5月/22/2017

今年の田植え始まりました。

IMG_1405

田仕事の素人の私たち夫婦が自分たちが主体になって今年からお米作りをはじめ、仲間に配信した通信録です。自分たちの成長の備忘録として。

昨年の田んぼの日記はこちらから

田んぼで繋がるみなさま

まさに風薫る季節、いかがお過ごしですか?

早速ですが、5月18日に栃木の『民間稲作研究所』で播種作業を行って、その後育てていただいた苗を引き取り、そのまま館山へ無事連れて行きました。

まだ明るいうちに到着し、二ヶ月振りに再会した田んぼ。
新しいサイクルに目覚めた田んぼは、生命力に満ちていました。

不耕起栽培にして三年目。

田植の時期になる度に田んぼの表情が変わります。

今年は昨年できたガマの島がさらに広がり、マコモも勢力を広げ、そしてありとあらゆる田んぼの雑草が、グングン伸びていました。

IMG_1403

二人での手作業では、到底かなわないので、田んぼの中は草払い機で刈り、道路際は鎌でガシガシと刈りました。

自然界と一体に!という想いはあれど、この生命力に圧倒されて闘いモードに。。。いかんいかん、ここはどうか一つ我々と共にお米作りをするスペースにさせてくださいと協働創造の依頼をかけつつ。。。

しかし、人間の力など非力なものだと実感します。

私たちは除草剤は使わないと決めていますが、農を生業とする皆さんが薬品を使いたくなる気持ちも理解できるなあといまは思います。これまで、頭でっかちで農薬の是非を見てきましたが、やってみなくちゃわからないことだったと、つくづく思いました。

IMG_1411その上で、もちろんこのまま草との共生栽培を選択してお米作りの試みは続けてゆきます。好奇心とこのワンダーランドを体験する意欲がモチベーション。時に途方に暮れることもありますが、やはり面白いなと思うことに心と身体は向いてゆくのでした。

一日かけて大物を刈り終えた田んぼに水を入れて、田植の段取りを立て、土曜から田植えが始まりました

この週末は東京や横浜からサポーターズがやって来てくださり、草取りしながら田植え、という流れで全体の1/4を終えました。

IMG_1408

田んぼで交わされる会話も楽しく深く、持ち寄りのランチもまた美しく。

夏の日差しの暑さと、山と海からの風、そしてウグイスの鳴き声。

たっぷりとした水と飛来する鳥たち、そして田んぼの生き物たち。

通りかかる地元のみなさんからは『今年もがんばってね〜〜』と声をかけていただいたり。

田んぼを通じて小さくて大きな繋がりを実感する時間です。

IMG_1402

田植えは27日、28日、そして6月3日、4日に予定しています。その間もコツコツとやってゆきますので、ぜひ!ご参加ください(^。^)

特に男子力!土木関係のサポーターも熱く募集中です!!

今後の田植えフェスの参加については下記の通りです。

参加ご希望の方はメールにてご連絡下さい。
info☆manahouse.jp(青木:☆を@に変えてください)

*日程*

5月26日(金)〜 28日(日)

6月3日(土)〜 4日(日)

田仕事の時間はだいたい10時前後から16時〜17時です。

*場所*

館山市安房浜田地域

東京駅八重洲口、または新宿バスタより高速バス「なのはな号」にて館山駅を経由して最寄りのバス停まで直行できます。)降車停留所『浜町』ここから田んぼまでは徒歩5分。

http://time.jrbuskanto.co.jp/bk04010.html

*スケジュール*

26日は主に草取りと田植え前の準備。27日と28日に田植えとなります。

6月3日と4日はその時の田植えの完了具合で田植え、又は草取りとなります〜。私達は今年は5月28日のあと、一週間、除草のために館山に滞在することを考えています。フェスでなくとも、その間も田んぼにお越し頂けます。どうぞ、まずはご一報ください。

*宿泊*

田んぼの周辺にペンションが二軒ございます。

きやっせ  http://www.kiyasse.burari.bi

ホワイトキャビン http://w-cabin.net

いずれもお魚を中心にした家庭料理がとても美味しいです。また、車がなくてもバス停と田んぼから徒歩圏内。自炊、雑魚寝系&お風呂がちょっとワイルドが大丈夫な方は我々が泊まる、築30年の「楽水寮」は2000円+食費でお泊まり頂けます。

砂浜まで徒歩30秒、部屋はオーシャンビューで潮騒が心地良く泊まれます。 

温泉も楽しみたい方は、優雅なホテル「休暇村」がおすすめです。(車での移動が必要)

https://www.qkamura.or.jp/tateyama/

宿泊の予約については楽水寮以外は直接ご予約ください。

*田んぼの経済について*

今年もJoy Money形式で1000円/2000円/3000円から選択していただく形でギフトをお願いいたします!

この経緯等は下記をご参照ください。

http://blog.manahouse.jp/174745919.html

IMG_1417

5月/14/2017

続 長崎*あんでるせんへの旅

今朝ストンと落ちてきた。

あんでるせんのマスターのメッセージ。

全部がイメージなんだって。

イメージの力が創造の力。

この世界の物語はイメージで生み出され続けてきた。

私たちはずっとそうやってこの世界を創造してきたんだよって。

全ては波動と光の屈折で私たちが認識している物質と形は成り立っている。

そして、記憶という時間装置と距離という空間感覚によって制限されたイメージの枠の中で私たちは生きている。

でも、その制限は外せるのだから、外してみてるだけ、と。

20年前、親しい友人が目の前でスプーンの頭を見つめるだけで飛ばしたことを見たことがあり、その人もスプーンを形作る構造が解けてバラバラになるイメージを描くんだと言ってたのを思い出した。(そういえば、この人も喫茶店のマスターだった 笑)

いずれも、それが当たり前、というところに立ってて、かなりの脱力系。

そして、最後はそれをやるかやらないか。しかも、楽しんで、毎日のように繰り返し繰り返しやるかどうか。

『マスターは宇宙人だから〜👽』

では、なぜわたしはそうではないのか。

これもイメージ。

そもそも、私たちは宇宙の星屑だったわけで私たちも宇宙の全ての情報を持ち得ている。

単に、この三次元での体験と記憶の中にどっぷりいるからなかなか思い出せないだけ。それが悪いわけでもなんでもなく、ただ、そうであるだけ。

すごく、飛躍した話だけど、そんなことが今朝になってストンと落ちた。

全てはイメージなんだから、自分でイメージしたことを創造できるんだと。

小さな喫茶店のマスターだって、ほらねって。

『連れて〜逃げてよ〜 着いておいでよぉ〜 🎶

マスターの鼻歌がヘビロテ中。

5月/13/2017

長崎*四次元パーラーあんでるせんへの旅

IMG_1381

長崎に『四次元パーラーあんでるせん』という不思議なお店があると知ったのは昨年のこと。いつも面白い情報をお持ちのフラメンコの生徒さんから教えてもらったのだ。

面白そうだな、と思いつつ、すぐにでも行きたい!と思うほどでもなく、ご縁があったら〜という程度の気持ちだった。

1月に用事があり、九州に行くことに決めた時に、せっかくなら行ってみようかと試みた時はまったく電話も通じず、ご縁がなかった。でも、またきっと機会はあるだろうと。こういうことは、向こうからタイミングがやってくるものだから。

そして、案外それが早くにやってきた。

つい2週間前、いくつかのシンクロが重なり、最終的には古代文字繋がりのご縁で出会った方との話の中でツアーを企画していると知り、大切な予定もありつつ、今回はこのシンクロと直感の流れに身を預けるることに決めた。

そして、天遊組の展覧会を終えた翌日、その余韻も残る中、長崎へ。

IMG_1380その店、『四次元パーラー あんでるせん』はハウステンボスに割と近い『川棚』という小さな駅の前にあるバスターミナルの横にあった。

要は昭和の香り漂う喫茶店で、普通に軽食と飲み物を注文して食事をするお店。

でも、ただならないのは、『四次元パーラー』という謎めいたタイトルの通り、その料理をするマスターの自由自在に次元を超えて不思議なことを次々目の前でやってのけてしまうマジックショーが毎日行われること。

小さなカウンター越しに展開されるマジックを通して、こちらの意識の次元までも変えてしまう。

それで、全国からひっきりなしにお客さんがやってくる店となったこと。

IMG_1379IMG_1375二時間半に渡り、物資の瞬間移動や、透視、予知、写真が実際にそのものになって現れたりなどなど、目の前で展開されるマジックと超能力の技は心底感動ものだった。

未知なる体験記ワクワクした時間。

それだけでも充分に飛行機に乗ってやってくる価値はあると思うけれど、それにも増してわたしが感動したのは、そのマスターの在り方。

これだけのことをやってのけるのだから、有名になりたかったりお金儲けしたければいくらでも方法はあると思う。しかし、毎日、お客様のためにお料理を作り、そして、ユーモアと愛嬌たっぷりのトークを交えて、真にお客様を楽しませるために、またご自身もきっと共に楽しむために、このショーを月に2回のお休みの日以外、開催しているということ。しかも、40年間も、ほぼ毎日。

こんなこと、有名になりたいとか、お金儲けしたいとか、ちっぽけな理由でこんなことはできない。

これぞ、本物のラブインアクション。

ここに心底、敬いと愛をかんじた。

お歳は70代、しかも後半とか。

どう見ても、40代にしか見えない。しっかりとした身体つきとテンポの良さ。

そしてしなやかで力みの無いトーク。(&ジョーク)

人間としてやはり次元超えてる存在だと思う。

今回、いつもはくじ等全く当たらない私が、マスターの真正面の席があたえられ、何度となくマスターと目が合い、終始にこにこしていた中で一度、ふっと真顔になった瞬間があった。その時の、なんというか、クールだけれど優しく温かな眼差しがとっても印象的だった。全てわかってる。そんな感じ。言葉じゃないメッセージ。私も言葉じゃなく何か受けとった。

その波動で、なんどもこのマスターに会いに行きたくなる理由がわかった。

わたしの手の中でジワーと曲がった100円玉。大事な宝物。

この感覚を味わった体験は忘れられないな。

IMG_1374

わたしがお世話になったのは『みんなの広場』のせっちゃんこと野村節子さん。また次のツアーも年内に企画されることでしょう〜。

みんなの広場 〜 あんでるせんツアー

翌日は諫早エリアにある飯盛山の上にある『いのちのサウナ』へ。これはまた改めて。

天遊組「楽」展を終えて

5/5から5/10まで神楽坂に長いこと佇むAYUMI Galleryにて古代文字アートを共に楽しむ仲間、天遊組と主宰の天遊さんとの小さい作品を中心にした展覧会「楽」展を開催した。

天遊組としては久々の小品展であり、ここ神楽坂での開催は初めてで、初日オープンするまではそこはかとなく緊張感で寝付けなかったりもした。

しかし、そんな心配は初日から不要となり、おかげさまで人が人を呼び、新しい出会いに満ちた時間となった。これまでの天遊組の繋がりで来られた方の中にはこの場所や、ここの主とのご縁がある方々もあったりしてシンクロも毎日よく出くわしたり。

何がともあれ、古代文字の面白さの波紋が広がった実感がある。

わたし自身の作品づくりは、ホントに手探りで、漠然とイメージしたものを形にすることの楽しさと同時に、ちょっと思考が先行すると面白くない作品になってしまうその危ういバランスに唸ることもあった。

フラメンコで舞台で踊ることと全く同じ心のプロセス。

これは、何かを表現したりイメージを形にしていくことにおいてはいつでも出くわすハードルなのかもしれない。

何れにしても、「空間の質と大きさ」以外の制約はなく、マテリアルも、表現方法についても自由という中で、やってみようと思ったことはやることができ、だいぶ遊べたことで、わたしの中の古代文字との親密さが増したように思う。

文字の物語の紐解きは、私たちの今に通じる大事な道しるべを見つける旅でもあると改めて。その物語が見えてくると、文字に息吹が宿る。記号化された漢字や文字が生き始める。

わたしの呼吸が筆を通してその躍動感を伝えられるか。

これからも、その試みが続いていく。

みんなで片付けて、また空っぽになったギャラリーの空間の中で、脱力感とここで過ごした時間が響いてた。

一つ、また祭りが終わった。

そして、次へ。

京都の祇園祭りをテーマにした作品づくりと秋の展覧会に向けて、翌日から始動。

天遊組の10年目。

悠々と駆け抜けてゆきたい。

5月/04/2017

瞑想の日々徒然 2017.5.4

DWLD0667

原初音瞑想の講座を受けて朝と夕方に30分ずつ二回の瞑想が、自分でも驚く程続いている。夕方は、時々電車の中だったり、邪魔されないようなカフェやファーストフードのお店だったりもするのだけれど。

瞑想の効果は、瞑想中に神秘体験するということではなく、日常生活の中で現象として現れてくると繰り返し伝えられる。それは、ユングが発見したシンクロニシティとして顕著に現れると。

原初音瞑想創始者のチョプラ博士や、ティーチャーの渡辺愛子さんの書かれた本なども読みながら、実践と体験を味わっている。

うっかり見過ごしてしまいそうな小さなものから、「おっ!これは何かの導き?!」と感じられるものまで、ここしばらく私にもそれが現れている。

シンクロニシティはもちろん、以前からも起きているのだけれど、益々当たり前になり、いろんなことが実際にスムースに動き出す。ふと気付いてみれば、大分自分の心や生活の「時間」の中にスペースが生まれて来たように思う。

瞑想の効果としてはっきり感じられるのは、感情や情動といった心や思考の中で「迷い – つまるところの恐れ」という、ほこりが祓われて来たと言う感覚。

瞑想を初めて割と早い時期に、丹田のあたりからふつふつとした「至福感」を味わった。

英語で言うところの「Bliss」。聞いていはいたけれど、「これ〜?」という感じで、しばらくヘラヘラと笑いが止らない状態になり、自分で可笑しくなってしまった。

その辺りから、何かしっかりとした「力」が肚に納まった感覚がある。

揺さぶられる事象が無い訳ではないけれど、その衝撃をきっかけに始まる想像ドラマの連鎖の勢いは随分と萎んで来た。

以降、起きたことや起きていることをちょっと離れた所からみてみると、なるほどという道筋が見えてくる。

まだ、それは細く透明な糸(意図)なのだけれど。

逆に、これまでそうして来たように、何かを動かそうとして意志の動力を力づくでやろうとするとすごい疲労感と、結果もいまいちなことに。

「ありのまま」に在ることは、小さな自分が奮闘して向かうことではない。
大きな自分とともに在る、ということ。

小さな自分のやることは、その大きな自分と共に生きると言うこと。
ここ3次元世界でのスピリチュアル・プラクティスの根本はここにある。

こちらの世界かあちらの世界、ではなく、こちらの世界もあちらの世界も全て共鳴し合っているということ。内なる世界も、外の世界も、あなたもわたしも。あの人達も私達も。

だから、今わたしがここで何を感じ、何を選択し、創造することがわたしひとりのことではなく、全体へと響く。それは、世界への責任でもあり、同時に、孤独からの解放でもある。

何を世界に贈りましょうか。

まずは自分の中の安らぎにくつろぐことから始めよう。

そして、迷ったら、いつでも、ここに戻ってくればいい。

今年の田んぼも始まります。

IMG_1199田仕事の素人の私たち夫婦が自分たちが主体になって今年からお米作りをはじめ、仲間に配信した通信録です。自分たちの成長の備忘録として。

昨年の田んぼの日記はこちらから

田んぼを愛する皆様へ

さくらの季節も過ぎ、みずみずしい新緑が眩しい季節となってきました。
皆様にはいかがお過ごしでいらっしゃいますか?

今年もこの通信をお送りする時期となり、新たに関心を寄せて下さったみなさまも含め、田んぼの進捗とご案内をお送りいたします。

IMG_1181早速ですが、まずはご報告です。4月20日〜21日にかけて苗床を造りをしてきました。

昨年の稲藁から種もみを外し、「塩水選別」では海水以上に塩辛し塩水に入れて、沈む種だけをとりだし、60℃のお湯に7分間浸す「温湯消毒」をして、お日様に当てて十分に乾燥させてから、改めて発芽させるためにお水に付けること約一週間。白い小さな芽が一斉に出始めて、鳩胸のようにぷっくりとふくらんだ種もみをもう一回、乾燥させて、ようやく種まきができる状態になりました。

ここまでは自宅での作業。

IMG_1196IMG_1203IMG_1207

 40日間、このシートの中では土の中の水分が太陽の熱で上がり湿度と温度をしっかり保って、丈は15cmくらい「4.5葉の苗」という健康優良児な稲のベイビーを育てます。この間、民間稲作研究所の皆様に本当にお世話になります。

IMG_1211

IMG_1212そして、5/18には、大事に大事に育てられた苗をトラックで運んで、今年も館山の田んぼに植えられる予定です^^ 

いよいよ、田植えです!!

ということでまずは「みんなで草取り(笑)&田植えフェス」のご案内です。

*日程* 

5月20日(土)〜 21日(日)

5月26日(金)〜 28日(日)

6月3日(土)〜 4日(日)

田仕事の時間はだいたい10時前後から16時です。

*場所*

館山市安房浜田地域

東京駅八重洲口、または新宿バスタより高速バス「なのはな号」にて館山駅を経由して最寄りのバス停まで直行できます。)

http://time.jrbuskanto.co.jp/bk04010.html

*スケジュール*

20日と21日は田んぼの整備が主ですが、この週末しか来られない方には田植えできるように準備します。26日は主に草取りと田植え前の準備。27日と28日に田植えとなります。

6月3日と4日はその時の田植えの完了具合で田植え、又は草取りとなります〜。私達は今年は5月28日のあと、一週間、除草のために館山に滞在することを考えています。フェスでなくとも、その間も田んぼにお越し頂けます。どうぞ、まずはご一報ください。

*宿泊*

田んぼの周辺にペンションが二軒ございます。

きやっせ  http://www.kiyasse.burari.biz

ホワイトキャビン http://w-cabin.net

いずれもお魚を中心にした家庭料理がとても美味しいです。また、車がなくてもバス停と田んぼから徒歩圏内。自炊、雑魚寝系&お風呂がちょっとワイルドが大丈夫な方は我々が泊まる、築30年の「楽水寮」は2000円+食費でお泊まり頂けます。

砂浜まで徒歩30秒、部屋はオーシャンビューで潮騒が心地良く泊まれます。 

温泉も楽しみたい方は、優雅なホテル「休暇村」がおすすめです。(車での移動が必要)

https://www.qkamura.or.jp/tateyama/

宿泊の予約については楽水寮以外は直接ご予約ください。

*田んぼの経済について*

今年もJoy Money形式で1000円/2000円/3000円から選択していただく形でギフトをお願いいたします!

昨年、一つの実験として、お越し下さった皆様にJoy Money形式で1000円〜3000円の参加費をお納め頂きました。(プラス食費500円)そして、ご希望の方にお米をシェアさせていただきました。(田仕事参加の方には1000円/kg 、田んぼに来られなかった皆様には1500円/kg 、一般の皆様には 1000円/500g としました。)ご協力を心から感謝申し上げます。

昨年の田んぼも経済は下記の通りです。経費は青木家の交通費と宿泊費は含めないで計算しております。

<お預かりしたお金>

Joy Money(田植え+稲刈り)129,000円(食費込み)

お米シェア           59,000円

 合計           188,000円

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

<田んぼの経費>

借地代、祭礼寄付、お土産等 31,500円

レンタカー含めた運搬費   88,796円

育苗代(送料等込み)    20,000円

設備費(主に資材)     46,008円

ハーベスター修理代      7,300円

食費            35118円

合計           228,722円

もともと、この田んぼは青木家の商いではなく、人生の実験と歓びとして行っているので、この収支が重要ということではないのですが、田んぼの経済の健全な循環も、田んぼと同様にみなさんと共に考えられたら良いなという想いもありオープンにすることにしました。

今年は設備費が昨年ほどはかからない予定。運搬費もフェスの折にはお越し頂く皆様の中で、楽水寮との往復や館山の町へのお買い物等ご協力頂ければレンタカーを借りずに済ませられたらと考えています。

食費については、今回はお昼ご飯を持ち寄り、もしくはお弁当ご持参という形にできたらと思います。(炊きたてごはんとぬか漬けはご用意します!)

育苗とその運搬は、上記の理由で今年も費用がかかるのは致し方無しと考えております。地代、祭礼寄付、お世話になる地域の方々へのお土産もまた、普段田んぼの近くに居ない状態で田んぼを育てる為に必要な費用と考えております。

田んぼは自然界からのギフト。そのギフトを分ち合いながら、田作りをしてゆきたいと思います!今年も、昨年同様、イベントにご参加の際に皆様からJoy Moneyのギフトを戴けたら嬉しいです。

田植えのご参加希望に付きましてはメールにて日程と宿泊等、こちらでお手伝いする必要があることについてはお知らせくださいませ。

今年も田んぼとダンスしながら、美味しいお米を戴きましょう!

ピースメイキングラボ

青木隆朗&麻奈