7月/28/2015

獅子座の新月トランスフォーメーションカフェ

IMG_3165
先月初めて行った「新月トランスフォーメーションカフェ」を今月も国立のカフェトピナンブールで開催します。

今月は獅子座の新月。テーマは「愛とロマンス」、「自分自身のアイデンティティ」、「創造性」、「人生を楽しむ」、「尊厳」、「強欲」など。自分自身のアイデンティティの確立を願ったり、「創造性」を発揮してダンスやモノ作りといったクリエイティブな世界での充実と成功、そして何と言っても「愛とロマンス」エリアでの成就を願う場になりそうです。もちろん、このテーマに関係なく、今、目の前にしている「何か」をテーマにしていただいてもオッケーです。新月のエネルギーを上手に取り込みながら、ご自身で人生を歌化に育てる場になりますように。

先月は時間が足りない感がありましたので、店員を5名までとさせていただきます。また、ご参加される際に、10個の願い事と共にいらして下さい。

集まった皆さんと分ち合いをしながら、ご自身のフォーカスを定めていきましょう。

☆日時☆ 2015年8月14日(金)
昼の部 15:00 オープン 15:30〜18:00 セッション
夜の部 18:00 オープン 18:30〜21:00 セッション

☆場所☆ 国立 ベジ・ア・ターブル トピナンブール
国立市中1-6-12 http://yoshiveggie.com
*国立駅南口大学通り沿いの紀伊国屋の角を右折して300mくらい歩いて右手にあります。

☆料金☆ 2500円/3000円/4000円
スライディングスケール制。
この中から心地よい金額を選んでお支払いください。

☆持物☆ 筆記用具 願い事10個

☆問合せ・申込☆ 広瀬まで電話またはメールでお願いいたします。
Tel 090-3438-0268 Mail himana☆gol.com(☆を@に換えてお送り下さい。)

フィンドホーンのエッセンスと共に新月のエネルギーを人生に取り込んでいきましょう〜。お待ちしております!

7月/24/2015

高城信江 からだ・呼吸・こころを感じるボイスレッスン&弾き語りライブ

unnamed_1

 

 Voice – Music – Happiness!

心地よい空間の中でカラダをリラックスさせて自分のホントの声を聴こう!

夏休みの午後ですから〜、お子さま連れもOK.

カラダを緩めると思いがけない自分の声に出逢う。
初めて、私は自分の声を聴いた時に涙が止まりませんでした。やっと出せた!という感激は今でも忘れられない。

のんちゃんこと高城信江さんは元劇団四季に多数出演するミュージカル女優さん。小さなカラダから発する声はまあるく包むようで、そしてパワフル。自作のミュージカル「ママと生まれる前からお話しできたよ」は、大人の私たち一人一人にこの世に生まれて来たことの奇跡を思い起こさせてくれるもの。好評をはくし、各地でママのサポーターによって上演されています。(近日上演:11/12@立川アイムホール)

レッスンの後は、弾き語りライブが続けて行われます。アグレアブルさんの空間に惚れ込んだのんちゃんが準備するのはピアノの弾き語り。

もっとも自分に優しくしてだしていく「声」を探求しつづけているのんちゃんのレッスンとライブは誰もが楽しめるもの。是非、この機会に体験してみて下さい^^

【日時】2015年8月25日(火)

13:00 ~ 15:00 レッスン
16:00 ~ 17:00 弾き語りライブ

map-L
【場所】国立アグレアブル・ミュゼ

国分寺市光町1-42-8 http://www.agre.jp
Tel: 042-577-7353

【料金】ご料金はスライディングスケール制いずれか快適な料金をお選び頂けます。ワークショップもライブも親子で参加の場合ご相談ください。

ワークショップ  5,000円 / 6,000円 / 8,000円
弾き語りライブ  2,000円+ 1 オーダー

【問合・予約など】
メールまたはお電話にてご連絡ください〜
メール himana☆gol.com (☆を@に変えて)Tel: 090-3438-0268

【高城信江さんプロフィール】

中央大大学を卒業後9年にわたり劇団四季にてミュージカルを中心に2000回以上出演。「コーラスライン」コニー、「ユタと不思議な仲間達」モンゼなどなど個性的な役どころを得意とし、表現力豊かな演技で主要キャストとして活躍。2006年退団後は、ボイスティーチャーとして活動。『身体・呼吸・心を感じる歌のレッスン』をモットーに、経験や年齢を問わず、歌を楽しむことを伝えるレッスンを展開中。また、プロデュース・制作などの創作活動にも尽力。2010年自身が企画・演出出演する、音楽劇「ママと、生まれるまえからお話できたよ。」を上演。好評を得て再演を続けている。胎内からの子育てと親子の絆を軸にいのちをはぐくむ喜びをテーマとしている作品を作り上げた。今年11月12日には立川アイムホールにて上演予定。

ご案内チラシこちらクリックして下さい。☟

NonchanWS_0825

7月/18/2015

新月*トランスフォーメーションカフェにて

IMG_3764

 

台風の影響が関東にも及び、朝から気持ちよく雨がザーーーーーッと落ちていた7月16日の午後。新月と合わせて、初めてトランスフォーメーションカフェを開催しました。思いついてから10日もなく、でも場が与えられたということはやりなさい、ということだろうと、いつもの見切り発車(^^; 誰が来てくれるかわからないけど、来て下さった方々と良い時間を創り出そう、ということを決めておりました。

結果として午後の部に7名の方々、夜の部に5名の方々が集まり、2時間ずつ、2回のセッションに分かれて行いました。集まる方々と、夕方と夜という外のエネルギーとの違いで、内側の声に従うことで全く内容が変わっていきました。

やることは、その月のテーマを元に今自分の中にあるビジョンを探りながらクリアにしながら、今、自分にとって最も大切な意図、あるいは宣言を立てた上でカードを引き、そのカードから導かれる直感に従って分ち合うということ。

すでに、はっきりと自分の中にあるテーマに沿ったり、蟹座は「家族」「家庭」そして「帰属する場所」などのテーマがあり、そこから自分の今のビジョンや願いを紐解いていきました。

午後の部は、それぞれに意図を10個上げていただき、シェアをしながらその中の一つを選んでいただきました。そしてトランスフォーメーションゲームで使用するInsight(洞察)、Setback(後退)、Angel(メンター、精神的なサポート)の三種類のカードを引いていきます。意図を立てることで、そこに磁場が生まれ、その人の意図に対して必要なメッセージを引き寄せるのです。カードはそれぞれ、すでに持ち得ている性質や資源、あるいは経験、障害、そして次なる方向性とそのプロセスをサポートするエッセンスを導き出します。

カードを引いた途端に「びっくり!なんで、こんなにピッタリの言葉来るの?」という方や、プロセスの中でこれまでもやもやしていたことの根っこに触れることになった方など、それぞれにプロセスを味わっていただきました。2人組になりたっぷりシェアしていただきましたが、全体でのシェアの時間が足りなくて入替時間にはみ出してしまいました。次回は、もっとお時間をとりたいと思います。

夜の部は、お一人の予定が結果五名となりました。お一人ならば個人セッションと思っておりましたが、私も含めて六人となり一つのテーブルを囲みながら、瞑想しているうちに、やはり、ここは「帰属する場所」である「日本の今」というところから全員で一つの意図を立てていこうと言う流れに。

その日、地方の出張から駆けつけたAさんは、日頃からご自分の方法で広く平和を伝え歩く人。16日の夜、国会の前に行くべきだと思いながらも、どうしても向かえず、ここに来て下さいました。声を上げることの大切さを知りながらもそこに違和感を感じられていたと。それがどういうことかは意図を立てていく間に見えてきたように思います。

私たちが立てた意図は

「私は平和を愛する心によって、自立し、自分のいる場所でピースメーカーの手本になります。」というもの。

手に負えない大きな国の流れを目の当たりにしながら、前を向いて歩いて行くために、何を自分自身に伝えたらいいのかを私自身も模索している中で、ここに集った皆さんと注意深く言葉を紡錘いていきました。「手本」となると言って下さったのは、ご夫婦でレイキのアカデミーを東京と大阪で主催し、「心」の在り方について多く著書のあるYさん。この一言は、私たちの意図にしっかりとしたコミットメントを吹き込んでくださいました。

カードのセッションは一人一人一枚ずつとりながらシェアをしていきました。

大きな課題を目の前にして、パーソナルな領域を旅する、という時間となりました。社会問題はとかく相手側を指差して、批判したり指摘するアクションになりがちですが、それは認識するレベルで留まってしまい、根本原因には至らないことが常。見ている対象は社会の問題であっても、指先を自分自身に向けて自分の内側を探索していくことが、その人の現実と感じる社会が変容し、そしてそれは表にも現れていく。一人一人のその変容が社会を変えていくと思うのです。その入り口、きっかけとなるようなセッションとなりました。

夜の部もまた、シェアが深くなり、時間が足りない!ということに。次回への課題です。

次回は8月14日 16:00〜21:00 @国立トピナンブールにて。詳細はまたアップします。

夜の部にご参加頂いたYさんのブログをご紹介します。
日記*カフェ ホトケと私

 

7月/11/2015

新月*トランスフォーメーションカフェ

 

img01_b-495x400

 

国立の伝説の一軒家のベジ料理カフェ、トピナンプールにてフィンドホーン&トランスフォーメーションカフェを開催します。

ここ半年ぐらい、ずっとやりたいなーと思っていたこと。始まりが新月に重なったのは嬉しいシンクロです。

トランスフォーメーションゲームで使用する、インサイト(洞察カード)、セットバック(障害カード)、そしてエンジェルカード(メンターカード)のみで行う『ネクストステップ』を個人またはグループでセッションしようと思います。

新月のエネルギーとともに、願い事を立ててから、一つのテーマを見出して、そこをカードで見つめていきましょう。

蟹座の新月に関するキーワード*内的にまつわることでは「慈愛」や「感情」、「本能的な反応」、自分を取り巻く環境として「経済的安定」「家族」や「家庭」そして何かに属するということ。

からだの部分・症状については

乳房・胸腔・膵臓・胃・膨満感・胃潰瘍・腫瘍

※これらの部位の健康を促進すると言われている

(参照 http://moontoyou.net/constellation/cancer.php)

フィンドホーンのエッセンスはそこここに散りばめつつ(*^^*)

☆新月トランスフォーメーションカフェ☆

【日時】 2015年7月16日(木)Part 1 16:00〜18:00/Part 2 19:00〜21:00

【場所 】ベジ・ア・ターブル トピナンプール@国立
     国立市中1-16-12 国立駅南口より徒歩10分 http://yoshiveggie.com/

料金 スライディングスケール制です。ご自身にとって、2500円/3000円/4000円から快適な金額を選んでください。当日は封筒をご用意します。定員 各部 10名くらい最大15名まで(両方にまたがっても同じ金額です。)

お食事の用意はありません。が、お茶菓子とお茶はご用意します。

申込 広瀬までメールかメッセージにてお願いいたします。

info☆manahose.jp (☆を@に変えてください。)

トランスフォーメーションゲームについて

http://manahouse.jp/news/1321.html

7月/03/2015

「からだとこころの平和」〜歩くこと〜

SN3J0337

 

友人、佐々木愛さんより「こころとからだの平和のバトン」を受けとりました。このこころとからだの平和バトン」は広島市西区:光寺 東 和空住職の発案で、天城流湯治法 Sugimoto Rendow 杉本錬堂さんから始まったそうです。

私から次のお二人の方へバトンを渡していきます。3回にわたってわたしの「からだとこころの平和のバトン」を綴っていきます。

 

「こころとからだの平和」は、私にとって一貫したテーマです。

20代の頃から、「からだ」で体験すること、感じるとで、私は世界を理解し、また何度かの難しい局面を超えて来たと思います。

特に「歩くこと、踊ること」を通して、私は「こころ」を育てて来ました。

「からだ」を通して心を育てた原体験は、20代の前半にバックパックを背負い「地球を歩く」旅をしていた時期に、体験したキリマンジャロ登山、そしてヒマラヤのアンナプルナサーキットのトレッキング。

それまで、全く運動らしい運動などして来なかった私にとっては、トレッキングの始めは身体の重たさや筋肉の疲れで最初はなかなかキツイ状態でした。一日の登山だと、ここまでだったと思いますが、キリマンジャロは6日間、アンナプルナサーキットにおいては28日間の歩く旅。引き返すのもままならず、目の前に現れる道は進まざるを得ない、ということを受け入れるしかありませんでした。

でも、それが良かった。最初の肉体的な疲労のピークを超える3日目あたりから、身体が歩きながら鍛えられ、それに伴って気持ちにも余裕ができ、どんどんと歩けるようになってくるのが面白くなり「からだ」に目覚めてゆきました。

頭の中もスッキリ。湧き上がる様に、ぽんぽんとシンプルだけど普遍的な気づきがやってきて、それはいまでも、私の心の栄養になっています。

道中は登ったり下ったり、平坦だったり。時には、一気にエネルギーを使って岩場を登るかと思えば、果てなく続く雄大なランドスケープを眺めながら、緩やかな道を鼻歌まじりで歩く。一歩一歩、歩いているだけなのに、振り返ると、遥か彼方に出発地点が見えて、そのプロセスに満足感を得たり。

高度が4000m、5000mと高くなれば、ひと呼吸するのもきつくなり、この地球には人が生きることができない場所が在ることにも気づかされる。そして人里に降りて来たときに出逢う、素朴な家に感じる人々の暮らし。煙突から上がるかまどの煙に、言いようの無い安堵感と懐かしさを感じたり。

究極な環境に身を置き、その自然界の厳しさを味わって再び、人間を受け入れてくれている自然界に出逢うことで、人間の脆弱さと共に、自然界の大きさも感じる体験でした。この地球上に、人間が立ち入れない場所が在ることをからだで知ることは、この地球上に生きる上でとても重要なことだと思います。

それはからだの記憶として今でも鮮明に呼び起こされます。身体を通して得た体験的な叡智と自信は、心の筋肉となりました。

「歩く」ことは人として、この地球とコミュニケーションするもっともシンプルな手段。地球との対話をする時間なのです。

忙しい都会の日常では忘れがちだけれど、何か行き詰まったら外へ出て、できれば自然の中を歩くこと。一人でももちろん良いけれど、プライベートでも仕事でも大切な人と大切な話をするのも、歩きながらというのはなかなか良い方法だと思います。

次回は「踊ること」についての棚卸し。

7月/01/2015

Makani Olu Olu ~ むっちゃんのフラレッスン〜

 

DSC_3091-copy

 

宮崎県日向市在住にて、ハワイイで学んだアロハの精神を大切に伝え、また日本の神様とフラとの交流を育む、むっちゃんこと岡山睦子さんのフラレッスンを企画しました。

この春、ハワイィ島のクムフラ、ナラニ・カナカオレ師の元で学ぶむっちゃんに同行し、フラの奥行きを感じてきました。そして、それはハワイィだけではなく、地球そのものへ捧げるものであることを目の当たりにしてきました。そして、地球に捧げるフラを学び、伝える場があったらな〜と思いました。

むっちゃんは、また天孫降臨の地、宮崎が故郷。幼い頃から、この地の神話と親しみながら育って来た人。フラに出逢うことで改めて故郷の神様とも再縁し、フラを通して日本の神様とハワイイの神様との交流をする試みをしています。

曲の振付けを学びますが、フラの教室をここで始めるということではなく、むっちゃんがハワイィに長年通いながら大切に育てたアロハの精神を軸にしながら、フラを伝えていただくレッスンです。そして、いつかは日本やハワイィの神様に踊りを捧げてゆきたいと思います。

宮崎から可能な限り月に一回は開催してもらうという形で始めようと思います。同じ想いで、逗子でもワイオラの真美さんが主催で開講しています。

今回は前日の30日に開催されます。(逗子のレッスンにご興味在る方は真美さんへ mami-miya☆nifty.com ☆を@に変えてご連絡くださいね。)

前半は基本的なステップから始めますので、フラをやったことが無い方にも参加していただけます。後半は実際に曲の振付けを学びながら、その曲への理解を通してアロハを深める時間になることでしょう。

日時*2015年7月31日(金)

13:00 – 13:15 スタジオオープン/着替え
13:30 – 14:45 レッスン①
15:00 – 16:30 レッスン②
16:30 – 17:00 シェア/着替え

レッスン①は、フラのお話、基本のステップやこの後に習う曲の意味を学ぶ時間。レッスン②は一曲を踊れる様に振付け等を学びます〜。適度に休憩を入れながらレッスンしていきます。

会場*Modern Ballet Bell
東京都国分寺市富士本1丁目21−1 パレス富士本B1
国立駅北口より徒歩9分
戸倉循環バスにて「富士本一丁目」下車目の前
URL : http://bellrinrin.main.jp/?page_id=9

料金* 5000円(各レッスン2500円)+スタジオ代頭割

持物* 動きやすい恰好。タオル お水

申込/問合*
広瀬麻奈 himana☆gol.com (☆を@に変えて下さい。)まで、お名前と連絡先をご記入の上お送り下さい。

岡山睦子フラスタジオ マカニオルオルのウェブサイト
http://makani-oluolu.com

むっちゃんと一緒に行ったハワイィの旅日記
http://blog.manahouse.jp/174744891.html