集い、寝食共にしながら濃密な一週間を過ごしてみると、なんとも言葉に尽くしがたい「芳醇な」グループへと発酵していった。

純粋なハートが開き、そこに響き合う時、見えないけれど確実なコネクションがそこに生まれる。

IMG_2102 IMG_2108

IMG_2119

 

 

 

 

グループプロジェクトでカランガーデン(フィンドホーンの農園)でじゃがいも堀をした時、雲一つない青空の下で、自然界の命の歓喜に刺激されてグループの「発酵」がプチっと弾けて始まったような気がした。感覚的なことだけれど、そこから一段とみなさんの感覚が自由になったように思う。

夜ごと、ゲストロッジの真ん中にあるダイニングルームでは語らいがあったことでしょう。

ある一夜、そのダイニングルームで参加者の一人、フィドル弾きのお百姓さんの男性が、仲間たちに心を込めて、彼がフィンドホーンで受けとった旋律を奏でたときの優しい感動の波紋は未だに、私の心に響き涙がこみ上げてくる。

自分の体験週間の時に私がその同じ部屋で夜ごと仲間と過ごした時間が蘇り、そこから始まり、ここまでの時間が押し寄せてきて静かに静かに満たされていくのを感じていた。

私の中にいつもどこかで持ち合わせていた漠然とした恐れやコントロール、期待や落胆が流れていった時間。

何もする必要は無い、ただただ一人一人のありのままを信頼することなんだと。そして、私自身も。

大きな意図、そこに信頼を持つこと。

ディーバ達が見せてくれる世界を見ようとする意志はもちながら、掴んでは手放していく。その繰り返し。

今のこの気づきさえもまた手放して。

必要なことはいつでも、再現されまた私に教えてくれる。

未来にオープンであること。これはフィンドホーンで学んだ大きな意志。

「種」はいつだって全てを持ち合わせていて、ただ、その意志を生きればいい。

忘れちゃったら、またそこに戻るだけ。無邪気になって。

「体験週間」はやっぱり、何か特別な時間。そこから先は自分ひとりの探求の旅。でも、体験週間で味わった「コネクション」が体感として残っていたならば、きっとそのひとり旅は孤独ではない。だから、「体験週間」がゲートウェイなんだと。

まさに、今年のグループエンジェル、「Exploration〜探求〜」の旅がそれぞれに始まっていることでしょう。

わたしもまた次の旅へ。まだ見ぬ仲間たちはいずこに。また一年をかけながらゆっくりと出会ってゆくのでしょう。「体験週間」のディーバとともに。

2017*フィンドホーン日本語体験週間に参加した方々の声④ 

IMG_1995

福岡県からご参加くださった60代の仲良しの女友達お二人から寄せられた声です。お二人とももともと、好奇心が旺盛な方々のようでしたが、フィンドホーンで日ごと、心が解放されどんどん少女のようになっていくのが印象的でした。(青木)

☆☆☆

 

友の誘い話は、私の探し求めているものが、そこにありそうな気がして、行ってみようと思いました。

そこは、フィンドホーン。7日間の日常生活を過ごしました。

印象深く残っている事。

それは、向こうのスタッフとのコミュニケーション。

ひとりは、事あるごとに「ありがとう。」

もうひとりは、「楽しんでますか。」といつも尋ねて来ました。

英語で話す方なのに、この言葉は、日本語で話してくれました。

ずっと、言うんです。教えるでもなく。説くわけでもなく。

ずっと言うんです。言葉に、行動に、包み込む優しい心、愛ある心を感じました。

私の心の扉を開いてくれたのです。

面映ゆいのですが、幸福の基は、“愛”だと思いました。

私は、「言い続けてくれて、ありがとう!」と伝えました。

この旅行は、私の宝物となりました。

Y.Yさん(福岡県 女性 62歳)

 

フィンドホーンはステキな所でした。毎日穏やかな気持ちで過ごす事が出来ました。

55年前は砂地で荒涼としていた土地が、今では大きな樹や花で溢れ、自然豊かな村になり、爽やかな風が通り、温かな雰囲気が漂っていました。

バイオダイナミック農法で育てられた野菜の食事は品数多く、お皿に少しずつ取っても山盛りになり、どれもとても美味しくてお腹いっぱいになりました。

3日目で心の扉が全開し、世界と自分との境が無くなったように感じ、愛と平和と喜びに満ちた思いでいっぱいになりました。

帰ってきてから、やりたい事がたくさんあり、あれもこれもと欲張っていますが、心は以前にも増して楽で穏やかです。1週間の生活体験で、知らず知らずのうちに、いろいろな決めつけから解放されたようです。

S.Hさん(福岡県 女性 60歳)

 

2017*フィンドホーン日本語体験週間に参加した方々の声 ③

IMG_2042

【気づきと感動のフィンドホーンマジック】 J.Uさん 男性(東京都より)

気付きと発見の日々の体験週間を終えて、2017/9/4、無事、フィンドホーンから日本に戻って来ました。

しかし、私は、数ヶ月前まで「フィンドホーン」の名前さえ知らなかったのです。

あるサイトの中で、フィンドホーンに飛ぶページがあり、何気にクリックしてみると

「フィンドホーン財団は、「コミュニティ」や「自然環境」「スピリチュアリティ」と云ったテーマを通し、新時代の暮らし方のモデル「人類の実験室」の様な役割をしています。」みたいな内容が書かれてありました。

物質主義に偏り過ぎ、あまりにも自然界から遠ざかり過ぎた、今日の社会に違和感を持っていた私は、「あっ、これだ!」「ん、呼ばれてる!」と直感し、単純さも手伝って「行かなければ!」と思ってしまったのです。

ただ「スピリチュアル」の要素が強そうなので、宗教宗教していたら嫌だな~と云う思いもあり、そこで今回の企画をされているオーガナイザーの麻奈さんにお逢いしてから、「行く、行かない」の判断をしようと思ったのです。

初めてお逢いする麻奈さんは、宗教的な色も無く素敵な方で、私が抱いていた懸念は、すぐに払拭されて、迷わず「フィンドホーン」行きを決めました。

結論から言いますと、フィンドホーンに行って、本当に良かったなと、心から思います。

まずフィンドホーンで感じたのは、波動の高い地場は本当に在るんだな~と云う事でした。(確かに波動が高いんです。)

上昇と云うのでしょうか、加速と云うのでしょうか、とにかくスピードが早いのです。

なんのスピードかと云いますと、問題がクリアになる時間がとても短いのです。

今までなら、とても長い時間をかけなければ解けない様な問題(内面に於ての疑問)が、実に早く、しかも簡単に解けてしまう様な感じなんです。

(思った事が、すぐに結果として現れる様な感じとでも申しましょうか。)

また、今回フォーカライザーとしてお付き合いして戴いた「クレイグさん」と「ジュディスさん」との出逢いにも、感謝です。

お二人のたたずまいは、まるで気負う事なく、見事に肩の力が抜け、ある境界線を超えた者がかもし出す、「ただ居る」だけで、自信に満ちたしなやかな優しさと清々しさを持ち合わせていて、みんな多大な影響を受けました。

実に素敵なお二人でした。

(参加したメンバーも、お二人の様になりたいな~と、口々に申していましたね。)

お陰様で、有り難い事に、正に「フィンドホーンマジック」と思える、幾つかの驚くべき「気付きの発見」と、「あらゆる事へ心から感謝する体験」を味わう事が出来ました。

もしかしたらですが、今回フィンドホーンで私が体験できた事を、フィンドホーンに行かずに、日本で体験する時が来るとするならば、恐らくこれから30年後くらいになっていたかも知れません。

30年後⁉

もう私は、生きていないです。(笑)

下手すると、フィンドホーンに行かなければ、今生では体験出来なかったかもしれないなと思える位、フィンドホーンでの体験はインパクトがありました。

今後も、休む事なく変容と進化と成長を続けて行くであろう「フィンドホーンの叡智」よ、永遠なれ。

ありがとうございました。合掌。

2017/9/13

2017*フィンドホーン日本語体験週間に参加した方々の声 ②

IMG_2182

【人間らしく生きることの意味を思い出させてくれる場でありました。】 R.Sさん(大阪府より)

1週間の日本語での体験週間。

ここでのシンプルな暮らしには学ぶところが大きかった。

人間は自然の一部で、人間の幸せはもっとシンプルな暮らしの中にあることを改めて教えられた。

畑を耕し野菜を育て、食べきれなかったものは全てコンポストに集められ、堆肥になって循環していく。広い敷地内の庭は隅々まで手入れされ、そこで摘んだ雑草や古い枝葉なども全てコンポストに集められる。食事はほとんどベジタリアン食。金曜日には少し魚料理も出る。

電気は主に近くの風力発電で賄われ、一部ではバイオ発電の実験もされている。雨水を生かす試みもされている。

循環型、パーマカルチャー、持続可能な丁寧な暮らし。

掃除や調理などの仕事は分担され、全て「ラブ・イン・アクション〜愛を現す行動」と意識される。

朝は自由参加の瞑想やテーゼ・シンギングで始まり、事あるごとに「アチューンメント」といって意識を自分や仲間や自然界との繋がりに意識をチューニングする。

世界の様々な国から集まってきた老若男女〜フィンドホーンには新しい世代の子どもたちもたくさん育っている。

以前勉強していたシュタイナーとも通じるところがあるのは当然のことかもしれない。ここの子どもたちの多くは近くのシュタイナー学校に通っているらしい。また、農業はバイオダイナミック農法で行われている。

人間の集まりなので課題はあるだろうが、1週間のビジターにはまるで天国のように思えた。

何より自然の生き生きしていること!

人間らしく生きることの意味を思い出させてくれる場でありました。

2017*フィンドホーン日本語体験週間に参加した方々の声 ①

IMG_21882017年の夏のピースメイキングラボ主催のフィンドホーン日本語体験週間に参加された方から届いた声を順次アップします〜。

【日々、心が満たされていくような感じでした。】 by H.H.さん(福岡県から参加)

私は、一人親で子育て、仕事で余裕がなく、生きるのに辛く感じることもありました。生きるヒントを求めてたくさんの本を読み、相談もしていましたが、得られないままでした。

 そんなときにフィンドホーンのことを知り、行ってみることに。正直、スピリチュアルな側面で有名だったので、そのなにかを期待したふわふわした気持ちがありました。しかし、行ってみると意外に現実的なところでした。

 実際フィンドホーンは、自然界との調和した生活を目的とした現実的なエコビレッジの一つ。パーマカルチャー、有機農法などのお話は、私が遠い存在だと感じていた地球の環境問題に対しての生き方の実践として、とても面白くわくわくしながら聞くことができました。そのなかにも、自然との対話が当たり前のように存在していましたから。エネルギーだけではなく、私達は、地球からたくさんの愛と恩恵を受けているんだと実感しました。

 気が付けば、私も何か出来ることがあるはず、自然のことももっと知りたい、触れたい。そんな思いがどんどん湧いてくるようになりました。愛をもらっている地球に感謝したい、と言う感じです。

 他にも、毎日の本当に美味しい有機栽培の野菜中心の食事、love in actionの仕事(コミュニティのの日常を支える様々な仕事のことを「愛を行動で表す」という意味を込めて、Love-in-actionと呼んでいます。)、仲間との関わり。ジュディスとクレイグが見守る中、グループ活動で内なる自分やエンジェルや大いなる叡智とつながることで、新たな発見や気付きもたくさんありました。涙することも。日々、心が満たされていくような感じでした。

 実際に、帰国し、不安そうだった顔つきが変わった、笑顔が増えた、行って良かったのねと周囲から言われています。私は、だって、フィンドホーンで自分はすでに愛されている存在で、地球からたくさんの愛をもらっている幸せな存在だと確信できたからだといっています。(もちろん言うのは照れ、ホントにこっそりとですけどね)

 フィンドホーン行きを迷われている方には是非、行ってみて感じてきてほしいです。行ったからこそ分かるフィンドホーンの自然との調和を目的とした実践的な生活、いろんな体験が待っているはず。そして、それらは必ずあなたがあなたらしくなれるきっかけになると思います。毎日、笑顔で過ごせましたから。

 素晴らしい体験をさせていただき、まなさん、まりりーな、ジュディス、クレイブ、フィンドホーンの皆さんに本当に感謝です。

フィンドホーン*ダイアリー〜The seed of Peace Making〜

IMG_2003

今回の体験週間で私のもとにやってきたエンジェルは「Responsability」=責任。フィンドホーンの辞書ではAbility of response=「応える能力」。地球を両手に持ちながら敬うエンジェルが描かれている。

これまでも度々引いて来たエンジェル。

いつも、このエンジェルがやってくるとすっと、背筋が通る。そして、それはある種心地よい感覚。

私はこのグループのオーガナイザーであり、グループリーダーとしての責任がある立場な訳で、あまりにも分かりやすいと言えば分かりやすいクオリティー。でも、この地球を持つエンジェルが今回、特に私に語りかけてきたように感じた。

それは、私がフィンドホーンに通い、またこうして日本の人々をお連れし、日本でもフィンドホーンというキーワードの中で様々な活動を行うモチベーションの「種」。

エンジェルを迎える為に行われた瞑想の中で、湧き上がった記憶は幼い頃から私が自ずと持ち続けて来た身の回りの世界への問いかけ。

この家族をどうしたらいいんだろう。
この緊張感の中でどうやったら良いのか。

どうしたら、私の大事な人達が仲良くしてくれるのか。

そして、どうしたら私は安全で平和な世界に暮らせるのか。

幼い私にとって世界とは「家族」。

日常的に怒りや嘆きのマグマが渦巻く活火山のような家庭環境の中で、ずっとこの問いかけをしながら育った私は、シンプルに「安全」と「平和」を渇望していたと思う。

姉や兄と年が離れて生まれ、大人の中の唯、子供だった私の役割は噴火したマグマを鎮めること。これは勝手に私がそう感じていたことだけれど。泣いたり、観察したり、感情移入したり、私自身も自分の中のマグマに翻弄されながらも、でもずーっと、「どうしたらいいのだろう。」と考えて来たように思う。

20歳から続く旅の中で、いまだその問いかけは内側に響いている。

フィンドホーンは、私の中の「平和」や「安全」を感じた世界各地の「場所」に響く共通のエッセンスが凝縮した所。だから、私にとって「平和」や「安全」の本質を知るためにかけがえのない場所。

しかし、かといってそこに明快な答えが用意されている訳ではなく、いつもその答えを求めるプロセスを形として見せてくれる。この場所を育てて来たエルダー達は口を揃えて、「我々もまだ、答えを求めて日々実験をしている最中だよ。」という。

世界各地から、自然界との繋がりを求める人、人生の意味を求めてくる人、フィンドホーンの神秘に引かれて来る人、新しい社会を創ろうと言う意欲と共にやって来る人、あらゆる「種」を持ちよって、この地球と人類が共同創造していく為の実験を50年余り続けている場所、それがフィンドホーン。その意欲と好奇心、そして行動がここに今でも奇跡をもたらしている。

種が発芽し、成長して大きな木となってその役目を終え、またそこから新しい芽が誕生する。そんなサイクルを繰り返しながら成長して来たコミュニティにこうして触れることで、私の中の「種」もまた発芽し、成長して花を咲かせ、実を付けては一つのサイクルを終えて、新しいサイクルを生み出していく。

とってもパーソナルな歴史の中に蒔かれた「種」は実は、それが世界を創っていく「種」でもある。

私自身の人生もフィンドホーンと同じように、実験の場。そして、最後までわからない「種」の遺伝子の表現の場。フィンドホーンと出会って13年目。「わからない」ということに開放感を味わい、ワクワクする感覚がやってくるようになった。

「Responsibility」ー Ability of Response 「応える能力。」

人生は「答えはわからない」という旅だからこそ、軽やかに対応していくべし。

そして、未来はいつだってオープンだ。

8月/28/2017

フィンドホーン*ダイアリー〜Angel of Exploration~

IMG_2055
8月26日、フィンドホーンの創設者のお一人、アイリーン・キャディさんの100回目のお誕生日という祝福に満ちた日に、今年の日本語体験週間が始まりました。ピンク色のベル・ヘザー(エリカ)が咲き、小さいリンゴがあちこちに実り始める季節。この季節に訪れるのは初めてで、朝晩は秋の風を感じながら、日中はまだまだ夏の太陽が照らしてくれる。とはいえ、ここはスコットランド。サーッと雨も通り過ぎる。

今回で8回目を迎えるグループは男性3人、女性13人、20代から60代までの16名のグループ。
通訳のまりりーな、フォーカライザーのジュディスとクレイグ、そして私を合せて20名の輪ができた。

土曜の午後と日曜日一日をかけてフィンドホーンの扉を開き、月曜日からはもうここの一員となってコミュニティの日常を体験していきます。

フィンドホーン流のアイスブレイクで、たった1日半とは思えない程にグループの皆さんが近しくなり、何となく家族的な空気感が一人一人を繋いでゆきます。まだ週は始まったばかり。ここからまた新たな旅が始まることでしょう。

今回のグループエンジェルは「Explotation」= 探求。船の突端に座ったエンジェルが海の向こう側にある島を望遠鏡で覗いている絵がついています。

体験週間はまさにExploration。それは、外側の新しい世界や出会いを探求していくことでもあると同時に一人一人がグループを通して、またはフィンドホーンの日常体験を通してそれぞれの内側を探求していく一週間でもあります。より深く、そしてより繊細にそれぞれの存在が明らかになっていく時間ともいえるでしょう。

さて、望遠鏡の先にある島はどんなところなのでしょう〜。そしてその島の正体は?
旅はいつでも好奇心とともに。つづく。