9月/22/2017

フィンドホーン*ダイアリー 〜発酵する人たちと響き合いながら〜

IMG_2103

今回で8回目のグループとなる2017年のフィンドホーン日本語体験週間が完了し、帰国して3週間。時差ぼけがようやく落ち着き、何度行ってもやってくる「フィンドホーン・ロス」を味わいながらも、日常に滑りこんでようやく調子が出て来るころ。今年は、帰国直後から仕事やイベントが続いたので、その時間も長引いた。

今年は8月の開催となり、滞在もオリジナルキャラバンやエコビレッジがあるパーク。参加者の皆さんが宿泊したのがコミュニティの真ん中にある「ゲストロッジ」で、ミーティングのスペースはパークビルディングの中にある「レクチャールーム」。2004年に初めて私が体験週間に参加したときと全てが重なったことも助けたのか、今回のグループと私の体験週間の時のグループのエネルギーが重なる感覚に度々包まれたのがとても印象的。

IMG_1999IMG_1998

 

 

 

 

一日だけ朝に雨が降った日があったけれど、ほとんど真っ青な空とお日様に恵まれた一週間。この天候にも支えられ、体調を崩す人も無く全てのプログラムがスムーズに、そして日々歓びがますように過ぎていった一週間だった。

一人一人、バックグラウンドも年齢も違い、それぞれに世界観を持つユニークなグループで、普通にそれぞれの日常を生きていたら出会うことも無かったかもしれない人達。でも、何かの呼びかけでこの時にこのグループとして集い、寝食共にしながら濃密な一週間を過ごしてみると、なんとも言葉に尽くしがたい「芳醇な」グループへと発酵していった。

純粋なハートが開き、そこに響き合う時、見えないけれど確実なコネクションがそこに生まれる。

IMG_2102 IMG_2108

IMG_2119

 

 

 

 

グループプロジェクトでカランガーデン(フィンドホーンの農園)でじゃがいも堀をした時、雲一つない青空の下で、自然界の命の歓喜に刺激されてグループの「発酵」がプチっと弾けて始まったような気がした。感覚的なことだけれど、そこから一段とみなさんの感覚が自由になったように思う。

夜ごと、ゲストロッジの真ん中にあるダイニングルームでは語らいがあったことでしょう。

ある一夜、そのダイニングルームで参加者の一人、フィドル弾きのお百姓さんの男性が、仲間たちに心を込めて、彼がフィンドホーンで受けとった旋律を奏でたときの優しい感動の波紋は未だに、私の心に響き涙がこみ上げてくる。

自分の体験週間の時に私がその同じ部屋で夜ごと仲間と過ごした時間が蘇り、そこから始まり、ここまでの時間が押し寄せてきて静かに静かに満たされていくのを感じていた。

私の中にいつもどこかで持ち合わせていた漠然とした恐れやコントロール、期待や落胆が流れていった時間。

何もする必要は無い、ただただ一人一人のありのままを信頼することなんだと。そして、私自身も。

大きな意図、そこに信頼を持つこと。

ディーバ達が見せてくれる世界を見ようとする意志はもちながら、掴んでは手放していく。その繰り返し。

今のこの気づきさえもまた手放して。

必要なことはいつでも、再現されまた私に教えてくれる。

未来にオープンであること。これはフィンドホーンで学んだ大きな意志。

「種」はいつだって全てを持ち合わせていて、ただ、その意志を生きればいい。

忘れちゃったら、またそこに戻るだけ。無邪気になって。

「体験週間」はやっぱり、何か特別な時間。そこから先は自分ひとりの探求の旅。でも、体験週間で味わった「コネクション」が体感として残っていたならば、きっとそのひとり旅は孤独ではない。だから、「体験週間」がゲートウェイなんだと。

まさに、今年のグループエンジェル、「Exploration〜探求〜」の旅がそれぞれに始まっていることでしょう。

わたしもまた次の旅へ。まだ見ぬ仲間たちはいずこに。また一年をかけながらゆっくりと出会ってゆくのでしょう。「体験週間」のディーバとともに。

2017*フィンドホーン日本語体験週間に参加した方々の声④ 

IMG_1995

福岡県からご参加くださった60代の仲良しの女友達お二人から寄せられた声です。お二人とももともと、好奇心が旺盛な方々のようでしたが、フィンドホーンで日ごと、心が解放されどんどん少女のようになっていくのが印象的でした。(青木)

☆☆☆

 

友の誘い話は、私の探し求めているものが、そこにありそうな気がして、行ってみようと思いました。

そこは、フィンドホーン。7日間の日常生活を過ごしました。

印象深く残っている事。

それは、向こうのスタッフとのコミュニケーション。

ひとりは、事あるごとに「ありがとう。」

もうひとりは、「楽しんでますか。」といつも尋ねて来ました。

英語で話す方なのに、この言葉は、日本語で話してくれました。

ずっと、言うんです。教えるでもなく。説くわけでもなく。

ずっと言うんです。言葉に、行動に、包み込む優しい心、愛ある心を感じました。

私の心の扉を開いてくれたのです。

面映ゆいのですが、幸福の基は、“愛”だと思いました。

私は、「言い続けてくれて、ありがとう!」と伝えました。

この旅行は、私の宝物となりました。

Y.Yさん(福岡県 女性 62歳)

 

フィンドホーンはステキな所でした。毎日穏やかな気持ちで過ごす事が出来ました。

55年前は砂地で荒涼としていた土地が、今では大きな樹や花で溢れ、自然豊かな村になり、爽やかな風が通り、温かな雰囲気が漂っていました。

バイオダイナミック農法で育てられた野菜の食事は品数多く、お皿に少しずつ取っても山盛りになり、どれもとても美味しくてお腹いっぱいになりました。

3日目で心の扉が全開し、世界と自分との境が無くなったように感じ、愛と平和と喜びに満ちた思いでいっぱいになりました。

帰ってきてから、やりたい事がたくさんあり、あれもこれもと欲張っていますが、心は以前にも増して楽で穏やかです。1週間の生活体験で、知らず知らずのうちに、いろいろな決めつけから解放されたようです。

S.Hさん(福岡県 女性 60歳)

 

2017*フィンドホーン日本語体験週間に参加した方々の声 ③

IMG_2042

【気づきと感動のフィンドホーンマジック】 J.Uさん 男性(東京都より)

気付きと発見の日々の体験週間を終えて、2017/9/4、無事、フィンドホーンから日本に戻って来ました。

しかし、私は、数ヶ月前まで「フィンドホーン」の名前さえ知らなかったのです。

あるサイトの中で、フィンドホーンに飛ぶページがあり、何気にクリックしてみると

「フィンドホーン財団は、「コミュニティ」や「自然環境」「スピリチュアリティ」と云ったテーマを通し、新時代の暮らし方のモデル「人類の実験室」の様な役割をしています。」みたいな内容が書かれてありました。

物質主義に偏り過ぎ、あまりにも自然界から遠ざかり過ぎた、今日の社会に違和感を持っていた私は、「あっ、これだ!」「ん、呼ばれてる!」と直感し、単純さも手伝って「行かなければ!」と思ってしまったのです。

ただ「スピリチュアル」の要素が強そうなので、宗教宗教していたら嫌だな~と云う思いもあり、そこで今回の企画をされているオーガナイザーの麻奈さんにお逢いしてから、「行く、行かない」の判断をしようと思ったのです。

初めてお逢いする麻奈さんは、宗教的な色も無く素敵な方で、私が抱いていた懸念は、すぐに払拭されて、迷わず「フィンドホーン」行きを決めました。

結論から言いますと、フィンドホーンに行って、本当に良かったなと、心から思います。

まずフィンドホーンで感じたのは、波動の高い地場は本当に在るんだな~と云う事でした。(確かに波動が高いんです。)

上昇と云うのでしょうか、加速と云うのでしょうか、とにかくスピードが早いのです。

なんのスピードかと云いますと、問題がクリアになる時間がとても短いのです。

今までなら、とても長い時間をかけなければ解けない様な問題(内面に於ての疑問)が、実に早く、しかも簡単に解けてしまう様な感じなんです。

(思った事が、すぐに結果として現れる様な感じとでも申しましょうか。)

また、今回フォーカライザーとしてお付き合いして戴いた「クレイグさん」と「ジュディスさん」との出逢いにも、感謝です。

お二人のたたずまいは、まるで気負う事なく、見事に肩の力が抜け、ある境界線を超えた者がかもし出す、「ただ居る」だけで、自信に満ちたしなやかな優しさと清々しさを持ち合わせていて、みんな多大な影響を受けました。

実に素敵なお二人でした。

(参加したメンバーも、お二人の様になりたいな~と、口々に申していましたね。)

お陰様で、有り難い事に、正に「フィンドホーンマジック」と思える、幾つかの驚くべき「気付きの発見」と、「あらゆる事へ心から感謝する体験」を味わう事が出来ました。

もしかしたらですが、今回フィンドホーンで私が体験できた事を、フィンドホーンに行かずに、日本で体験する時が来るとするならば、恐らくこれから30年後くらいになっていたかも知れません。

30年後⁉

もう私は、生きていないです。(笑)

下手すると、フィンドホーンに行かなければ、今生では体験出来なかったかもしれないなと思える位、フィンドホーンでの体験はインパクトがありました。

今後も、休む事なく変容と進化と成長を続けて行くであろう「フィンドホーンの叡智」よ、永遠なれ。

ありがとうございました。合掌。

2017/9/13

2017*フィンドホーン日本語体験週間に参加した方々の声 ②

IMG_2182

【人間らしく生きることの意味を思い出させてくれる場でありました。】 R.Sさん(大阪府より)

1週間の日本語での体験週間。

ここでのシンプルな暮らしには学ぶところが大きかった。

人間は自然の一部で、人間の幸せはもっとシンプルな暮らしの中にあることを改めて教えられた。

畑を耕し野菜を育て、食べきれなかったものは全てコンポストに集められ、堆肥になって循環していく。広い敷地内の庭は隅々まで手入れされ、そこで摘んだ雑草や古い枝葉なども全てコンポストに集められる。食事はほとんどベジタリアン食。金曜日には少し魚料理も出る。

電気は主に近くの風力発電で賄われ、一部ではバイオ発電の実験もされている。雨水を生かす試みもされている。

循環型、パーマカルチャー、持続可能な丁寧な暮らし。

掃除や調理などの仕事は分担され、全て「ラブ・イン・アクション〜愛を現す行動」と意識される。

朝は自由参加の瞑想やテーゼ・シンギングで始まり、事あるごとに「アチューンメント」といって意識を自分や仲間や自然界との繋がりに意識をチューニングする。

世界の様々な国から集まってきた老若男女〜フィンドホーンには新しい世代の子どもたちもたくさん育っている。

以前勉強していたシュタイナーとも通じるところがあるのは当然のことかもしれない。ここの子どもたちの多くは近くのシュタイナー学校に通っているらしい。また、農業はバイオダイナミック農法で行われている。

人間の集まりなので課題はあるだろうが、1週間のビジターにはまるで天国のように思えた。

何より自然の生き生きしていること!

人間らしく生きることの意味を思い出させてくれる場でありました。

2017*フィンドホーン日本語体験週間に参加した方々の声 ①

IMG_21882017年の夏のピースメイキングラボ主催のフィンドホーン日本語体験週間に参加された方から届いた声を順次アップします〜。

【日々、心が満たされていくような感じでした。】 by H.H.さん(福岡県から参加)

私は、一人親で子育て、仕事で余裕がなく、生きるのに辛く感じることもありました。生きるヒントを求めてたくさんの本を読み、相談もしていましたが、得られないままでした。

 そんなときにフィンドホーンのことを知り、行ってみることに。正直、スピリチュアルな側面で有名だったので、そのなにかを期待したふわふわした気持ちがありました。しかし、行ってみると意外に現実的なところでした。

 実際フィンドホーンは、自然界との調和した生活を目的とした現実的なエコビレッジの一つ。パーマカルチャー、有機農法などのお話は、私が遠い存在だと感じていた地球の環境問題に対しての生き方の実践として、とても面白くわくわくしながら聞くことができました。そのなかにも、自然との対話が当たり前のように存在していましたから。エネルギーだけではなく、私達は、地球からたくさんの愛と恩恵を受けているんだと実感しました。

 気が付けば、私も何か出来ることがあるはず、自然のことももっと知りたい、触れたい。そんな思いがどんどん湧いてくるようになりました。愛をもらっている地球に感謝したい、と言う感じです。

 他にも、毎日の本当に美味しい有機栽培の野菜中心の食事、love in actionの仕事(コミュニティのの日常を支える様々な仕事のことを「愛を行動で表す」という意味を込めて、Love-in-actionと呼んでいます。)、仲間との関わり。ジュディスとクレイグが見守る中、グループ活動で内なる自分やエンジェルや大いなる叡智とつながることで、新たな発見や気付きもたくさんありました。涙することも。日々、心が満たされていくような感じでした。

 実際に、帰国し、不安そうだった顔つきが変わった、笑顔が増えた、行って良かったのねと周囲から言われています。私は、だって、フィンドホーンで自分はすでに愛されている存在で、地球からたくさんの愛をもらっている幸せな存在だと確信できたからだといっています。(もちろん言うのは照れ、ホントにこっそりとですけどね)

 フィンドホーン行きを迷われている方には是非、行ってみて感じてきてほしいです。行ったからこそ分かるフィンドホーンの自然との調和を目的とした実践的な生活、いろんな体験が待っているはず。そして、それらは必ずあなたがあなたらしくなれるきっかけになると思います。毎日、笑顔で過ごせましたから。

 素晴らしい体験をさせていただき、まなさん、まりりーな、ジュディス、クレイブ、フィンドホーンの皆さんに本当に感謝です。

フィンドホーン*ダイアリー〜The seed of Peace Making〜

IMG_2003

今回の体験週間で私のもとにやってきたエンジェルは「Responsability」=責任。フィンドホーンの辞書ではAbility of response=「応える能力」。地球を両手に持ちながら敬うエンジェルが描かれている。

これまでも度々引いて来たエンジェル。

いつも、このエンジェルがやってくるとすっと、背筋が通る。そして、それはある種心地よい感覚。

私はこのグループのオーガナイザーであり、グループリーダーとしての責任がある立場な訳で、あまりにも分かりやすいと言えば分かりやすいクオリティー。でも、この地球を持つエンジェルが今回、特に私に語りかけてきたように感じた。

それは、私がフィンドホーンに通い、またこうして日本の人々をお連れし、日本でもフィンドホーンというキーワードの中で様々な活動を行うモチベーションの「種」。

エンジェルを迎える為に行われた瞑想の中で、湧き上がった記憶は幼い頃から私が自ずと持ち続けて来た身の回りの世界への問いかけ。

この家族をどうしたらいいんだろう。
この緊張感の中でどうやったら良いのか。

どうしたら、私の大事な人達が仲良くしてくれるのか。

そして、どうしたら私は安全で平和な世界に暮らせるのか。

幼い私にとって世界とは「家族」。

日常的に怒りや嘆きのマグマが渦巻く活火山のような家庭環境の中で、ずっとこの問いかけをしながら育った私は、シンプルに「安全」と「平和」を渇望していたと思う。

姉や兄と年が離れて生まれ、大人の中の唯、子供だった私の役割は噴火したマグマを鎮めること。これは勝手に私がそう感じていたことだけれど。泣いたり、観察したり、感情移入したり、私自身も自分の中のマグマに翻弄されながらも、でもずーっと、「どうしたらいいのだろう。」と考えて来たように思う。

20歳から続く旅の中で、いまだその問いかけは内側に響いている。

フィンドホーンは、私の中の「平和」や「安全」を感じた世界各地の「場所」に響く共通のエッセンスが凝縮した所。だから、私にとって「平和」や「安全」の本質を知るためにかけがえのない場所。

しかし、かといってそこに明快な答えが用意されている訳ではなく、いつもその答えを求めるプロセスを形として見せてくれる。この場所を育てて来たエルダー達は口を揃えて、「我々もまだ、答えを求めて日々実験をしている最中だよ。」という。

世界各地から、自然界との繋がりを求める人、人生の意味を求めてくる人、フィンドホーンの神秘に引かれて来る人、新しい社会を創ろうと言う意欲と共にやって来る人、あらゆる「種」を持ちよって、この地球と人類が共同創造していく為の実験を50年余り続けている場所、それがフィンドホーン。その意欲と好奇心、そして行動がここに今でも奇跡をもたらしている。

種が発芽し、成長して大きな木となってその役目を終え、またそこから新しい芽が誕生する。そんなサイクルを繰り返しながら成長して来たコミュニティにこうして触れることで、私の中の「種」もまた発芽し、成長して花を咲かせ、実を付けては一つのサイクルを終えて、新しいサイクルを生み出していく。

とってもパーソナルな歴史の中に蒔かれた「種」は実は、それが世界を創っていく「種」でもある。

私自身の人生もフィンドホーンと同じように、実験の場。そして、最後までわからない「種」の遺伝子の表現の場。フィンドホーンと出会って13年目。「わからない」ということに開放感を味わい、ワクワクする感覚がやってくるようになった。

「Responsibility」ー Ability of Response 「応える能力。」

人生は「答えはわからない」という旅だからこそ、軽やかに対応していくべし。

そして、未来はいつだってオープンだ。

8月/28/2017

フィンドホーン*ダイアリー〜Angel of Exploration~

IMG_2055
8月26日、フィンドホーンの創設者のお一人、アイリーン・キャディさんの100回目のお誕生日という祝福に満ちた日に、今年の日本語体験週間が始まりました。ピンク色のベル・ヘザー(エリカ)が咲き、小さいリンゴがあちこちに実り始める季節。この季節に訪れるのは初めてで、朝晩は秋の風を感じながら、日中はまだまだ夏の太陽が照らしてくれる。とはいえ、ここはスコットランド。サーッと雨も通り過ぎる。

今回で8回目を迎えるグループは男性3人、女性13人、20代から60代までの16名のグループ。
通訳のまりりーな、フォーカライザーのジュディスとクレイグ、そして私を合せて20名の輪ができた。

土曜の午後と日曜日一日をかけてフィンドホーンの扉を開き、月曜日からはもうここの一員となってコミュニティの日常を体験していきます。

フィンドホーン流のアイスブレイクで、たった1日半とは思えない程にグループの皆さんが近しくなり、何となく家族的な空気感が一人一人を繋いでゆきます。まだ週は始まったばかり。ここからまた新たな旅が始まることでしょう。

今回のグループエンジェルは「Explotation」= 探求。船の突端に座ったエンジェルが海の向こう側にある島を望遠鏡で覗いている絵がついています。

体験週間はまさにExploration。それは、外側の新しい世界や出会いを探求していくことでもあると同時に一人一人がグループを通して、またはフィンドホーンの日常体験を通してそれぞれの内側を探求していく一週間でもあります。より深く、そしてより繊細にそれぞれの存在が明らかになっていく時間ともいえるでしょう。

さて、望遠鏡の先にある島はどんなところなのでしょう〜。そしてその島の正体は?
旅はいつでも好奇心とともに。つづく。

6月/18/2017

今年の田植えが終わりました^^

IMG_1509
田仕事の素人の私たち夫婦が自分たちが主体になって今年からお米作りをはじめ、仲間に配信した通信録です。自分たちの成長の備忘録として。昨年の田んぼの備忘録はこちら

田んぼで繋がる皆様へ

ようやく梅雨らしい一日となりました。

お米づくりをするようになって、田植えの後に梅雨がやって来るサイクルが、恵みそのものだなあと改めて思います。私達の田んぼもようやく潤うことができてホッとしています。

5月18日に栃木の「民間稲作研究所」から苗を運び、その週末から始まった館山・浜田のたんぼの田植えも先週末でようやく終えることができました。

今年は、田植えした後にしっかり草取りをしようと、田植え後の一週間、浜田に滞在し、心静かに草取りをしようと計画しておりました。が、しかし、田植えを予定していたかなりの範囲に、ガマ勢力がかなり根を張っていることがわかり、やはりこれは根こそぎ取除かないと・・・と思ってしまったが最後、田植えが全体の半分終わったところで「ガマ堀り」に転じてほぼ4日間、それに集中しました。

IMG_1447
きちんとした道具もない状況を見かねて、「マンノウ(万能)」を地元の方が貸して下さり、扱いもままならないものの、その威力を堪能し、
地中深く何層にも張り巡らされたガマの根っこのネットワークを掘り出しました。その量たるや・・・。この根っこが漢方薬にでもなるならいいのにと思ったりして。

複雑に絡んだ根っこを掘り出す度に、なんとなく、心の深層の「コンプレックス(複合体)」を掘り出しては手放しているような気分になり、ある意味スッキリ(笑)まさに、がっちり固まっていた田んぼの土がトロトロになり、心も和らぐようでした。実際、かなり重労働でしたが、そのトロトロのどろんこの気持ちよさを堪能。菌なのか、今話題のミネラル「ケイ素」なのか分からないけれど、この土には、人を元気にする秘密があると確信した次第。

IMG_1461


オタマジャクシやミミズ、カエルやザリガニにタニシ。草もガマに限らずセリやらコナギやらほんとうに多様な生き物が浜田の田んぼには息づいていて、
それが、非常に有機的な「生きる」エネルギーを醸しているのを体感。田んぼにつけた手や足から、言葉にしがたい気持ちよさが身体の内側に入って来ました。

薬を一切使わず、余計な肥料も入れない自然栽培の田んぼの力とはこういうものかと改めて実感。

お米の収穫量だけに注目していたら、恐らくこの田んぼの成績表は赤点かもしれません。

しかし、この全体的な価値がとても貴重であり宝の山だな〜と思うのでした。

IMG_1477

また、毎日、散歩で通りかかっては田んぼの成長を見守って下さる地元の方々も増えて来ました。

一休みしていれば、コーヒーを持って来て下さったり、採りたての枇杷を差し入れして下さったり。

IMG_1501

みなさんから声もかけて戴き、この地域の皆さんとも繋がりが育って来たことを感じています。

田んぼはまさに、オープンエアのアート。
アートは人の心と自然と世界を繋ぐもの。この「ちょっと気になる」多様性万歳の田んぼはしっかりとその役目を果たし始めているように思います。

毎週末、田植えフェスと草取り瞑想に高速バスや、遠路、車を運転して参加して下さった皆様、いつものことながら心より感謝申し上げます!

みなさんが、「気持ちいい〜!」「楽しい〜!」と言ってくださるのが私達の何よりの励み。

この田んぼは「作業」ではなく、「プロセス」を体験して楽しんでいただける場として誰に対してもひらいていたいというのが私達の願いです。

今年も一本植えで植えられた苗はほぼ活着し、分蘖もぐんぐんと始まっています。

IMG_1507

一本一本個性が見える一本植え。過酷な状況でもしっかりと分蘖をしていくものもあれば、ひょろっとしたまま成長が進まないものもあります。もっともっとケアしてあげたいと思いながら、一方で、そのまんまの生命力に、その成長を見守ることが我々の一番大事な仕事かもしれないと思ったり。

「農」というプロセスはいつでも「わからない」中で何がベストの選択なのかを探求するわけで、生き方のプロセスそのものだと思うのでした。

ここからの、太陽の光、山からしみ出した水、そして見えない菌が働く土。海からの風と様々な生き物とのコラボレーションで稲たちが成長していくことでしょう。その命の力を信頼してこの夏もまた見守ってゆきたいと思います。

感謝を込めて☆

青木隆&麻奈

IMG_1457

5月/13/2017

長崎*四次元パーラーあんでるせんへの旅

IMG_1381

長崎に『四次元パーラーあんでるせん』という不思議なお店があると知ったのは昨年のこと。いつも面白い情報をお持ちのフラメンコの生徒さんから教えてもらったのだ。

面白そうだな、と思いつつ、すぐにでも行きたい!と思うほどでもなく、ご縁があったら〜という程度の気持ちだった。

1月に用事があり、九州に行くことに決めた時に、せっかくなら行ってみようかと試みた時はまったく電話も通じず、ご縁がなかった。でも、またきっと機会はあるだろうと。こういうことは、向こうからタイミングがやってくるものだから。

そして、案外それが早くにやってきた。

つい2週間前、いくつかのシンクロが重なり、最終的には古代文字繋がりのご縁で出会った方との話の中でツアーを企画していると知り、大切な予定もありつつ、今回はこのシンクロと直感の流れに身を預けるることに決めた。

そして、天遊組の展覧会を終えた翌日、その余韻も残る中、長崎へ。

IMG_1380その店、『四次元パーラー あんでるせん』はハウステンボスに割と近い『川棚』という小さな駅の前にあるバスターミナルの横にあった。

要は昭和の香り漂う喫茶店で、普通に軽食と飲み物を注文して食事をするお店。

でも、ただならないのは、『四次元パーラー』という謎めいたタイトルの通り、その料理をするマスターの自由自在に次元を超えて不思議なことを次々目の前でやってのけてしまうマジックショーが毎日行われること。

小さなカウンター越しに展開されるマジックを通して、こちらの意識の次元までも変えてしまう。

それで、全国からひっきりなしにお客さんがやってくる店となったこと。

IMG_1379IMG_1375二時間半に渡り、物資の瞬間移動や、透視、予知、写真が実際にそのものになって現れたりなどなど、目の前で展開されるマジックと超能力の技は心底感動ものだった。

未知なる体験記ワクワクした時間。

それだけでも充分に飛行機に乗ってやってくる価値はあると思うけれど、それにも増してわたしが感動したのは、そのマスターの在り方。

これだけのことをやってのけるのだから、有名になりたかったりお金儲けしたければいくらでも方法はあると思う。しかし、毎日、お客様のためにお料理を作り、そして、ユーモアと愛嬌たっぷりのトークを交えて、真にお客様を楽しませるために、またご自身もきっと共に楽しむために、このショーを月に2回のお休みの日以外、開催しているということ。しかも、40年間も、ほぼ毎日。

こんなこと、有名になりたいとか、お金儲けしたいとか、ちっぽけな理由でこんなことはできない。

これぞ、本物のラブインアクション。

ここに心底、敬いと愛をかんじた。

お歳は70代、しかも後半とか。

どう見ても、40代にしか見えない。しっかりとした身体つきとテンポの良さ。

そしてしなやかで力みの無いトーク。(&ジョーク)

人間としてやはり次元超えてる存在だと思う。

今回、いつもはくじ等全く当たらない私が、マスターの真正面の席があたえられ、何度となくマスターと目が合い、終始にこにこしていた中で一度、ふっと真顔になった瞬間があった。その時の、なんというか、クールだけれど優しく温かな眼差しがとっても印象的だった。全てわかってる。そんな感じ。言葉じゃないメッセージ。私も言葉じゃなく何か受けとった。

その波動で、なんどもこのマスターに会いに行きたくなる理由がわかった。

わたしの手の中でジワーと曲がった100円玉。大事な宝物。

この感覚を味わった体験は忘れられないな。

IMG_1374

わたしがお世話になったのは『みんなの広場』のせっちゃんこと野村節子さん。また次のツアーも年内に企画されることでしょう〜。

みんなの広場 〜 あんでるせんツアー

翌日は諫早エリアにある飯盛山の上にある『いのちのサウナ』へ。これはまた改めて。

4月/25/2017

新月のトランスフォーメションロングゲーム@北軽井沢MANAHOUSE

CIMG0192

7月、新月を迎える週末に女性のための北軽井沢MANAHOUSEにてトランスフォーメーションゲームのロングバージョンを交えたリトリートを企画しています。

これまでカウアイ島と北軽井沢で開催しましたが、いずれも、やはり時間のスペースと自然界のエネルギーがプロセスを深めてくれたように思います。

7月、クーラーのいらない北軽井沢の雑木林に囲まれた家で、ゆっくり心身魂をほぐしながら、自分の中に在るけどまだお目見えしていないニーズと出逢っていきましょう。瞑想やお散歩、そして一緒にお料理したりしながら、ご自身のこれからの道を創造してまいりましょう。

 

新月の変容への旅・北軽井沢リトリート
@MANAHOUSE

Women’s New Moon Transformational Retreat
in Kitakaruizawa MANAHOUSE


*日程* 2017年7月21日(金)〜23日(日)

     21日、夕食前に集合し23日の朝食後解散。
     23日は一泊延泊も可能です。

*場所* 北軽井沢MANAHOUSE
                     群馬県吾妻郡長野原町北軽井沢1924-1060
                     アクセスはこちらご覧下さい。

New!  渋谷マークシティより午前2本午後1本のバスが北軽井沢(軽井沢経由、草津温泉行き)まで直行します。お一人片道3500円です。

詳細はこちら

立川や新宿から軽井沢行きのバスと軽井沢から北軽井沢の路線バスの乗り継ぎでも料金はほぼ変わりません。

*定員* 4名 ⇨ 残席2名となりました

*料金* おひとり 35,000円(食事付宿泊二泊、ロングゲーム込み)
二名以上一緒にお申込の場合1,000円の割引となります。

*スケジュール* 

21日の夕方〜夕食前に集合。(詳細はお申込の方にお知らせします。)
夕食後よりゲームのプロセスに入り、22日は朝食後よりゲーム開始、休憩しながら夕食前まで行います。夕食後に完了のプロセスをして、翌日朝食後に解散。

*延泊ご希望の方は1泊のみ食事付きで5,000円で承ります。
*早めに到着されたい方、又は前泊希望の場合は準備のお手伝いを戴ければ可能です。
*車でお越しの場合は、移動にご協力頂くこともあります。その場合は、利用者皆で御礼を提案したいと思います。

同じタイムスケジュールとご料金でで8/3〜5での開催も予定しております。こちらをご希望の方はその旨メールにてお知らせください。

*お問い合わせ先 *

青木麻奈 

Eメール  info☆manahouse.jp  (☆を@に変更してください。)


トランスフォーメーションゲームについてはこちらをご覧下さい。
IMG_1220

ゲームを受けた皆様からの感想の一部です。

何度もこのゲームを受けましたが、その度に気づきが深まり、ついに、これまで気付かなかった感情と出逢った時に、大きな癒しと変容が訪れました。その体験の後の日常生活が実際に私の願い通りに動いていくのに自分でもびっくりしています。人生の螺旋階段を歩みながら、確実に成長している私を感じています。(M.A.さん)

いつも何かみんなにやってあげたいという気持ちが強すぎて、自分がわからなくなってしまう事が多かったので、「自分が自分らしくイキイキと生きれば、その方が周りは安心していられる。」というカードの言葉が一番今響いています。そして、色々な人間関係で嫌な時に、嫌と言えたり、無理しないようになれたかなと思います。(Mさん)
 

自分の中にある言葉が湧き出てくる感覚が楽しかった。ご一緒したお二人のお話も共感ができて、意味の在る出逢いだったなあと思います。ファシリテーターのエンジェルについての解説や(自分が引いた)カードの言葉をこれからの指針にしたいと思います。ありがとうございました。(Sさん)

 

過去の経験の枠から出たら、もっと大きな海があることを知る。自分のエリアから出て行くことが、こわくて理由をつけていた。そこから出ることが私の喜びであり、私を愛することなのだと感じました。(Kさん)

 

「手放すことで輝く」というInsight カードのメッセージがストンと私の中に落ちました。私の中にある古い観念「~に必要だから~しなければダメ」「~ができなければ先へ進めない」を脱ぎ捨てなければ新しい世界へは行けないよね。外側の世界も変わらない。そう、思った時に「ふわ~っ」と心が軽くなりました。自分を縛っている想いを解放すること。今、私はこれが私の変容なのだと思っています。そして、いつか自分の在るべき場所に自然に導かれていくのだと思えるようになりました。(Mさん)

 

ゲーム中は取り繕ったりすることなく、安心して、ただ感じることを感じるままに表現できることが、どれほど自分の喜びとなるかを体験し、また、ゲームの精巧さ、受け取るものの神聖さを感じました。そして、ファシリテーターにより、自分だけでは気づけなかった部分に光を当てることができ、大きな収穫となりました。私は只々、自分を愛し、その安らぎの中で生きたかったのだな、ということです。内側への旅は、生きている限りずっと続くと思いますが、今回、私が気づいたことは、これからの私をずっと支えていくものになると思います。(Nさん)